2016年12月07日

タイ新国王が即位、始動


今日は、読売新聞12月3日の国際面より【タイ新国王が即位、始動】を紹介致します。





タイのワチラロンコン皇太子(64)は(12月)1日、10月に88歳で死去したプミポン前国王の後継者として新国王に即位し、2日には国王の立場で初めて、前国王の追悼行事に出席した。

ワチラロンコン氏は1日夜、バンコクの宮殿でポンペット立法議会議長から即位要請を受け、「全てのタイ国民のため、前国王の意思に基づく要請を受け入れる」と受諾した。同日深夜のテレビ放送で、プラユット暫定首相は「新国王は亡き国王の最愛の息子であり、指導力と遺産を受け継ぐだろう」と述べた。

王室の慣習などに基づき、在位期間は前国王が死去した10月13日からとなる。





※タイのリーダーが交代する記事ですが、あまり大きく執り上げていませんでした。

これからのタイ王国の動向に、注目していきたいと思います。
  


Posted by makishing at 07:53Comments(0)