2013年03月19日

『遠くに見える木』



今日は、東京書籍『新しい国語3年上』から《とおくに みえる き》です。





《とおくに みえる き》


岸田衿子




とおくに みえる き

だいすきな き

はしってゆこうか

あるいてゆこうか

きのそばに



とおくに みえる き

だいすきな き

あしたも くるから

そこに たっていて

ずっと そこに たっていて





※小学校3年生の、国語の教科書の、見開きに載っていた詩です。

大きな木の絵が、バックに描かれていました。

こんな場所で、時間を気にせず、ゆっくりと過ごしてみたいです。
  


Posted by makishing at 07:24Comments(2)