2019年05月21日

リストと呼ぶのは失礼?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【リストと呼ぶのは失礼?】を紹介致します。





「リスト」って呼ぶのはどうなの?
こういう人がいます。

確かにお客さん、クライアントって、それぞれ一人一人が生身の人間。

それをリストって呼ぶのは失礼、という考え方もわかります。

が、そういうことを言う人に限って、あんまり稼げてないんですよね。

なんでかというと、「冷徹に数字で見る」という観点が薄いから。

例えば、お金にならないお客さんを対象客に設定してしまって、コピーを書いてしまったとき…

冷徹に数字で見れる人は、成約率が低いから、とコピーを平気で変えます。

けど、お客さんに入れ込む人は「正しいに違いない」とコピーを変えないなんてことがあります。

目の前のお客さんにはしっかりと向き合う。
一方で、数字として、冷徹に判断することも重要です。

この数字で判断する対象として「リスト」という言葉は便利なんじゃないかと。





※私も同感ですが、皆様は、如何でしょうか?

それよりも、気を遣ったほうがいいのが『お客様』を『客』と、呼び捨てみたいに言う表現です。

こちらのほうが、問題だと、私は思います。
  


Posted by makishing at 08:33Comments(0)

2019年05月20日

ビットコインの問題点


今日は、5月6日読売新聞、文化面より【ビットコインの問題点】(本題:1000字でわかる仮想通貨)を文章からいくつかピックアップして紹介致します。




仮想通貨の代表格ともいえるビットコインは、どんな仕組みなのだろうか。

ビットコインの面白いところは、それ自体はネットワーク上で共有される点数表のようなものなのに、そこで確定される権利額に不正がないかどうかチェックするのを、参入も撤退も自由な競争に委ねてしまうところにある。

少し説明しよう。ビットコインでは、一定時間に行われた仮想通貨の移動データを、一つの塊としてまとめて扱い(この塊を「ブロック」と呼ぶ)、このブロックを連ねたものをブロックチェーンと呼んで、それで持ち点を確定する仕組みになっている。すると重要になるのは、書き込まれる支払い指図が、他人に成りすましたものでないか、二重払いになっていないかなどをチェックする機能をどう実現するかだが、それをブロック内のデータから設定される面倒な計算問題を最初に解いた者の判定に委ねるというのが、ビットコインのやり方である。

こうした計算競争への参加の仕方を、地下にある金鉱石の探索にたとえて「マイニング(採掘)」と呼ぶのだが、そんな仕掛けになっていると、マイニング競争に投じられるコストつまり電気代などが仮想通貨の「採掘原価」になって、市場価格が形成されることになる。

ところが、ここが問題なのだが、ビットコインでは、マイニング参加者が増え、短い時間で問題が解かれるようになると、問題の難度が上がり、より多くの電気代を注ぎ込まないと競争に勝てないようなルールになっている。

普通の商品の市場では、需要が増えそうだと、供給も増加するので価格は大きくは上昇しない。ところが、ビットコインでは、需要の増加は、問題の難度を上げるだけで供給を増加させないので、値上がり期待はそのまま自己実現してしまう。この結果、ビットコインの市場価格は、わずかな思惑の変化にも大きく揺れ動くことになる。





※最終的に締めくくっていたのは「大した根拠もなく価格が揺れ動くというビットコインの困った性質は、このルールが生み出したものだといえる」という文章でした。

私の所感ですが、かなり解りやすく解説して頂いている内容でしたが、それでもまだ解らない部分があります(自分の理解力の問題)。

仮想通貨については、リスクとリターンを、理解・納得した上で、利用していきたいものです。
  


Posted by makishing at 07:10Comments(0)

2019年05月19日

「結果にあらわれる」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「結果にあらわれる」】を紹介致します。





【「結果にあらわれる」】



お客さまからお送りいただく日報には、手書きで返信をしています。

タブレットとスタイラスペンで。
※このあたり苦手なので、よくわかりません。
※タブレットに標準装備されていたPDF用のソフトで、
※たまたま手書き文字を入力できました。


活字では伝わらない何かを伝えたくて。
手書きにこだわっています。


手書きで困ることといったら、書いた字を読めるかどうか、漢字があっているかどうか。

という心配事です。


先日、「結果にあらわれる」と書きたくて、


さて、「あらわれる」は


「現」か「表」か?

送り仮名は

「われる」か「れる」か?


