2017年03月07日

働きやすい会社


今日は、日曜の朝のテレビ情報番組『ルソンの壺』から【働きやすい会社】を紹介致します。





・株式会社関通


残業を減らした

朝に、その日の仕事を終える時刻(施錠予定時刻)が決められる

『ムダも積もれば山となる』

当時、50〜80時間の残業があった

労働基準監督署から調査が入った

月の会議を10回から1回に

緊急時以外は電話からメールに

やらなくてもいいことをやらなくてもいいように

倉庫の壁に『ムダ取り管理板』

かがんでする作業を7秒削減して、1日で23分削減

結果、一人10時間迄の残業に削減した

社内慣習をトップダウンで実践

従業員からのアイデアをボトムアップ

ムダ省いて余裕が出来たとこに別の仕事




・富士電子工業株式会社


子育て世代に優しい会社

『二兎を追う者は二兎を得る』

当時、仕事と子育てが両立できず、退職者が続出

勤務時間中に、1日最大3時間半まで退出出来る

引いた時間を減額する

この制度を一番利用しているのが、四人の小さい子どもを持つ父親

多い時、月に60時間使って、家庭の支えにもなっている

今では子育てを理由に辞める人がいなくなった

一つの取引先を二人で担当するので、営業的にも大丈夫




・有限会社奥進システム


『あなたに合わせます』

一人一人の働き方に合わせている

電動車椅子の人の為にコードを上にしたり机の高さを調節したり

重度の障害を持つ人でも働けるようにした

在宅勤務者のため、遠隔システムも導入

精神障害の人とコミュニケーションをとるためのシステム(グラフで出す)をつくり、利用してもらう

“30分ルール”といって、30分考えても解決できなかったら、人に相談するルールがある



結論「改社の社長に、なりませんか」





※3社に共通するのは、『不具合をそのままにせず、改善して治してしまったこと』だと思います。

ただ、売上を出して利益を残せば、それでいいというわけではないのですね。

まさに“改社”に変身しています。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:01Comments(0)

2017年03月06日

『グーグル』はつづりの間違いから生まれた!?


今日は、今年の1月21日に二回目の紹介をした書籍『大人の博識雑学1000』(著者:雑学総研、発行:(株)KADOKAWA)から【『グーグル』はつづりの間違いから生まれた!?】を紹介致します。





インターネット検索大手「グーグル」は、1998年にアメリカ・カリフォルニア州で設立された。創業者は、当時スタンフォード大学の大学院生だったサーゲイ・ブリンとラリー・ペイジである。

さて、この「グーグル(google)」という社名、実は、数字の単位「googol(グーゴル、10の100乗)」のつづりの間違いから生まれたのだという。創業者の二人は、検索エンジンに10のグーゴル乗である「グーゴルプレックス」という名をつけようとしたが、「グーグルプレックス」とスペルを間違えてしまった。

「googol」はすでにドメインを使われてしまっていたこともあり、最終的に、その間違えたつづりのまま「google」と名づけることにしたのである。





※グーグルの名前誕生に、こんな秘話があるとは、全く知りませんでした。

皆様は、ご存知でしたか!?
  


Posted by makishing at 06:14Comments(0)

2017年03月05日

かっこいい『スティングの紹介文』


今日は、フリーペーパーの冊子『ぴあ3月号関西版』(発行:株式会社セブン-イレブン・ジャパン、編集:ぴあ株式会社)の中から音楽アーティストのスティングの文章が冒頭にありましたので、【かっこいい『スティングの紹介文』】として紹介致します。





スティングがこんなにロックなのはポリスの『シンクロニシティ』以来ではないかーーー。

これまでマドンナやレディー・ガガを手掛けてきた、敏腕プロデューサー兼スティングのマネージャーを務めるマーティン・キーゼンバウムにそう言わしめたアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』をリリースしたスティング。

「表向きはロックの顔をしているかもしれないけど、中を覗いてみると、内省的な曲や思慮深い曲があったり、静かな曲があったり。でも、それらすべてを突き動かしているのがロックなんだ。だからこのアルバムには、自分の音楽のDNAがすべて凝縮されていると思う」昨年11月に発表したこの新譜を携え、6月に東京と大阪でライブを行う。

「僕は、自分の人生は3シーズン制だと思っているんだ。レコーディングとライブ、そして普通の時間を生きているとき。ライブでは、オーディエンスを旅に連れていきたいと思っている」

ポリス時代から数えて、デビューから40年のときが経つ。リビング・レジェンドにして常に次のステージへの進化を続け、心憎いセリフをさらりと言ってのけるそのカッコよさ。

御年65のその存在感に、ただひたすら圧倒されてほしい。





※『ザ・ポリス』を知っている世代の方々には、たまらなく好きなファンの方も、いらっしゃると思います。

来日コンサートの告知を兼ねた紹介でしたが、写真も載っていて、とてもかっこ良かったです。

還暦を過ぎてからも、こんなカッコよさを目指します。
  


Posted by makishing at 06:12Comments(0)

