2016年10月04日

『次の勝利のための反省』


今日は、たまたま手にした新聞のコラムの中から、将棋の対局について書いてある文章(ブログテーマ:『次の勝利のための反省』)を紹介致します。





プロ将棋の対局は、勝敗が決してもそこで終わりではない。棋士は、対局後まもなく棋譜を振り返り、勝負をおさらいする「感想戦」に臨む。

一手目から順を追い、互いの打ち方を研究する。敗者からすれば傷に塩をすり込むようで、悔しさが募るばかりの時間に思えるが、一手一手を検討し、失敗した手を見いだすことが成長につながる。

いわば「次の勝利のための反省」である。





※最初から、一手一手を検証するのは、素晴らしいことです。

そこまでのことを、将棋の対局でやっていたとは、知りませんでした。
  


Posted by makishing at 06:02Comments(0)