2015年10月05日

6年前の不調を復活させた“長崎ちゃんぽん”の店


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





長崎ちゃんぽん、リンガーハット

大きなトンガリ屋根の店で、絶好調

596店舗で300億円超

6年前には不調、しかし、復活

ゲストは米浜リンガーハット会長

野菜を炒めたあと、豚骨ベースのスープと麺を絡めるのが長崎ちゃんぽん

国産の野菜に切り替えて、麺の倍の野菜にしたのが、復活の理由

7種類の野菜を使い、キャベツは中でもメイン

契約農家のキャベツは、4倍の大きさ

1ヶ月長く育てる方法で、やさしく大きくつくる

セントラルキッチンの工場で、下ごしらえ

キャベツの芯抜きの人は、1日5000個つくる

すべての設備は、すべて自社で製作するので、トラブっても自分で治す

冷凍チャーハンのラインは、炊くのと炒める工程がある

1分ずつ交互につくるシステム

店の厨房が独特で、鍋スライドシステムは、26秒ずつで動くので、いちいち時間を計る必要もなく、いつ何をやるかが明確化された

これで、誰でも簡単にシンプルにできるようになった

国産の野菜はボイルする必要もなく、生を炒めるので、野菜がしならない

新規出店のため、ショッピングモールのフードコートに進出

メニューがわかりやすく、スピーディーにつくれて、食器を沢山用意できる

外国人従業員の接客マナーの研修も行う

クレーム対応の研修も、しっかり行う

フードコートは、スピード・味・品質が揃っていないといけないので、リンガーハットは、ニーズに合っている





※V字回復して、完全復活できる企業の底力を、具体的に観たような気がします。
  


Posted by makishing at 08:05Comments(0)