2016年12月11日

面白く話す話し方のコツとは?


今日は、インターネットで調べていたら出てきた内容で【面白く話す話し方のコツとは?】を、紹介致します。





◇あくまでも自然な流れを意識する

・自分の感情を伝える
・ネタに関連した質問をする
・何気ない雑談から繋げる・笑う場所(ポイント)を明確にする



◇面白いネタを強調するための話し方

・擬音語や擬態語を多用する
・例え話を使う
・登場人物を演じる
・ボディーランゲージや表情で感情を表現する





□上手く話せるようになるコツ

?防衛本能を解除する
?コミュニケーションの基本を理解する
?聞き方や話し方のスキルを身に付ける





※如何でしょうか?

実際には、これらのタイトルに説明文が入っていましたが、無くても解ると思います。

お笑い芸人さんや、話が面白い人に共通する特徴が、ちゃんと出ていると思います。
  


Posted by makishing at 08:17Comments(0)

2016年12月10日

家族思いやる“照明の使い分け”


今日は、読売新聞11月26日の広告ページの『聞いてみよう!』より【家族思いやる“照明の使い分け”】を紹介致します。





人は1日の大半を家で休息の時間にあてます。また、視覚は人の感覚の約8割を占めるといわれ、光は視覚に大きな影響を与えます。それだけに家のあかりは、私たちにとってとても重要です。最近では、LED照明の普及で、光を簡単にコントロールできるようになり、快適空間を手に入れやすくなりました。

また、年齢層ごとに理想のあかりは異なります。例えば、こどもは光の感受性が強いので、読み書きをするときは勉強用のあかりに、夜は睡眠を妨げない落ちついた光色のあかりに切り替えてあげるとよいでしょう。

一方、目の特性上、人は歳をとるにつれ、青色系の光が見えづらくなるという傾向があるので、シニア世代の方が新聞を読みはじめたら、それに適したあかりにかえてあげる。

そのようにLED照明なら、それぞれの家族にあわせて、ボタンひとつで調色・調光ができるのです。こうした“あかりの使い分け”は家族への思いやりにつながります。

生活のシーンごとにあかりをかえるのもよいでしょう。私は夕食の前後であかりを切り替えて、昼夜のリズムの変化を楽しむことをおすすめしています。光の上手な切り替えは、家族の笑顔を増やす秘訣といえます。

(ナビゲーター:インテリアコーディネーター/結城未来さん)





※この文章を読んだ時、「へぇー!」と、思いました。

もしも、生活習慣に合わせて、照明の種類を替える日常が普通になったら、照明機器が違った売れ行きになると思います。

ひょっとすると、家電業界の業績拡大のきっかけに、なるかもしれませんね。
  


Posted by makishing at 07:18Comments(0)

2016年12月09日

「自分で選んだこと」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「自分で選んだこと」】を紹介致します。





1.選んだつもり


(自分が就職などの進路を選んだ)きっかけはなんだったのかわかりません。
ふと、「自分で本当に選んだことってどれぐらいあっただろう?」

なんてことを考えました。


・他に選択肢がなかったので仕方なく
・時間に迫られて
・勢いで
そんなふうに選んだことは
「選んだつもり」だったんじゃないだろうか。

そんなことを。




2.高卒で就職


「選んだつもり」を再び意識したのは、友人が就職する高校生向けに話をすると聞いたから。

自分から働くことを選んでいる高校生は、いったいどれだけいるんだろうかなんてことを思いました。


自分の過去は、
・センター試験の結果、合格できそうな大学を受験したし
・大学に求人が来ていた中から就職先を選んだし

全然自分で選んでなかったように思います。




3.選んだ先に


誤解なきように言っておきますと、私自身は現状にはとても満足していまして、公私ともに充実してます。

そして、過去のあらゆる選択は、今の自分につながっていると考えていますので、「他の選択はありえなかった」とさえ思います。


だから、よくわからないのですが、
・本当に自分の意思だけで選択するというのはどんな状況なのか。
・その選択の先にはどんな未来が待っているのか、
・そもそもそんな選択はありえるのか。

どうなのでしょう?
そんな選択ができることは幸せなのでしょうか?





