2017年12月11日

商品自動運搬ロボ、ニトリ茨木の物流施設に導入


今日は、12月2日読売新聞から【商品自動運搬ロボ、ニトリ茨木の物流施設に導入】を紹介致します。





家具製造販売大手のニトリホールディングスは(12月)1日、大阪府茨木市の物流施設に、人口知能(AI)を活用した自動運搬システムを導入し、報道陣に公開した。消費者が通販で注文した商品をロボットが取りに行き、荷詰め担当の作業員の所まで運んでくれる。

ロボット(縦67?、横97?、高さ38?)はインドのメーカー製で、79台導入。約6600平方mのフロアで目的の商品が入った棚の下に潜り込み、棚ごと作業員の所に運ぶ。小型家具など約8割の商品に対応できる。

人が商品を探し回る必要がないため出荷効率は約4倍に上がり、1日あたり44人分の作業量を軽減できるという。施設を運営する子会社・ホームロジスティクスの松浦学社長は「人手不足は深刻だが、最新技術の活用で作業効率を高めたい」と話した。





※「物流の分野も、とうとうここまで来た」と、感じずにはいられませんでした。

今後、AIの知能は、どこまで進化するのでしょうか!?

あと、個人的に食いついた部分は、この商品が‘インド製’であるところです。
  


Posted by makishing at 06:05Comments(0)

2017年12月10日

慈しみ練習


今日は、数日前のランチ会で、変わった名刺をお持ちの方にお会いしました。

その方の大きめの名刺の中に書かれていた【慈しみ練習】という内容を、許可を頂きましたので、紹介致します。





【慈しみ練習】



自分に正直になることは、他者をやさしく思いやることへとつながります。

目的:世界に思いやりの気持ちを増大させる。

期待される成果:心の平和。

やり方:この練習は、人が集まるところであればどんな場所でもできます。(空港、ショッピング・センター、公園、海岸など)。

目立たないよう少し離れた場所から、見知らぬ他人に対して行うようにしてください。



ステップ1 その人に注意を向けながら、自分にこう言ってください:「まるで私のよう。この人も人生の幸せを探している」

ステップ2 その人に注意を向けながら、自分にこう言ってください:「まるで私のよう。この人も人生の苦しみから逃れようとしている」

ステップ3 その人に注意を向けながら、自分にこう言ってください:「まるで私のよう。この人も悲しみや、孤独、絶望を知っている」

ステップ4 その人に注意を向けながら、自分にこう言ってください:「まるで私のよう。この人も自分のニーズを満たそうとしている」

ステップ5 その人に注意を向けながら、自分にこう言ってください:「まるで私のよう。この人も人生について学んでいる」



慈しみ練習のバリエーション:

1.カップルや家族の者同士が、お互いの理解を深めるために行う。
2.自分の記憶にまだ存在している長年の敵や、敵対者に対して行う。
3.地球外の生命体に対して行う。



これはハリー・パルマー著「リサーフェシング 意識を探検するテクニック」の中にある30の練習のうちの1つです。





※如何でしたでしょうか?!

このような練習方法があったとは、全く知りませんでした。

心の平和を常に携えて、沢山の人を思いやることにつながるよう、これをやってみようと思います。
  


Posted by makishing at 08:51Comments(0)

2017年12月09日

アイス4商品値上げ


今日は、12月2日読売新聞の経済欄から【アイス4商品値上げ】を紹介致します。





森永乳業は(12月)1日、アイスクリームの「ピノ」「パルム」など4商品について、来年3月1日出荷分から希望小売価格を10%引き上げると発表した。

生クリームなどの原料価格や包装資材が高騰しているためで、森永乳業がアイスクリームを値上げするのは2015年以来という。





※アイスクリーム好きな私は、この2アイテムも大好きです。

メーカーにとって、原材料の高騰は、時期により避けて通れないですね。
  


Posted by makishing at 06:11Comments(0)

2017年12月08日

待ち時間


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【待ち時間】(元のテーマ:移動してない移動時間)を紹介致します。





【待ち時間】



考えたのは
待ち時間。


・電車やバスの待ち時間
・パソコンが立ち上がるまでの時間
・やること、やり方を思い出す時間
・探す時間、検索する時間
・カバンから取り出す時間
・商品が出てくるまでの時間
・例会が始まるまでの時間
・人を待つ時間
・やり始めるまでの時間
・苦手なことを「やるぞ!」って思う時間


単なる待ち時間は、
他のことをすればいいのかな。


決意するまでの時間は
どうしよう?



「移動してない移動時間」でした。

待ち時間、予想よりたくさん思いつきました。
たくさん待ってるんですね。





※‘待ち時間’をいかに待つか・・・

この隙間の時間を、有効活用したいですね!

