2013年12月10日

プロに聞く「空き巣」防犯ポイント


今日は、インターネットに載っていた、空き巣の防犯ポイントを、要約して掲載致します。





・空き巣の侵入手段で一番多いのが、無施錠の窓やドアからの侵入。例えば、カーテンを閉めていると、窓が施錠されているのかわかりにくい。しっかり確認しないまま、外出するケースが意外と多い。全ての鍵を閉めるだけで、被害に遭う確率はグッと減らせる。


・郵便受けに配達物や新聞を溜めないこともお薦め。『長く留守にしています』とアピールするようなもの。郵便局に不在届けを提出したり、新聞販売所に連絡したりして、一時的に止めてもらうといい。


・不在時も部屋の明かりをつけておくこと。玄関の電気をつけておくだけでも効果的。レースのカーテンを吊して、カーテンを閉め切らないことも有効。室内に人がいるかもしれないと思わせることで、時間かせぎになる。できることなら、窓を二重にロックする補助錠や防犯フィルムを貼って、複数の対策がとれるとベスト。

監修:セコム理事、コーポレート広報部長、安田稔氏





※毎年、年末になると、事故や事件が増えると言われています。

その中で、空き巣は必ずと言っていいほど出てくるように感じています。

後々の後悔の無いように、出かける時は、気をつけてください。
  


Posted by makishing at 05:52Comments(2)