2015年11月29日

後悔した10のこと


今日は、いつも楽しく拝読させて頂いている、学生向け配信のメルマガから【後悔した10のこと】を紹介致します。





【 後悔した10のこと 】


Facebookに下記のような記事が掲載されていた。

人生最後の瞬間に後悔してしまう10のこと


1)もっと自分が生きたい人生を生きればよかった
2)残業やお付き合いの毎日をやめ、働き過ぎなければよかった
3)大切な友達と一緒に過ごしておくべきだった
4)直感に従えばよかった
5)もっと自分の世界を広げる努力をすればよかった
6)家を買わなければよかった
7)怖がらずにもっとリスクを取ればよかった
8)健康なら何でもできるから、体を大事にすればよかった
9)恥ずかしがらずに「愛している」って言えばよかった
10)「明日からやろう」を止めればよかった


これは、人生をだいぶ生きた方々に伺ったものだそうだ。

こういうアンケートの結果を読むときにも、キミたちは、ここから学べることを探すんだ。

まず、一番に学べることは、これらの後悔を教訓として、自分の人生に活かすことだ。

例えば、

1)もっと自分が生きたい人生を生きればよかった
を読んだら、考えろ!

「生きたい人生を生きるにはどうするか?」

まず、自分はどう生きるかを明確にしなければいけない。

自分の命を何のために使うか
自分の生命をどこで燃やして、自分が輝くか

これが目的となる。
人生の軸となる。

自分の生命を使う目的が明確になったら、
目的を達成するために、いくつかの目標が出てくる。

その目標をひとつひとつ乗り越えるための武器を自分に身につける。

大きく分けると、三つ


実力をつける
学力をつける
体力をつける


この3つの力をバランスよくつけていく。

どんな実力をつけるか、
どんな学力をつけるか、
どんな体力をつけるか、

ここから具体化して、日々、実行できるレベルにまで「見える化」をする。
そして、自分で決めたことを日々実行していく。

自分で決めて、自分で生き切る。

これが出来れば、人生は薔薇色だ!





※自分が『人生最後の瞬間』に、何を後悔するだろう・・・思わず考えてしまいました。

実力・学力・体力をつけることを考えて、それを具体的に実践課題に、おとし込んでいきたいと思います。
  


Posted by makishing at 08:32Comments(0)