2013年03月11日

アイロボット・ルンバのヒット舞台裏


今日は、リクルートのフリーペーパー『R25』のNo.325から《あの成功の秘密に迫る!ヒットの舞台ウラ》を要約して紹介致します。




【アイロボット・ルンバ】


家庭の掃除風景を変えてしまったと言えば、少し大げさだろうか?全自動のお掃除ロボットがメジャーになり始めたのは、ここ数年のこと。しかし、いつの間にか家電として一定の地位を築き上げてしまった。そのきっかけを作り、また代名詞となっているのが「ルンバ」だ。「ルンバ」はどのようにして、日本市場で受け入れられたのか?





1.奇をてらわずに真っ向勝負、口コミからヒットが始まる


2002年の発売当初は、イロモノとして見られる。体重計やスピーカーと間違われるような有り様。市場には受け入れられなかった。ただ、販売戦略は正当を貫いた。背景にあったのは「使ってもらえれば、価値が伝わるはず」という自信。販売店を絞り込み、デモンストレーションに徹した。掃除機としての性能の高さ理解してもらい、問い合わせなどへの顧客サポートを徹底。実際にルンバを使った驚きと満足で、口コミという形の浸透を始めた。転機は日本上陸から7年後。




2.国家プロジェクトで培われた最先端の人工知能技術を応用


「ルンバ」最大の特徴は、アイロボット社が独自に開発した人工知能。国家プロジェクトで培われた技術を応用し、センサーが部屋の形状・広さ・床汚れ具合の情報を瞬時に分析。40以上の行動パターンから最適な動作を選択する。




3.発売から11年間の進化には日本ならではの提案も


最新機種はセンサーと人工知能が自動で判断。床のワックスを傷つけず細かいホコリまで取れるように、ブラシの材質やタイヤの可動性が見直された。





※「使ってもらえば、価値は伝わるはず」は、全く新しい“得体の知れないモノ”を理解に近づけます。

ターゲットを絞り込み、デモンストレーションに徹したところは、“よく解らないモノ”を世に送り出す時の販売戦略の王道ですね。

私たちの仕事にも、取り入れるところが、沢山あります。
  


Posted by makishing at 06:23Comments(2)

2013年03月10日

「時代を映し、流行語は変遷」



今日は、読売ファミリー3月6日号より死語についての記述を紹介致します。




「時代を映し、流行語は変遷」

梅花女子大学 米川明彦教授の話



死語には流行語と一般語の2種類があります。前者は流行語ゆえに新奇さ、おもしろさが受けてましたが、使い続けると飽きられて死語になりました。後者は新しい言葉にその座を奪われることもあるし、新語が現れなくても消えてなくなることもあります。

例を挙げましょう。おしゃれな人のことを指す言葉として明治時代後半は「ハイカラ」が流行語となりましたが、昭和初期には「モダン」という言葉に取って代わられ、1980年代には「ナウい」が台頭し、その後「トレンディー」が流行語になりました。現在ではいずれも死語となっています。

死語を口にすると思わず笑ってしまうのは、今さら流行していない言葉を口にすることのおかしさや、事柄の変化についていけないことのおかしさからです。言葉にはそれぞれ時代背景があるので、世代によって死語の認識が異なります。





※時代背景も読み取れるのが、死語になった言葉の数々だと、思います。

流行語と一般語に大別されるのは、気づきませんでした。

振り返って、出来た死語たちを見ていると、何かしらの一定の法則性を見つけ出せるかも、しれませんね。
  


Posted by makishing at 08:34Comments(4)

2013年03月09日

神様が試すこと



【神様が試すこと】



神様が試すこと


それは


やりたいこと
望むこと
ほしいこと


そんな物事とは


真逆のことを押し付けてみたり!

真逆のことを押し寄せさすこと!




神様はそこで


人間の『人間性』を、観ているのだな!!
  


