2013年09月08日

虫歯が原因で亡くなった?!徳川14代将軍とは?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです。





【虫歯が原因で亡くなった(?)徳川14代将軍】


徳川幕府の最後の将軍は?
そうです、15代将軍・徳川慶喜ですね。
では14代将軍は??
最後の将軍として有名な慶喜の名前の陰に隠れてほとんど知られることがないのが14代将軍、徳川家茂です。

幕末の動乱期に将軍職に就いたこの家茂は心根の優しい人柄だったようですが、長州との戦い、海外列強からの開国圧力という厳しい時代を乗り切るには荷が重過ぎたのかもしれません。
朝廷や長州、薩摩との駆け引きの日々を送る、そのさなか、21歳の若さで亡くなってしまったのです。

直接の死因は脚気による心不全でした。
実は徳川家茂は大の甘党で、虫歯が非常に多く、苦しんだようです。そのため滋養のある食事も難しかったようで脚気の症状が急速に進んでしまいました。
当時はビタミンB1不足という脚気の原因は分かっておらず、病床の将軍には有力大名たちから当時の貴重品であった砂糖や羊かんなどのお菓子が見舞いとして続々として届けられます。
その甘いものがさらに虫歯を悪化させ、体力を弱めたようです。

当時は将軍といえども虫歯の治療はできませんでした(抜く以外の治療はなかったのです!)。
今は当然、虫歯の治療が可能です。
皆さんもどうぞ歯を大事にしてください。





※歴史の教科書にも載らない、ニッチな内容でしたね。

これぐらい昔になると、虫歯がどのようにしていたらなるか、あるいは、どのような食べ物を避けると良いかは、わからなかったのでしょうね。
  


Posted by makishing at 06:24Comments(4)