皆様は、どんなふうに、使っていますか?
  


Posted by makishing at 06:00Comments(0)

2017年12月07日

仕事における良心


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【仕事における良心】を紹介致します。





【仕事における良心】



渡部昇一さんの「人生を創る言葉」(致知出版)から。

ひとりの大工のお話です。


ある裁判官が自分の家の板塀をつくろうとして「材料はこちら持ち、1ドル半の手間賃で、こしらえてもらいたいと」広告を出した。
なかなかこの条件で引き受ける人はいなかったが、ようやく一人やりましょうと手を挙げた。
この裁判官が「荒削りでいいよ。1ドル半しか出さないのだから」というと「よろしゅうございます」と承知して仕事に取り掛かった。
仕事の様子を見ると実に丁寧に念には念を入れてきれいに削っている。
裁判官が役所に行って帰ってくると板塀がちゃんと出来上がっていた。
しかも立派なものだった。これならもう半ドル増しにしてくれと言うに違いないと思ったので、裁判官は先手を打ってこう話しかけた。
「どうも念の入れ過ぎだなあ。こんなに丁寧にしてくれと頼まなかったはずだが」
「丁寧にしては悪かったですか」
「別に悪い訳じゃないが、いくら念を入れてしてくれても約束通りにしか払わないよ」
「はい、結構です」
「こんなに手間をかけて損ではないか」
「損は損かもしれませんが、安いからといって仕事を粗末にすると、賃金を損した上に、自分の良心を損しなければなりません。大工として仕事をする以上、仕事に精魂打ち込んで自分でよくできたと満足しないと私の気が済みません。賃金が安いからといって、いい加減な仕事をすると賃金を損した上に、私の性根まで損しますので」

これを聞いた裁判官はいい心掛けの大工だと、その後裁判所を建てるときに、最も信用ある大工として、この者を推薦したという。


渡部さんも同じような経験があるということでエピソードを紹介しています。


近所の人が家を建てた時にある工務店に頼んだところ、ちゃんとした立派な家ができた。
その代金を精算する時にこの工務店は「この額で請け負いましたが、余りましたので」と何十万円も返してきたといって驚いたというお話です。
それでその家の人が気に入って渡部さんの家を建て替える時に「あの工務店はいいですよ」と推薦されたという。

日本には「損して得とれ」という言葉があるが、先に損しても、それが巡りめぐって大きな得を連れてくるというのは現実にあるようだ。
ただ、最初から"得"を期待していてはダメで、この大工のように「手を抜くと自分の気持ちが悪い」と言って一生懸命に働く心掛けが大切。

そういう姿勢を見ている人がいて、密かに評価してくれている。
それが何かの機会に得となって戻ってくるかもしれない。


以上が渡部さんの本からの抜粋です。

誰かに評価されたいとかほめられたいとか、他人の目ばかり気にしていてはダメですね。
自分が今置かれたところで、精一杯の役割を果たしているか。
そう自問して、大丈夫、一生懸命やっていると自答できる。

評価されるからやる、されないならやらない、では自身の成長にも繋がらないような気がします。

私も自分が生かされていることを自覚し、自分ができることを精一杯取り組んでいきたいと思います。





※頂いたお仕事を精一杯やる事こそが、ベストだと考えます。

仕事に優劣をつけず、一つずつ丁寧にさせて頂きたいと、思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:56Comments(0)

2017年12月06日

Mー1王者、とろサーモンの「ちょっといい話」


今日は、インターネットのヤフーニュースから【Mー1王者、とろサーモンの「ちょっといい話」】を紹介致します。





漫才日本一決定戦「Mー1グランプリ 2017」の審査員を務めた春風亭小朝が(12月)4日、ブログを更新。テレビには映らなかった、とろサーモンの“ちょっといい話”を披露した。

小朝は「本番直前の顔合わせで審査員の皆さんがこれほど緊張していたのは初めてです」「Mー1は人生を変えますからね」と、出場者のみならず、審査員も相当な緊張感で審査に挑んだと振り返った。

決勝に残った3組以外では「ジャルジャルさんは、クジ運が悪くてちょっと気の毒でしたね」と同情。優勝候補のミキと和牛が続いた後にCMが入り、客席の温度が下がり緊張感が緩んだといい「そこからまた盛り上がるのってひと苦労なんです」と解説した。

最後に「おしまいに、ここだけの話をひとつ」と切り出すと、決定戦後、審査員が投票を済ませた後のCM中の会場の様子を報告。

決勝の3組と司会の今田耕司がステージにそろい、今田が観客に向かって「長時間お付き合い下さってありがとうございました」とお礼を述べた際、「その時、一人だけ深々と頭を下げた人がおりました」という。

