2017年09月04日

農家と飲食店が「つながるメリット」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【農家と飲食店が「つながるメリット」】を紹介致します。





1.農家と飲食店をつなぐ


先日お会いした方、野菜の生産者と飲食店を結ぶ仕事をされていました。
Http://www.mogu.farm/

お話を聞くと面白かったです。


飲食店さんが朝6時までにネットで注文すると、その日のうちに野菜がお店に届く仕組み。

珍しい野菜も多く扱っているところが人気のようです。

卸売市場で仕入れることができる野菜も扱っていて、こちらは市場よりは少し高めの値段設定。

それでも受け入れられているとのこと。




2.飲食店のメリット


話を聞きながら飲食店さんのメリットを考えていました。

まず便利。仕入れに行く必要がない。
信頼関係があれば、品質も問題にならないのでしょう。

次に在庫。たくさん仕入れなくても大丈夫。
野菜が傷むとか、ロスとか気にしなくても大丈夫です。

そして設備。冷蔵庫とか小さくても大丈夫。
場所も設備投資も、ランニングコストも減りそうです。

思いついたのはこれぐらい。


仕入れ値は高くなっても、結果としてコストダウンできるように思います。




3.つながるメリット


一方で、野菜を作る人のメリットは、どんな野菜をつくったらいいのか。高く売れるのか。
その野菜はどうやって育てるのか。

そんなところを教えてもらえるようです。


生産者と飲食店。
つながることでお互いにメリットがあります。

つなげることが喜ばれています。



さて、皆様は、誰とつながれそうですか?
お互いにどんなメリットが生まれそうですか?





※農家と飲食店や農家と小売店が近い関係になってきているように、私も感じています。

スーパーマーケットに行くと、野菜や果物の売り場で、生産者が顔写真付きで紹介されています。

これからは、より『どこの誰がどんな方法で』という、こだわりが商売をする上での差別化に繋がっていくと思います。

今回の飲食店も、見事にそれを実践しています。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:16Comments(0)