2016年07月27日

江崎グリコ創業者の「面倒なことをやらんば」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから、江崎グリコの創業者である、江崎利一さんの言葉より【江崎グリコ創業者の「面倒なことをやらんば」】を、元の文章を編集して紹介致します。





兵庫県の西神にあるグリコピアに行って、「創業者江崎利一語録」をもらいました。

全文を書かせていただきます。



「面倒なことをやらんば商売は成功せんよ」


面倒な仕事だとか、これは出来ないとか、簡単にあきらめず、
工夫に工夫を重ね粘り強く取り組むことだ。
面倒の中にこそ、商売のチャンスが隠されているという教え。
おまけを付けたり、アーモンドを粒のまま入れたり、
まさに面倒くささの権化である。



実際に商品化されている例を挙げられると説得力がありますね。





※そして、メルマガの筆者の方は『人の面倒をやるからこそ、対価をいただける。そんなふうにこの言葉を受け取っています。』と、書いておられました。

人が嫌がるような面倒臭いことを、率先垂範してやっていくことで、様々なご褒美が生まれるのだと思います。
  


Posted by makishing at 05:49Comments(0)