2015年12月09日

ドラマ『我が人生』


今日は、いつも楽しく拝読させて頂いているメルマガから【ドラマ『我が人生』】を紹介致します。





【 ドラマ『我が人生』 】



人生とは何だろう?

人生とは、最低限の舞台装置があり、
そこから作り上げる一世一代の壮大なドラマなのだ。


最低限の舞台装置とは、
どの両親の下に生まれ、
どんな家族の一員となるかということ。


ドラマに必要なのは、脚本と演出と俳優と監督。


人生のドラマの主人公と監督は、自分自身。
どんなストーリーにするか、自分の脚本次第。
どんな出来事を起こそうか、自分の演出次第。
涙、笑い、感動、悲しみ、別れ、全て自分の腕次第なのだ。


キミは、今、自分が書いた脚本に沿って、
自分が演出した舞台で、
自分が主人公の「我が人生」
というドラマの中にいるのだ。

どこの高校、大学へ行き、
どんな人と出会い、
恋をし、別れ、就職し、仕事をし、
結婚、出産、などというストーリーは、
全てキミ自身次第なのだ。

この「我が人生」というドラマの責任者は、監督のキミ自身。

つまり、この人生で起こることは自分の問題として、
責任者が責任を持って解決しなければならないということでもある。


キミのドラマ「我が人生」は、どんな物語に仕上げていくんだい?


人生とは、人が生きると書く。
人生とは、人のために生きるという意味だ。
人のために生きると、結局は、自分が幸せになれるのだ。

人生最高の日のために不要なのは、愚痴
人生最高の日のために必要なのは、最幸の思いやり
人生最高の日のために必須なのは、最高の熱い心

さぁ、今日の我が人生のドラマを始めよう!

熱く行く!





※如何でしたでしょうか!?

最優秀脚本賞・最優秀演出賞・最優秀監督賞、そして最優秀主演女優(主演男優)賞。これらを人生最終着地のアカデミー賞で、受賞を総なめにしましょう。

今日の脚本は、ウキウキしますか!今日の演出はワクワクしますか!

今日も1日、頑張りましょう。
  


Posted by makishing at 05:59Comments(0)