※選択についての話でした。

多数から複数、ないしは単数に絞りこむのが、選択ですよね。

選択しなかったほうを、確認することは不可能です。

選択後の過去を、現在から振り返った時、良い選択が出来たと思える現在を、過ごしていこうと思います。
  


Posted by makishing at 08:33Comments(0)

2016年12月08日

わかっていても・・


【わかっていても・・】



わかっていても・・


わかっていても・・



できないのが
人間。




だったら、できるまで



練習
練習
練習
練習



「これでもか!」の
練習を繰り返した者だけが



“できた”を体験できる



これもまた
人間。
  


Posted by makishing at 06:10Comments(0)

2016年12月07日

タイ新国王が即位、始動


今日は、読売新聞12月3日の国際面より【タイ新国王が即位、始動】を紹介致します。





タイのワチラロンコン皇太子(64)は(12月)1日、10月に88歳で死去したプミポン前国王の後継者として新国王に即位し、2日には国王の立場で初めて、前国王の追悼行事に出席した。

ワチラロンコン氏は1日夜、バンコクの宮殿でポンペット立法議会議長から即位要請を受け、「全てのタイ国民のため、前国王の意思に基づく要請を受け入れる」と受諾した。同日深夜のテレビ放送で、プラユット暫定首相は「新国王は亡き国王の最愛の息子であり、指導力と遺産を受け継ぐだろう」と述べた。

王室の慣習などに基づき、在位期間は前国王が死去した10月13日からとなる。





※タイのリーダーが交代する記事ですが、あまり大きく執り上げていませんでした。

これからのタイ王国の動向に、注目していきたいと思います。
  


Posted by makishing at 07:53Comments(0)

2016年12月06日

ノーベル文学賞受賞者の名言より


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ノーベル文学賞受賞者の名言より】を紹介致します。





アイルランド出身の劇作家で1925年にノーベル文学賞を受賞したバーナード・ショー(1856-1950)の名言を、クイズ形式で紹介します。



「もし君と僕がりんごを交換したら、持っているりんごはやはりひとつずつだ。でも、もし君と僕が○○○○を交換したら、持っている○○○○は2つずつになる」

○○○○に入る言葉、何だと思いますか?



答えです。交換すると増えるもの、それは「アイデア」です。周囲の人とどんどん交換しましょう。





※アイデアは、情報の中でも、とても価値の高い物です。

普通、思い付かない、画期的な物です。

アイデアを、積極的に出しあいたいと思います。
  


Posted by makishing at 08:15Comments(0)

2016年12月05日

船井が国内でTV販売再開


今日は、読売新聞10月28日、経済欄より【船井が国内でTV販売再開】を紹介致します。





【船井が国内でTV販売再開】


船井電機は(10月)27日、約10年ぶりに国内で自社ブランドのテレビ販売を再開すると発表した。家電量販最大手のヤマダ電機に商品を独占供給し、来春に売り出す。テレビが売上高の大半を占める船井は、北米で苦戦して業績が低迷しており、初年度に出荷台数ベースで国内市場シェア(占有率)5%を目指す。

両社がこの日、独占販売に向けた基本合意書を結んだ。期限は2017〜26年。高画質の4Kテレビなど、20〜60インチ台の10機種以上を「フナイ」ブランドで展開する見通しで、ブルーレイディスクレコーダーも販売する。価格は未定という。





※国内の家電メーカーが、このところ苦戦している中、とても明るい話題です。

船井電機は、どうすれば再度、こだわりある自社ブランドのテレビが売れるのかと、さぞかし考えたのだと思います。

そして、家電量販店最大手の力を借りることで、活路を期待することにしたのですね。

大事なことは、善なる変化を起こす為、立ち止まって考えることなんだと思いました。
  


Posted by makishing at 06:20Comments(0)

2016年12月04日

OKは間違いから生まれた!?


今日は亀田製菓(株)の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その1の【OKは間違いから生まれた!?】を紹介致します。





みんなも日常的に使う「OK」という言葉。実は、この言葉、アメリカの7代目大統領、アンドリュー・ジャクソンが、許可を出すときに「all correct」を「oll korrect」と書いてしまったのが、普及してしまったそうです。「OK」が間違いから生まれているなんて・・とっても微妙ですね。





※私が好きな、亀田製菓の柿の種のシリーズからです。

またまた身近な言葉についてでしたが、全く知りませんでした。

勉強になります。
  


Posted by makishing at 07:31Comments(2)

2016年12月03日

グーグルとヤフー


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【グーグルとヤフー】を要約して紹介致します。





ところで、検索はグーグルとヤフーがよく使われていますが、どちらをメインに使っていますか?

