2016年11月20日

東大ロボットコンテスト部で使う「でっちあげ」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【東大ロボットコンテスト部で使う「でっちあげ」】を紹介致します。





1.大学ロボコン


何年か前にたまたまテレビでみた大学ロボコン。

正しく言うと、「ABUロボコン」
Asia-Pacific Broadcasting Union主催のロボットコンテスト
http://www.official-robocon.com/jp/abu/abu2017/index.html


色んなテーマで、決められたルールの範囲内で動くロボットを作り、得点や速度を競う。


日本の国内大会は7月10日に、国際大会は8月21日にタイで開催されました。


来年の国際大会は東京。
見に行こうかと計画中です。




2.仕様どおり


今年の日本代表は東京大学だったのですが、国際大会では苦戦していました。

一番の理由は、「コースが仕様通りに作られていないこと」

左右で長さが違うとか、左のコースだけ傾いているとか、ボルトが出っ張ってて邪魔になるとか。

国内大会の仕様通りに作られたコースでは力を十分に発揮できても、国際大会ではなかなかそうはいきません。

それが、毎年のことのようです。




3.でっちあげ


仕様と違うことに文句を言っても始まらないからと、突貫でプログラムの修正やちょっとした改造が行われていました。

これを東大のロボコン部では「でっちあげ」と呼ぶんだとか。

本来の意味とは違うけど、なんとなく伝わる「でっちあげ」。


現場の条件に応じた即判断と、即対応かな?

こっちの意味のでっちあげを来期は追いかけてみようと思います。





※こうしたコンテストの場でも、いろいろあるのですね。

プロスポーツの国際大会の敵地のアウェイ環境も同じです。

どのようなアゲンスト・フィールドでも、力を出し切れる状態を、常につくっておくことなのですね。
  


Posted by makishing at 08:27Comments(0)