2015年01月20日

‘儲かる’ご当地スポーツ


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





【儲かるご当地スポーツ】



・栃木県→バスケット


一昨年、5億6千万

抱える選手が少なくていい

1つチーム5人だから、報酬が少なくていい

1試合2000人弱も観客がくる

リンク栃木ブレックスは一年間に250回以上、地元の体育のバスケットの授業を手伝いにいく




・沖縄県→プロレス


琉球ドラゴンプロレスリング

全員で9人

ちょっと黒字になっている

週2回でショッピングセンターでやっている

沖縄には、実は娯楽施設がないので、いろんなところからプロレスの依頼がくる

儲けるための企業努力として、レスラーのマスクを作って売る

他のプロレスマンのマスクもつくる




・茨城県日立市→パンポン


ここだけで流行っている

日立製作所の工場で教えてもらった

テニスとほぼ同じルールで、日立製作所の山手工場で生まれた

昼間のキャッチボールの時に工場のガラスを割って、そこからがきっかけ

日立市では、昨年35回目のパンポン大会開催




・北海道の幕別町→パークゴルフ

通称、パーク

パークゴルフ場が北海道にあり何千万人の競技人口

クラブは一本でいい

ゴルフは日常的ではない「時間がかかる」「お金がかかる」

パークゴルフの専用グッツや打ちっぱなしもある

雪深い北海道には、もってこい

今、パークゴルフ場は全国に1300以上

狭い土地でもいいし、ワンラウンド500円

パークゴルフクラブは高価なもので20万以上のがある





※如何でしたでしょうか?

地元でしか流行っていない、ニッチなスポーツが、あるのですね。

そう言えば、私が小学生の頃、流行っていたスポーツ、あったのを思い出しました。
  


Posted by makishing at 07:27Comments(0)