2013年07月06日

人はなぜ動物園に行くのか


今日は、たまたま手にした新聞『天王寺動物園情報紙 トゥゲザー vol.32』より、情報紙をつくる意図と意味の説明文を、紹介致します。





人はなぜ動物園に行くのかを考えました

動物園にいる人たちを見ていました

家族連れ、恋人同士、友だちと・・・

お父さんやお母さんは子どもに話しかけていました

動物を見ながら




眠ったり歩いたり、考え込んだり

無心な動物たちの姿は

人の心を開かせるなにかがありました

動物園は対話をなりたたせる場所なのです




とても大切な事だけど

ふだん忘れていて、もっと大切にしなければいけないこと

なにもいわない動物たちが気づかせてくれる

「いっしょに生きること」




動物園を出るとき人がみな

やさしい笑顔になっていてくれればいいな

と思いながらこの紙面をつくります





※この文章を見つけた時「こんなところにも名文があった」と、思いました。

『普段忘れていて、もっと大切にしないといけないことを、動物が気づかせてくれる』・・・そうです!その通りでした!

時間を見つけて、動物園に忘れ物を探しに行こうと思った瞬間でした。
  


Posted by makishing at 05:47Comments(2)