迷って、「現われる」
と書いたのですが、間違ってました。



長男の「新レインボー 小学国語辞典」を調べてみたらあらわれる【表れる】(考えや気持ちなどが)しぜんに表に出る。

あらわれる【現れる】(かくれていたすがたや形が)外に出てくる。見えるようになる。

とありますので、漢字は「現」、送り仮名は「れる」が正解のようです。



って、活字で入力して、漢字変換してたらこんなこと調べないですね。


面倒な手書きをしているから、一つ間違った知識を訂正できたということで。


たまには、手書きもお勧めです。


手書きだと、書くことがいろいろ浮かんでくるように思います。





※私は毎日、ノートに手書きで書いています。

手書きがオススメです。すると、良いことが沢山あります。

是非、手書きしてくださいね。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:28Comments(0)

2019年05月18日

世界一グルメな舌を持つ日本人


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【世界一グルメな舌を持つ日本人】を紹介致します。





とある記事で、

日本人は味覚のわからない

味盲の人が人口の3%しかいないそうで

アメリカと比べるとなんと8分の1。



数百円から味・量ともに

満足できるお店があり、

もちろん高級店も。



そしてフレンチやイタリアン、

中華など日本に入ってきて

翻刻を凌ぐほどのクオリティに仕上げたのは

日本人の食への

探究心の強さがなせたことでしょう。



また、

今やラーメンは全世界で大ブーム、

日本食はすでに市民権を得、

味噌や日本酒の輸出量はうなぎ登り。



海外のどこに行っても、

こんなに低価格で美味しくて

高クオリティの食事ができる国は

なかなかありません。



かたや、

お客様の見る目も舌も肥えてるため、

国内ではものすごく厳しい

戦いを強いられている現実。



なかなか価格を上げられない、

人材確保が難しい

原材料費の高騰も

経営者の頭を悩ませます。


そして毎年、

次から次へと新しいお店が開店し、

あっという間に閉店を余儀なくされるお店も・・・。



前職は飲食業だったため、

こうした飲食業界の事情は

なんとも言えない心苦しさを感じていました。



私自身、

今は飲食業界から卒業した身ではありますが、

業界になにか貢献できるようなことだったり、

イノベーションを起こせるようなことに

関われないかと思っていたところ、

すごい出会いがありました。



食文化つながりで・・・

日本に本物のフランス料理をもたらした、

辻静雄の半生を描いた伝記小説が

すごく面白かったので、オススメです!

http://myasp-22.com/l/m/pvJ3QLiZ44AEOF





※私も仕事で、飲食店に訪ね、店主の方々とお話することがあります。

美味しさを競うと、食べる側の要求が高くなります。

業界の方々の、一つでも多くの店の成功を祈念しております。
  


Posted by makishing at 08:01Comments(0)

2019年05月17日

令和(R)1年に関連する商品


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「令和(R)1年に関連する商品」】を紹介致します。





【令和(R)1年に関連する商品】


5月1日より令和の時代が幕を開けました。

令和に関連する商品なども数多く発売されていますが、令和元年にちなんだ限定商品の1つを紹介したいと思います。

その商品とは、株式会社明治から発売されている「明治プロビオヨーグルトR-1」を令和元年=R1年とかけて売り出した令和お祝いボトルです。

<明治プロビオヨーグルトR-1>
https://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt/meiji-r1/

4月1日の新元号発表の直後からSNSなどで令和元年=R1年と表記されることから、明治R-1がさらに注目される年になるのでは?と話題になりました。

パッケージはコンビニやスーパーのヨーグルト売り場でひときわ目立つ真っ赤な色が特徴ですので、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

R−1は、2009年に発売が開始され、インフルエンザの予防効果があるということがメディアなどで発信されて注目される商品となりました。

受験生がいるご家庭などでは手放せない商品と言われています。

もともと株式会社明治はブルガリアヨーグルトで日本のヨーグルト市場を切り開き開拓してきました。

ヨーグルトに関する特許出願を多数を行い、乳酸菌と免疫の関わりについて、多くの研究成果を開示しています。

乳酸菌が免疫を強くして、ウィルス抵抗性を高めることやアレルギー反応を緩和するといった実験結果も発表しています。

R−1ヨーグルトは同社が保有する約4000種類の乳酸菌の中から選び抜かれた「1073R-1」を配合しています。

1073R-1(いちぜろななさんアールワン)乳酸菌は、ブルガリア菌の一種です。

1073R-1は、一般的にキノコや海藻、野菜などの食品に含まれる多糖体を多く産生する特性があります。

食品は薬事法の制約から、効果効能を宣伝で謳うことができません。

広告などで直接効果はPRできませんが、R−1はメディアでたくさん取り上げられたことからファンや口コミが増えていきました。

2018年のヨーグルト市場が約5000億円なのに対して、R-1の売上はなんと約1000億円で20パーセントを占有するにまで至りました。

令和1年=R1年ですから、今年もR−1の快進撃が続くのではないでしょうか。





※元々、人気があった、明治のRー1。

新元号による人気が、更に加速させています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:19Comments(0)

2019年05月16日

アイスクリームには、なぜ、賞味期限がない?