何かを探すとき「ぐぐったらいいよ」という表現をする方も多いと思いますが、実はヤフーをメインに使っている方が圧倒的に多いんですね。

それはどうしてでしょうか…

どちらのアカウントも、いろいろな便利機能がついています。

グーグルはカレンダー、予定表、エクセル、マップなど、データツールがほとんどですね。

では、ヤフーはどうでしょう。

トップページにはオークション、ショッピング、ニュース、天気予報、電車乗り換え案内など、個人が日常生活で必要とする情報がすぐに確認できます。

簡単に言えば、グーグルの特徴はビジネス作業向け、ヤフーの特徴は生活向上といった感じでしょうか。

何かを探す時にはグーグルの方が検索に向いていると聞きますが、実際はヤフーと何らかわりません。

グーグルのトップページは大きな検索窓があるだけで、他の情報はありません。

ネットユーザーの皆さんは、何か自分にとって必要と思える情報がたくさんあるサイトを使いますよね。

これは、自分たちが運営しているHPやブログ、SNSサイトにも関係してきます。

例えば、いろいろなカテゴリがあるブログと、自分の思うままに書いている「日記ブログ」なら、どちらにユーザーが集まるでしょうか?

間違いなく、たくさんカテゴリがあるものです。

今でもまとめサイトが人気ですが、それも上記と同様、ありとあらゆる情報がすぐに見つかるからですね。

自分自身も含め、ネットユーザーは感覚がどんどん変わってきています。

しかも、ほしい情報は携帯アプリで完結できる環境になってきたので、自分のサイトを「検索」で見つけてもらおうなんて思えば、ちょっとしたSEO対策なんて歯が立たないですし、どれだけ難しいか再確認してみましょう。

グーグルが公表しているSEO対策のコツをじっくり見れば、とんでもない作業が必要だと気付きますよ。

そういったことから、自分からネットユーザーに直接アプローチをかけなければ、自分のサイトを見てもらえません。

そのシステムがSNSですので、いかにうまくサイトを使い分けれるかが、ネット顧客獲得の キーになります。





※グーグルとヤフーの違いについて、やっといろいろなことが、わかりました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:06Comments(0)

2016年12月02日

島根大学のココに注目!


今日は、11月26日の読売新聞で、島根大学の新設学部の告知がありました。そこに載っていた、マナビジョンブック編集長が語る【島根大学のココに注目!】を紹介致します。





『実践と理論を関連付けて学び、地域社会の発展に貢献する---人間科学部』



人間科学部では「見て・触れて・感じて・学ぶ」ことを大切にし、一年次から学外のさまざまなフィールドで体験実習を行います。また、人々がかかえる複雑な問題を分析し、科学的に問題を考えていくことも重視しています。つまり、地域の現場で実践的に学んでいく力と、科学的・理論的に考えていく力が、互いに関連しながら身につくように工夫されているのです。

特徴的な授業として、「インタラクティブ・プレゼンテーション・ミーティング(IPM)」があります。この授業では、すべてのコースの学生が一堂に集まり、互いの地域実践や研究成果を発表します。異なる観点をもった人々とアイデアを交換するための「聴く」「伝える」スキルを磨き、社会の中で人と人とをつなげて問題解決をしていく力を育みます。





※様々な大学が全国にあります。

ひたひたと忍び寄る少子化の問題に対峙する為の方策として、各大学は、学部学科や授業そのものに、特徴を持たせていこうと、チャレンジしています。

その一例が、この島根大学の人間科学部になります。コミュニケーションの力をつけていける、素敵な学部だと思います。
  


Posted by makishing at 06:27Comments(0)

2016年12月01日

根拠


【根拠】


あなたの
その頑張り

そこに根拠はありますか?



あなたの
その計算

そこに根拠はありますか?



あなたの
その思惑

そこに根拠はありますか?



あなたの
その感覚

そこに根拠はありますか?



あなたの
その行動

そこに根拠はありますか?



あなたの
その自信

そこに根拠はありますか?




あなた自身は

根拠をつくっていますか?




よし!明確な根拠を持とう!!
  


Posted by makishing at 06:19Comments(0)