また今田が「今日はいいお客さんにも助けられました」と言うと、「その人が何度も大きく頷いたんですよね」とつづった。

「この部分はOAされていませんので、Mー1に出られたことや、やりやすくしてくれたお客さんに対して本当に感謝していたんだと思います。実は僕、その姿を見た時に気持ちが伝わってジーンとしちゃったんですよ」と、その芸人の姿に胸を打たれたという。

「それが、とろサーモンの久保田さんでした」と最後に種明かし。そんな、とろサーモンが優勝したことが嬉しくて仕方ないようで「とろサーモンの今後の活躍に期待しましょう」ともつづっていた。





※私からすると、意外な姿を、CM中に久保田さんは見せてくれたのですね。

漫才中やOA中の彼の姿からは、想像出来ませんでした。

今回私は、とろサーモン以外の漫才師さんを応援していました。しかし、春風亭小朝さんのブログの事を知って、とろサーモンが好きになりました。

とろサーモン、優勝おめでとうございます!
  


Posted by makishing at 06:20Comments(0)

2017年12月05日

千趣会退職希望134人


今日は、12月2日読売新聞の経済欄から【千趣会退職希望134人】を紹介致します。





カタログ通販大手の千趣会は(12月)1日、募集50人の希望退職に、約2.7倍の134人が応じたと発表した。

全従業員の14.5%に相当し、来年2月末までに退職する。

2017年12月期連結決算に割り増し退職金など約15億円の特別損失を計上する。





※カタログ通販業界は、時代の変化の影響を、もろに受けているようです。

しかしながら、希望退職敢行の怖さを象徴するような記事です。

会社組織にとって『時代の変化は、常にナマモノであること』を、叩き込んでおかねばならないのだと、痛切に感じずにはいられないです。
  


Posted by makishing at 05:57Comments(0)

2017年12月04日

営業界の“即決戦隊スタートマン”


今日は、今年知り合った、即決営業メソッドでお馴染みの、堀口龍介さんの著書『即決営業 〜もう「考えます」とは言われない!〜 』(サンマーク出版)の中から【営業界の“即決戦隊スタートマン”】を一部分、紹介致します。





営業マンの仕事とは、お客様の悩み解決のための行動、もしくは願望や夢を叶えるための行動をいち早くスタートさせることなのです。

これを私(著者)は、「即決戦隊スタートマン理論」と呼んでいます。営業マンとは、スタートできないお客様を助けるヒーローなのです。

戦隊ものの多くは五人で結成されますが、営業マンは一人。しかし役割は五つです。



〓お客様に無害な存在であることをアピールしながら近づく、アプローチ グリーン

〓お客様がこのままでは不幸な未来に突き進んでいると警告する、プレゼン イエロー

〓契約しないあなたはおかしいとレッドカードを突きつける、クロージング レッド

〓お客様の断り文句を受け止め、うまい切り返しで説得をする、ディベート ブルー

〓契約を決断したお客様の傷を癒し、不安な気持ちを消し去る、フォローアップ ピンク



これら五役を一人で行うことで、お客様を即決に導く。それが「即決戦隊スタートマン」です。スタートマンの武器は、そう、営業マンが扱っている商品です。





※如何でしたでしょうか!?

すごく面白くて、ずば抜けて勉強になり、とっても楽しい‘即決営業バイブル’です。

これからも、本文中の内容を、いくつか紹介してまいります。

宜しくお願い致します。
  


Posted by makishing at 05:56Comments(0)

2017年12月03日

美容整形していると聞いて驚く有名人ランキング


今日は、ヤフーニュースの〔みんなの声〕の中で【美容整形していると聞いて驚く有名人ランキング】が載っていましたので、紹介致します。





1位:藤本敏史『鼻にヒアルロン酸注入、ほくろ除去』

2位:ジミー大西『アゴ削り』

3位:西川史子『ほうれい線にヒアルロン酸注入』

4位:バービー(フォーリンラブ)『肌の凹凸を修正』

5位:池乃めだか『目などをプチ整形』

6位:吉田明世(TBSアナウンサー)『太ももに脂肪溶解注射』

7位:おたけ(ジャングルポケット)『目と顎に整形手術』

8位:浜田ブリトニー『美容整形で目を二重に』

9位:中田敦彦(オリエンタルラジオ)『番組企画で手相を整形』

10位:室井佑月『目の下をプチ整形』





※さて、皆様は、この面々をご覧になられて、どうでしたでしょうか?

「意外だなぁー」と思う人や「まぁ、そうだろうな〜」と思う人、あとは「なんで、してんの?!」と思う人。

いろいろです。みんな、価値観が違うことが見えるので、面白いですね。
  


Posted by makishing at 08:07Comments(0)

2017年12月02日

百害あって一利なし


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【百害あって 一利なし】を紹介致します。





金曜日の夜、特に予定もないくせに、友人から飲みに行こうと誘われて返事を保留した、、、 あなたには、こんな経験はありませんか?