Posted by makishing at 06:23Comments(4)

2013年03月08日

“イチゴ”あれこれ


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから、イチゴについて(一部要約)です。





イチゴの歴史は古く、自生のイチゴは石器時代のヨーロッパ、アジア一帯で食されたとか。ビタミンCや血液を作る葉酸、食物繊維にアントシアンなども豊富で、古代ヨーロッパ人は薬として珍重していたそうです。

日本に伝わったのは、江戸時代末期ですが、本格的な栽培は明治32年頃(1899年)と言われ、1960年代には品種改良と技術の発展により、ハウス栽培が盛んになりました。

「東の女峰、西のとよのか」と言われた時代もありましたが、イチゴは品種改良が盛んな作物なので、次々に新種が誕生しています。人気の入れ替わりも激しいのが特徴で、現在は「とちおとめ」や「あまおう」などの20〜30種ほどが出回っています。

なかでも珍しいのが白いイチゴ。数年前に山梨県の企業が20年の歳月をかけて「初恋の香り」という名前で売られています。熊本県でも高校生が白いイチゴを開発し、「あその小雪」という名前で農林水産省に登録されました。白いイチゴは赤いものと組み合わせて紅白で贈答用として人気があります。これまで輸入に頼っていた夏の時期のイチゴも夏に収穫できるのが誕生しています。

イチゴを選ぶ時は、ヘタの近くも赤く色づいているもの、葉のみずみずしいものがお薦めです。パック売りの場合、裏面からも見ましょう。

収穫シーズン中のイチゴは、限界まで熟したイチゴは表面にヒビが入りますが、糖度が高い証拠。ちなみにイチゴの実とはゴマのような粒々のことで、私たちが食べている赤いところは「花托」という部分。果実に見えて果実でないものを「偽果」と言います。





※イチゴに関する、様々な内容です。

知らないことだらけです。

イチゴの実が、あのゴマのような、ツブツブだったとは・・・。

今回も、勉強させて頂きました。
  


Posted by makishing at 06:58Comments(4)

2013年03月07日

人が集まる九ヶ条



今日は、私が応援したいと思っている方と、先日会っていた時に教えて頂いた『facebookの名言集』から《人が集まる九ヶ条》です。




《人が集まる九ヶ条》



・人は人が集まる処へ集まる
・人は快適な処へ集まる
・人はうわさになっている処へ集まる
・人は夢の見られる処へ集まる
・人は良いもののある処へ集まる
・人は満足の得られる処へ集まる
・人は自分の為になる処へ集まる
・人は感動を求めて集まる
・人は心を求めて集まる


高野山真言宗
築港高野山
釈迦院





※人が、どんな場所に、何を求めて集まるのか・・・すごく理解しました。

今日も朝から‘人が集まる処’に、行って来ます。
  


Posted by makishing at 06:28Comments(6)

2013年03月06日

温度だけに特化する会社とは?


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





《温度だけに特化する会社》





ゲストは、岡崎一雄さん(岡崎製作所会長)


地球上に温度がある限り


好感度温度センサーで液体窒素やガスバーナーの振り幅があっても壊れない


髪の毛より細い、0.08ミリのセンサーもある


中身は、二本の異なる金属線が入っていて、今まで二百万種類作った


ビールの温度で、許される0.2度、液化天然ガス、自動車、繊維、鉄鋼など


毎月、三千件の注文を受けて、全てオーダーメイド


気密性や軽量化など、どんなに厳しい注文も、過去の48万件のデータで、なんとかできる


お客様の、あらゆるニーズに応えることで、困難を越えてきた


いろんな条件があるので、既製品では、賄えない


今まで、降参白旗はない


技術が積み重なると、機密事項が増え、ノウハウになる


お客様も、信用して、取引が続いていく


MIケーブルの発見が、自分の人生を決めた


今まで三分かかっていたのが一秒で計測できるようになった


最初は、たった4人での開発


ケーブルの先端の溶接が、最初うまくいかなかった


溶接前に熱して、水分を飛ばしての溶接に成功し、MIケーブルが生まれた


平成6年、ロケットに搭載されたセンサーを開発、実現した


技術を極めることで、会社は世界一になる


チャンスは逃がしたら、二度と戻ってこない


今は、五年先の実りを目指して、困難に立ち向かっている





※素晴らしい技術力です。

そしてそれ以上に、努力と志と継続力が、とてつもないです。

これまで手掛けたモノの中で、降参白旗が、無いのですね!

