2017年02月14日

夜中に大事なことは考えない


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【夜中に大事なことは考えない】を紹介致します。





【夜中に大事なことは考えない】


アップルの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏は決断に迫られた時や新たな構想を練る時は、部屋にこもるのではなく、外に飛び出し、街中を歩き回ってその間に考えをまとめることがよくあったそうです。

彼だけに限らず古今東西の有名な作家、政治家、企業経営者なども同じように書斎や会議室ではなく、街中、公園などで重要なことを考えていました。

歩くという適度な運動行為によって人間の脳が活性化されるため、良い考えが浮かびやすくなるとも言われていますが、正確なメカニズムは分かっていないとも言います。

ただ、経験的に歩きながら考えることに効用を感じている人が多くいるという事実があります。


反対に深夜にいろいろと考えるのはあまり良い結果にはならないようです。神経、感覚がとぎすまされるため、極端な結論に至ることが多く見受けられます。

いま、流行りのSNSでも深夜に投稿した文書が翌日、炎上してしまうこともよくあります。夜中はあまり重要なことは考えないことにこしたことはありません。

夜は静かに休むこと、これも大切です。





※このようなことは、私も日常、よくあります。

動きながら考えると、素晴らしい案が浮かびます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:57Comments(0)