2018年09月21日

人気商品の作り方


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【人気商品の作り方】を紹介致します。





【人気商品の作り方】



先日、大阪産業創造館のメルマガで下記の記事を見つけ面白く読みました。以下抜粋です。


「身体を温めるおでんや鍋の美味しい季節になりました。
世の中にはオモシロい商品があるもので、先日「遊べる本屋」というコンセプトで本だけでなく、オモシロ雑貨を扱うヴィレッジヴァンガードに行った時のこと。
「おでん入浴剤」なるものを発見。
まるで自分が具材になった気分が味わえる新感覚の入浴剤だそうで、他にもラーメン、味噌汁、チゲ鍋、カレーなど、いろんなメニューがラインナップされているではありませんか。

こんなの誰が買うの!?と思いきや、2016年11月に発売後、累計6万個を販売しているというから驚きです。

ちなみにこの食べ物系入浴剤は、同社の社内商品企画コンペ「天下一武道会」から誕生したそうです。

入浴剤というありふれた商品に新しい発想を加えることで、ヒット商品となる・・・。
ゼロから新商品を開発するのは難しいですが、既にある商品の売り方、ターゲット、訴え方を変えることで、廃盤品が人気商品になることもあるのでは?」

以上抜粋。


ここでのキーは
「既にある商品の売り方、ターゲット、訴え方を変えることで、廃盤品が人気商品になることもあるのでは?」

というところです。
売れないなあと嘆くより、ちょっと使い方を変えてみる、何かを付加してみる。
そんなことで既存の商品が様変わりするかもしれません。

アイデアを考えることをやめなければ、可能性は無限なのかもしれません。
面白いものです。





※廃盤品が人気商品に変わる事。これは“成果が出ていない人が出るようになる事”と、実は全く一緒になります。

『売り方・ターゲット・訴え方』を熟考して、善い形に変えていけるか否かです。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:42Comments(2)