2017年10月17日

カフェのようなウナギ屋さん


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【カフェのようなウナギ屋さん】を紹介致します。





今日のお昼は少し時間があったので、近くにあるウナギ屋さんに行きました。


なかなか評判が良くて、前から一度行ってみたかったのです。


で、結論は、、、


おいしかったです。身は柔らかく、ご飯とも合っています。


しかしながら気になったことがあり、、、


何かというとですね、そのお店の作りが、まるでカフェのようなのです。


外から見ると和風なんですが、中は白塗りのコンクリートで、木製の白いテーブルと椅子。


オシャレな天井からは、柔らかい秋の日差しが、、、。


こ、ここでウナギを食べるのか、、、汗


と思うような内装です。


やっぱり、先入観ってあると思うんですよ。


・ウナギは座敷で食べたい


・フレンチは洒落た内装で


・イタリアンは気取らず、、、


まあ、こんなのはステレオタイプだから関係ない、という意見もあるでしょうが、やはり「らしさ」は必要ですね。


ハズしのテクニックを使うにしても、やりすぎるとイタいです。


ファッションと同じ。


コーチやコンサルも、お客さんの持っている期待値とか先入観をよくわかった上で、自分の売り方を考える必要がありますね。


・コーチってこんな人


・コンサルだったら、こう言うだろう


・カウンセラーさんなら〇〇してくれるはず


これにぴったり合わせるのか、ハズすとしたら、何をどの程度ハズすのがベストなのか、、、


自分の「こだわり」は脇に置いて、クールに考えたいですね。


このウナギ屋さん、おいしかったけどお客さんは私だけでした(汗)


応援したいからまた行くと思いますけど、商売的にはキビシイかなあ、、、


皆さんは、お客さんの期待値をわかってますか?





※お客様の期待を、どうやって良いほうに外せばいいか・・

これは、当たりはずれがあると、私も思います。

先日の『“したことない”を減らす』という観点だと、やってみて上手くいかなければ、元に戻したり変えたらいいと思います。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:16Comments(0)