2015年11月15日

今日は‘竜馬の誕生日で命日’


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【今日は‘竜馬の誕生日で命日’】(元のテーマ:夜道の街灯)を、一部分を削除して紹介致します。





【 今日は‘竜馬の誕生日で命日’】


11月15日は、明治維新の立役者、坂本竜馬の誕生日であり、命日。

私が坂本竜馬と出会ったのは
東京で浪人をしていた19歳。

金八先生こと武田鉄矢さんが
自分の番組のラジオドラマで
竜馬の一生を語っていたのだ。

それに啓発されて、
手にとった司馬遼太郎著「竜馬がゆく」全八巻。


体の中を雷が通り抜けたかのような衝撃を受け、
「竜馬のように生きたい」と、心の底から思った。

生まれて初めて京都霊山神社に
眠る竜馬の墓を訪れた時には、
涙が止まらなかった。

あれから40年。
いつの間ににやら
竜馬の年齢を大きく超えてしまったが、
竜馬から学んだことは、
「夜道の街灯であれ」ということ。

誰もが不可能と考えた薩長同盟を
竜馬が成立させることができたのは、
彼の人間力による。

竜馬は、夜道の街灯だった。

幕末の血の匂いの漂う殺伐とした時代に、
夜道の街灯のようにポツンと明るく温かい存在だったのだ。

だから、その光を求めて、
だから、その温かさを求めて、
いろんな人が集まってきた。

竜馬は、また会いたいなぁと思われる人だったんだ。

チャンスは人が連れてくるのだ。

竜馬は、チャンスを、彼の人間力によりしっかりと掴み取り、
時代を大きく回天させたのだ。

人間は、ひとりひとりは微力だが無力ではない。

微力が集まれば美力、凄いことができる。

そのためにも、人に好かれる人、
また会いたいなぁと思われる人になりなよ!
と竜馬は教えてくれている。

人生最高の日のために不要なのは、暗さ
人生最高の日のために必要なのは、竜馬の明るさ
人生最高の日のために必須なのは、最高の熱い心

さぁ、竜馬でいこう!





※夜道の街灯・・・自分は、このようになれているか、考えました。

また、会いたいなぁと思われる人間に、なる努力をしていきます。
  


Posted by makishing at 08:44Comments(0)