2013年09月30日

【犬養毅】


今日は7月13日読売新聞『人物抄』からです。





【犬養毅】



1855(安政2)年、備中国(現・岡山県)の庄屋に生まれた。慶応義塾在学中、学費捻出のため寄稿していた郵便報知新聞の従軍記者として西南戦争に赴き、迫真の筆致で人気を博した。退社後も、新聞業界との縁は切れず、「東海経済新報」や「秋田日報」の経営に関わった。

90(明治23)年、初の衆院選で岡山3区から立候補して当選。98(明治31)年の大隈重信内閣時代に文相で入閣を果たす。第1次護憲運動では、尾崎行雄と共に先頭に立ち、2人は「憲政の神様」と並び称された。普通選挙実現に情熱を傾け、1920(大正9)年、選挙権、被選挙権ともに20歳以上とする革新的な案を発表した。

国民党や後身の革新倶楽部での小政党暮らしが長く、普選法が成立した25(大正14)年、政友会との合流を果たし、政界引退を表明した。しかし、引退を惜しむ地元・岡山の支援者は、本人の意向をよそに、その後も犬養を当選させ続けた。信州で静養していた29(昭和4)年、急死した田中義一の後継として政友会総裁に担ぎ出され、31(昭和6)年に犬養内閣を発足させたが、翌年、5・15事件で暗殺される。享年76歳。





※ストイックな生きざまだと、思います。

骨っぽい人が、日本の礎を築いてくれていたのですね。
  


Posted by makishing at 07:57Comments(2)