他の予定など入ってこないことがわかっているのに返事を先延ばしすること。 これは“優柔不断”といわれるものです。 さっさと行動起こせば悩むこともないのに、何故かためらってしまう、そしてストレスが溜まっていく。 案外多くの人が、この優柔不断によるストレスに晒されているのではないかと思います。

なので、即決即断ができる人は「生まれつきだ」と思っている人がいますが実はそうではありません。 優柔不断なのは、決断を下す能力がないのではなく、自らの意思で決断を下したくない。
こう思っているのが真実です。

ではなぜこのような決断したくない症候群に苦しむのか?それは決断を避けると、一緒の安心を感じられるからだと思います。

人は不思議なことに決断を保留すると、どういうわけか時間が止まり、現状を維持できると勘違いしてしまいます。
しかし実際には、時間が止まることなどありませんし問題があればそれが勝手に解決するなどという都合の良いことも起こりません。

決断を避けることは、ほんの少しも問題の解決には役に立たないだけでなく、むしろ事態が悪化するケースの方が多いのではないかと思います。



●人が優柔不断に陥る理由

ではなぜ人は、こうも優柔不断になってしまうのか? それは、、、優柔不断のほとんどが恐れから生じるからです。 決断を下すことによって、間違いを選択することを避けようとする心理が人間には働いていると思います。 そして決断を失敗するケースは3つあり、1つは間違った決断を下すこと。 もう1つは悪い決断を下すこと。
そして最後が決断を下さないという決断です。
この中で幾分マシなのが、最初の間違った決断を下すことでしょう。 あなたが事実をよく精査し、熟考した結果、選んだ選択肢が間違いであった場合。 これはよくあることですが、実はそれほど悪い決断では無いのです。 間違った決断は、選択したものがたまたま最善の一手ではなかったというだけであり、何よりも貴重なフィードバックが手に入ります。 すると次には、前回より自信を持って決断を下すことができるので、あなたは確実に一歩前進したことになるでしょう。
ですから、間違った決断をすることはそれほど悪いことでは無いのです。 そして悪い決断というものは、不確かなデータなど事実に基づかない判断をし、さらにそこに根拠の無い推測や恐れから行ってしまった決断です。
悪い決断から、良い結果が出ることなど、滅多になく大概の場合、後悔する結果が多いでしょう。 そして、この決断の場合、最大の弊害はあなたが学べることがないという点になるのです。 しかしながら、良い面が全くないわけでもありません。

それは、少なくとも決断を下したのは事実であって、あなたには決断を下せることができるのだと言えるからです。
そして最後の決断を下さない決断ですが、、、
これが最悪の決断であり、 間違いや悪手を恐れた場合この判断をしてしまう人が非常に多いと思います。
決断を下さいないのは、行動しないと言うことであり一切の結果がありません。 つまり、手に入るものは何もないということです。



●優柔不断は、あなたからチャンスを奪っている

優柔不断の誘惑に負け、前進するのをやめればあなたは何一つ手にできないままであり、 仕事もストレスも溜まっていくだけであり自信をなくし、自分が嫌になっていくでしょう。 そして、「何かを避けたい約束したくない」という心の根底にあるのは「もしかするともっと良いことが起こるかも?
そしてそのチャンスを逃したら、きっと後悔するかもしれない、、、」と考えているからかもしれません。
しかし、人間の一生で偶然のチャンスなど起こることなどほとんど無いといえるのであり、 偶然のチャンスに一生期待していると結婚のような重大な決断だけでなく「今日の夕飯は何にしよう?」といった些細な決断でさえ決められなくなっていくでしょう。

このように先の伸ばし癖の優柔不断は百害あって一利なしであり、あなたは偶然の幸せなどとは一生、関係など無いのです。





※何事にもスピード感は、非常に重要です。

後々、後悔しない決断を、即断で速決しましょう。

速いに越したこと、ないですから。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:21Comments(0)

2017年12月01日

既読スルーする人たちへ



【既読スルーする人たちへ】



ここ数年の変化から


日常連絡方法は


文字の情報中心の


SNSが主役の座




しかし
利便の
反動で


『嫌な内容』
『避けたい情報』
『気乗りしない連絡』


こうした時の対応を


既読スルーで
済ます人




これは
流行りか
風潮か


はたまた
現代の
スタイルか




相手は
用事や
要件が


あるから
お便り
やっている


そこの
ところの
配慮なり


気持ちや
心を




推しはかれ!
  


Posted by makishing at 06:01Comments(0)