2017年04月11日

他人から盗んでも罰せられない‘泥棒’について


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【他人から盗んでも罰せられない‘泥棒’について】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





人から何か盗むのは、当然、罰せられることになります。

しかし、他人から盗んでも捕まることもなければ罰せられない泥棒がいるのです。

その泥棒とは、、、


「時間泥棒」という者です。


この時間泥棒は捕まることも罰せられることもなく、しかも、当の本人にまったく自覚がないという非常にたちの悪い存在です。

この時間泥棒には共通点がありそれは、いわゆる、「仕事のできない人」あるいは「意欲のない人」という点です。

こんな人たちは、対応がスムーズではありません。

たとえば、閑散として空いている店内で注文して「すいませ〜ん」と声をかけても、なかなか、やってこない店員とか。

指示を出したり、質問しても返事がなくて、分かっているのか?分かっていないのか?さっぱり判断できないような部下など。

とにかく対応が遅くてスムーズではないといった特徴があるのです。

対応が遅いのは注意力散漫鈍感、無神経といった一言で片づけられるものではなく、無自覚に自分が時間をかけ過ぎて遅らせてしまうという場合もあるでしょう。

たとえば、上司から「この案件について、アイデアを出して」と、依頼されると、「私がですか????」と面倒臭さ丸出しで、態度に出してしまう人がいます。

上司からすれば、明確に指名したのにいちいち、やり取りするのは面倒ですし時間の無駄に感じます。

さらに「今日中に頼むよ」と追加指示したところで、「えっ、今日中ですか?」とまた、いちいち確認をされると面倒でたまりません。

こんな感じで、対応がスムーズにできない人は全てにおいていちいちブレーキが掛かるので、その分、無駄な時間でロスします。

指示されたことに対していちいち「やりたくない感」を出していれば、その分、対応する時間が減るだけです。

お互い良い事なんてありません。

しかし、その一方で、できる人ヤル気のある人は、細かな無駄がありません。

上司から同じ依頼を受けたとしても「承知しました。いくつかアイデアを考えてみます。提出期限はいつですか?」

上司が「今日中でできるかな?」
と頼んでみると、「分かりました。課長は今日、何時に退社しますか? 今日中となると、あまり周りの意見をまとめる時間がありませんが、宜しいですか?」

「それは、任せるよ!」と対応がスムーズです。

対応がスムーズな人は時間意識が高いので受け応えひとつとってもみても余計な無駄がありません。

スムーズな人というのは、仕事に対して前向きかつ建設的な態度で臨むので、時間の無駄もなく、その結果周囲の人も効率的に時間を使うことができるのです。

「わかりました」と明確に意志を示し「これで良いですか?」と確認することで、依頼者の求めている以上の細かな事が明確になっていくので、会話そのものが建設的であり時間の無駄がなくなります。

依頼に対して「私がですか?」「今日中ですか?」といちいち確認を繰り返すのは、面倒だと思う気持ちの表れであり自分本位の考え方であり、それが相手の時間を奪っているのにその事に、気が付く事もできません。

これが無自覚でたちの悪い「時間泥棒」になるのです。

時間泥棒は罰せられる事もなく捕まることもないので、当人は「罪」を犯しているなどという自覚はまるでないのですが、しかし、その分、周囲からの信頼や信用を失っているのです。

これは自分にとって、とてもマイナスな事なのですが、「時間泥棒」は無神経な人が多いので、やはり自分の立場が危ういことにも気が付くことがないのです。

あなたは我が身を振り返り思い当たる事がありますか?

自分で「マズイな〜」と思い当たる事はないのでしょうか?

もし、心当たりがあったなら直ぐに改める事を勧めます。

相手の時間を奪っているのは、自分の信用、信頼を失っている事になるのです。





※皆様、如何でしたでしょうか!?

「あー、こういう人、いてるー!」とか「あー、やってしまってるー!」とか、ありましたか!

“時間泥棒”気をつけましょう。
  


Posted by makishing at 08:58Comments(0)