2017年03月04日

考え方次第


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【考え方次第】を紹介致します。





【 考え方次第 】


人生を楽しく生きるか、辛く生きるか、
これは、その人の考え方次第だ。

人生は、いろんなことが起こる
「なぜ、こんなことが・・・」と説明がつかないこともよく起こる。

それが人生だと考える。
「人生には、そんなことがよく起こる。
考えても、理由がわからないことがあるのが、この世の中だ」と認識する。

そして、起きてしまったことを拒否したり、泣き叫んでも、
状況がかわらないのであれば、
簡単だ、受け入れることだ。

受け入れて、それをどう自分の思い通りに変えていくか、
これが、人生の醍醐味だ。


例えば、病気になる
「なぜ、私がこんな病気になるんだ!」
叫んでも、泣いても、病気になった事実は変わらない。
病気は、生活習慣が原因だから、
過去の生活習慣を見直せ!というサインとも解釈できる

だから、病気を受け入れる。
そして、治療を施して、直して、復活する
それだけだ。

「病気」という経験をしないと得られないモノは何かを考える
過去の生活習慣を見直したり、
同じ病気で頑張っている人を励ます力になったり
いろんなことが「病気」を通して学ぶことが出来る。

その積み重ねが、その人の人間としての幅を広げて、深めてくれる

だから、どんなことからも学び、自分の人生に役立てていくという姿勢を堅持することだ

『人生に無駄なことは起こらない
無駄にしている人がいるだけだ』





※如何でしたでしょうか!?

素晴らしい文章です。私は、最後のワンフレーズが、しびれました。

人生に無駄があると思っている人は、その人自身が『無駄にしている人』であり、言い換えれば『毎日を無駄に過ごしている人』なんだと、感じました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:02Comments(0)

2017年03月03日

一番売上の多いスタバってご存知ですか?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【一番売上の多いスタバってご存知ですか?】を紹介致します。





外で仕事をするときはスタバに行きます。

最寄りのスタバではすっかり常連扱いで、何も注文しなくても『ソイラテ ホット トール』が出てくるようになりました。


そんないつもお世話になっているスタバの豆知識です。



日本で一番売上の多い店舗って、どこだかわかりますか?

1店舗あたりの売上です。

せっかくなので、上位5つを考えてみてください。







さて、どこだと思ったでしょうか?

やっぱり、日本で売上が多いのは東京都内の店舗だって思われたのではないでしょうか。

しかし、東京には約300ものスタバがあるそうです。

だから、分散してしまって、1店舗あたりの売上は少ないんですね。


では正解はどこか?

平成26年のデータですが、


1位 福井県 2億1,100万円 2店舗
2位 島根県 1億9,800万円 1店舗
3位 岡山県 1億5,710万円 10店舗
4位 徳島県 1億5,667万円 3店舗
5位 鹿児島県 1億5,200万円 4店舗

となっています。

なんと、1位は福井県です!


東京は1億1,000万円程度でランク外です。

もちろん、1店舗あたりなので、総売上は300店舗の東京が圧勝です。

でも、1店舗だけとなると、地方に軍配が上がるというわけです。


ランキングを見てみると、こぞって西の方です。

店舗数が少ないからこそ、みんなそのお店に集中するんですね。


ちなみに、オープン初日の売上最高記録は、鳥取県の第1号店なんだそうです。

その日は1000人以上が、列を作ったそうな。

都内ではありえませんよね。





※このメルマガは、コンサルタントの方が書いておられています。

この話は、コンサルティングビジネスにもばっちり当てはまるそうです。

店舗運営も、その他のビジネスも、どうやって競争相手を減らし、成功を勝ち取るかですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 05:00Comments(0)

2017年03月02日

人たらし


【人たらし】



人たらしには

紹介がくる!



人たらしには

援助がくる!



人たらしには

情報がくる!



人たらしには

感謝がくる!



人たらしには

人がくる!





人たらし。

人をたらすと

しあわせになる!!
  


Posted by makishing at 07:54Comments(0)

2017年03月01日

地域雇用も創出するビール


今日は、とある飲食店で食事を終えた際に、レジ前に置いてあった、ベルギービール宣伝の冊子の中から【地域雇用も創出するビール】(少しテーマを変更)を、紹介致します。





トラピスト(厳律シトー修道会)で造られるビールの総称、トラピストビール。現在トラピストビールは、世界11ヵ所で醸造されている。その中でも代表格といえるのが「シメイ」ではないだろうか。

シメイとは、フランス国境にほど近いベルギー南部のエノー州にある町の名だ。「シメイ」ビールは、その地に1850年に創立されたスクールモン修道院で造られている。

修道院の敷地は350ヘクタール。そこではビール醸造だけでなく、農園やチーズの製造も行われている。1862年にここで初めてビールの仕込みが行われた際は、それ以前から醸造を始めていたウェストフレテレンの修道院出身の修道僧がいたために、順調に進んだという。

現在修道院には15名の修道僧がいるが、それ以外に地域住民約200名が従事しており、地域の雇用も創出しているといえる。なお、売上の大部分は寄付されている。





※地域の活性化に‘修道院の中で造るビール’が、一役買っているわけですね。

かなり昔からやっている、まさに『町おこし』の原点かも、しれませんね。
  


Posted by makishing at 06:24Comments(0)