2013年11月10日

自分の花をきれいに咲かそう


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです(一部、表現を替えています)。





【自分の花をきれいに咲かそう】



人間は悠久なる時の流れの上で生きている。
宇宙が出来たのが137億年前。
地球ができたのが 46億年前。
人間が生まれたのが、400万年前。
日本は、だいたい2700年。
その中のたった100年弱を生きるのが、我々人間の一生だ。

人間は、過去、現在、未来と生きていく。
自分の人生を考えると、過去の言動が種となり、それを現在の自分が刈り取り、その実を食べて生きている。


現在は過去の言動で決まり
未来は現在の言動で決まる


我々は、自分の未来のために、今、この瞬間を生きながら、種を蒔いているのだ。


今、頑張っている物事も人生の種まきの一つなのだ。

立派な花を咲かせるように、いっぱいに栄養を与え、いっぱいに太陽の光を浴びて、大切に育てていこう。


大好きな斉藤一人さんの「仁義」という詩にこんな一節がある。

ひと花どころか百花も
咲いて咲いて咲きまくる
上で見ている神様よ
私のみごとな生きざまを
すみからすみまで 
ごらんあれ

今日も神様に、自分の頑張りを見ていただこう。





※宇宙や地球の規模で見た時、私たち人間の一生は、ほんの少し・・・あんまり、些細なことにクヨクヨせず、ドシッと構えて生きていきましょう!
  


Posted by makishing at 06:02Comments(2)