2016年03月13日

「好きだから続く」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「好きだから続く」】を紹介致します。





1. かかわり続けたら


あるスポーツ競技の役員の方と話をする機会がありました。
お酒を飲みながら、ゆっくりと。


・その競技が国内で広まるころから選手として活躍し、
 引退後もお手伝いを続けてこられた方。

・ご自身の地域で国体が開催されるときに巻き込まれ、
 知らない間にどっぷり漬かっていた方。

・日本代表選手だった方。

皆さんの経歴はそれぞれでしたが、ずっと競技に関わり続けて、
結果、役員をされている。
そんな印象を受けました。




2. 長く続ける理由


皆さんいろんな経歴をお持ちで、
その話を聞いているだけでも楽しかったのです。

話を聞いているうちに
なぜ、30年以上も競技にかかわってこられたのか、
聞いてみたくなりまして、遠慮なく聞いてみましたら、

・選手でもあったし、競技そのものが好き

・選手の指導や育成が好き

・いろいろ良くしてもらったから

と、こんなお答えをいただきました。


つまるところ、長く続く理由は「好き」だから?


そこには、
(1) 競技そのものに対する直接的な「好き」
(2) 指導や育成、世話してくれた人に対する間接的な「好き」

2種類の好きがあるように感じました。




3. 好きだから続く


逆に考えるなら、
長く続けてもらいたければ、好きになってもらうしかないのかも。

会社組織で言うならば、

・仕事そのものを
・仕事を通じて間接的に得られるものを
・上司や社長を

好きになってもらえたら。
好きな間は続くよね。きっと。





※『好きこそモノの上手なれ』と、確かに言いますね。

仕事に関しては、以前このブログの中で紹介させて頂いた〔4つのワーク〕と関連づけると良いかもしれませんね。

三度のご飯より没頭できるモノを、持ち続けることが出来たら、素敵ですね。
  


Posted by makishing at 06:57Comments(0)