諦めなければ、成就します。
  


Posted by makishing at 08:18Comments(2)

2013年03月05日

「涙の出ない仕事はするな!」


今日は、いつも送ってくださっているメルマガの一部からです(一部、言葉を替えています)。





【ある社長の言葉】


今から25年ほど前、このまま塾講師を続けていくかどうか迷っていた時期があった。

その時、憧れていた坂本龍馬の海援隊のように、貿易の仕事がしたいと、貿易会社に一年間だけ働いたことがある。

その時の社長がこう話していた。

「涙の出ない仕事はするな!」

嬉し涙でも、悔し涙でも、涙が出るくらいの仕事というのは、本鬼の本気の仕事だ。

自分の全能力を傾けた仕事をしないと、涙は出てこない。

自分の弱い心、怠け心に勝ち、全身全霊をかけてやらないと涙は出てこない。

自分の人生を、人生最高の努力で、こじ開けるのが、仕事だ。

最も苦しい時ほど
最善を尽くす
最大のチャンスだ。

我を忘れるほど今日を楽しみ、熱く熱く熱く生き切って、人生最高の一日にしよう。





※「全能力を傾けた仕事をしないと、涙は出てこない」「弱い心・怠け心に勝ち、全身全霊をかけてやらないと涙は出てこない」・・・迫力満点の、臨場感のある言葉です。

これぐらいの気持ち・気概を携えて、仕事に向かいます。
  


Posted by makishing at 06:26Comments(4)

2013年03月04日

リフレクソロジストとは?



今日は、フリーペーパー『タウンワーク2/18号』より《おシゴトFile》からです。




「お客様の心と体をほぐすリフレクソロジスト」



体の各部分に反応する足の反射作用を利用して、健康の回復を促す施術師のこと。

手や指でお客様の足裏を刺激し、体の調子を整えていく。健康管理や癒やし、セラピーへの興味はもちろん、施術中にお客様と話すことも多いためコミュニケーション能力も求められる。

リフレクソロジー専門のサロンでスキルを身につけたあと、自宅などで独立開業する人も。





※初めて聞いた言葉です。

体を整える職業が増えてきていますが、それだけ不調人口が増えてきているのかと、心配です。
  


Posted by makishing at 08:02Comments(6)

2013年03月03日

やり方


【やり方】




適当にやると
へこたれる


熱心にやると
しゃんとする


中途半端にやると
見えない


ボチボチやると
平均以下



だから・・・



やり方は考える!



そして・・・



それに熱を加えていく!!
  


Posted by makishing at 06:53Comments(4)

2013年03月02日

とっても心配な“食育合い言葉”



以前、食育合い言葉で「まごわやさしい」というのを紹介しましたが、今回は心配な合い言葉を紹介致します。インターネットの検索から、説明文も引用します。




とっても心配!「おかあさんやすめ」

生活習慣病が大人だけでなく、子供たちの間にも広がっています。その原因は、食事の欧米化です。動物性脂肪やエネルギーの取り過ぎによって、私たちの大切な健康が脅かされています。そして、その影響を一番大きく受けているのは、子供たちなのです。

「お・か・あ・さ・ん・や・す・め・ハ・ハ・キ・トク」のメニューばかりを子供たちに食べさせていたら要注意!まずは食生活を見直してみましょう。



★お・・・・・オムライス
★か・・・・・カレーライス
★あ・・・・・アイスクリーム
★さん・・・・・サンドイッチ
★や・・・・・焼きそば
★す・・・・・スパゲッティ
★め・・・・・目玉焼き
★ハ・・・・・ハンバーグ
★ハ・・・・・ハムエッグ
★キ・・・・・ギョウザ
★ト・・・・・トースト
★ク・・・・・クリームスープ





※如何でしょうか!?“ザ・洋食”ですね!

ただ、これらのメニューが、悪いということでは、決してありません。

ただ、気をつけていきたいですね。
  


Posted by makishing at 06:52Comments(4)

2013年03月01日

パナソニック、エコマーク止める



今日は2月23日読売新聞より『エコマーク使用やめパナブランド一本化』を紹介致します。





パナソニックは22日、ブランドスローガン「アイディアズ・フォー・ライフ」と環境マーク「エコアイディア」の使用を4月から取りやめる方針を明らかにした。分散していたブランドを「パナソニック」に一本化し、ブランドイメージの強化を図る。

アイディアズ・フォー・ライフは、中村邦夫相談役が社長時代の2003年5月から、エコアイディアは大坪文雄会長が社長時代の07年4月から、広告や名刺、バッジなどに使用していた。昨年6月に就任した津賀一宏社長の経営改革の本格化に合わせて、イメージを刷新することも狙った。





※この記事をご覧になって、皆様はどうお感じに、なりますか?

10年経つか経たないかのうちに、止めてしまうなら、最初から、しなかったほうが良かったふうに思ってしまったのは、私だけでしょうか。

広告・名刺・バッジにかかるコスト、もったいないと思いました。
  


Posted by makishing at 06:48Comments(0)