2017年08月01日

サービス精神って勘違いしてませんか?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【サービス精神って勘違いしていませんか?】を紹介致します。





セミナーで伝えたいことが多すぎて、時間オーバーしてしまうってこと、ありますよね?

タチが悪いことに、同じ価格でたくさんのことが聞けるからと、サービス精神と勘違いしている講師も多いです。

これ間違いです。

セミナーの販売ページの中で「この時間中にこれだけを伝える」とお客さんに約束をしているわけです。

お客さんはセミナーの終わり時間を見越して次のアポイントをいれているかもしれません。

そのために途中で抜けて聞けない部分があったら、それはお客さんが悪いのでしょうか?

どう考えても講師ですよね?

つまり時間オーバーとは、お客さんとの約束を破っているのと同義。

商品を納品していないのと全く同じです。

もちろん人間ですから、多少の時間の前後はあるでしょう。しかし、それが常態化しているならプロとはいえません。

はじめから開催時間を増やすか、伝える内容を絞るべきでしょう。

「セミナーの開催時間はお客さんとの「約束」である。」
「お客さんの大切な時間(=命)を数時間預けてもらった」

プロとしてセミナーをするなら、これくらいの意識はもっておくべきです。





※セミナー・研修・講義等で、時間オーバーをする人は、確かに居ます。

自分自身の自戒としても、しっかり意識します。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:11Comments(0)