今日は、書籍『子どもの「なんで?」に答えます!』(発行・発売:(株)アントレックス)の中から【アイスクリームには、なぜ、賞味期限がない?】を紹介致します。





【アイスクリームには、なぜ、賞味期限がない?】



A:冷凍庫に保存しておくので、味が悪くなったりしません。



アイスクリームには賞味期限や消費期限を書く必要がありません。

マイナス18度以下での冷凍保存の状態では、微生物は増えないので、品質が悪くなるようなことは、ほとんどないからです。

もし部屋に置きっぱなしにしたら、アイスクリームはとけてしまいます。このようにはっきり変化するので賞味期限や消費期限を書かなくてもよいことになっています。





※アイスクリームに、このようなルールがあるとは、全く知りませんでした。

〔マイナス18度〕という数字、覚えておこうと思います。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:05Comments(0)

2019年05月15日

最後の黒船のリサーチ方法


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【最後の黒船のリサーチ方法】を紹介致します。





テレビ東京のガイアの夜明けを観ていると、、、

最後の黒船として、世界最大級のスポーツ・アウトドア用品メーカー「デカトロン」の日本進出が紹介されていました。


デカトロンは、日本での知名度は低いものの、世界的にはとてもよく知られたメーカーだそうです。

数年前から、日本進出を狙っていたそうですが「日本は競合が多いから市場調査に2年かけた」と、言っていました。


私が、とても印象的だったのは、その市場調査の方法です。


何をしたと思いますか?


競合店に行った?
顧客アンケートをとった?
競合の商品を購入した?


正解は

・・・
・・・
・・・

「市場調査のために、日本でネット販売を2年間した」でした。


私は、「売ってみる」以上に良いリサーチはないと思っています。


新商品や新サービスのイメージができると「いろんな人に話してみます」と言われる方がいます。


話さないよりは、話した方が100倍いいのですが、、、、気をつけなくてはいけないことがあります。


それは、「お金を払わない人の意見は参考にならない」です。


「いいよね」「面白いよね」といくら言ってくれても、お金を全く払わない人もいます。

「ここを直したらよくなると思うよ」
「ここは変えたら魅力的だよ」
とアドバイスをしてくれて実際にそれを直したとしても、全くお金を払わない人もたくさんいます。


こういう人の意見は、いくら聞いても参考になりません。


では、どうすればいいのか?


「いいよね」「面白いよね」と言ってくれたら、「じゃあ、買ってください」と言ってみる。

「ここを直したらよくなると思うよ」とアドバイスをくれる方には、「じゃあ、すぐ直すんで、購入してください」と言ってみる。


その場で、セールスをしてみてください。

売れることが目的ではありません。その一言で、本当の反応がわかりますよ。





※これ‘あるある’ですね。

親しくしている営業の方から「ある方が、周りの人を紹介をしてくれるが、直接購入はしてくれないが、この方が見込み客になるか、一緒に付いてきてください」と依頼を受け、会いに行ったことがあります。

答えは言うまでもないですね。お金を出して買って頂けない方は、本当に目の前の営業の方の成功は、思い願っていない証です。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:20Comments(0)

2019年05月14日

他人任せと他力本願の違いとは!?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【他人任せと他力本願の違いとは!?】を紹介致します。 





他力本願という言葉を知っていますか?
 
他力本願というと、「他人任せ」「他者依存」という意味だと思っていませんか。


実は、本当の意味は全く違うそうなんです。

本当の意味とは、「多くの人を本当の幸せにする願いについては、阿弥陀如来の力が働いて叶う」というような意味だそうです。

つまり、他力とは他人を超えたもっと大きな力のことを言います。
 
私は初めてこの話を聴いたときに「へ〜!!!なるほど!!」と思うと共に、他力本願っていい言葉なんだなぁって感じました。
 
そして、この他力を「今の自分を超えた領域で働いている力」と捉えるならば、何かをスムーズに習得する為には、まさに他力活用をすることが、すごく大切なことだなぁと思いました。


全部自分で何とかしようとする傾向が高い基準で強い場合、そうする!と自分が決めているため、他の人にも無意識に同じ基準を求めてしまう。

それが時には押し付けになってしまうこともあります。


このように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


私は、とても共感しました。

自分に厳しくしている分、他人を厳しい目で見てしまう、評価してしまう。


ですが、それは行き過ぎると、評価を気にしすぎてしまったり、他人に任せることができなくなったりして、自分が苦しくなるだけなんですよね。

「努力の量より選択の質」という言葉がありますが、大切なことは、ただ、たくさんの行動をこなすことではなく、効果的な行動をたくさん行うことです。

つまり、自力に寄り過ぎると、しなくてもいい努力をたくさんしてしまいかねないのです。

もちろん、自力で頑張るというのは大前提です。
何もしなくても奇跡が起こるということではありません。

大切なことは、自力と他力が合わさることと言えるでしょう。
 
  

もし、今何か行き詰まっていると感じるものがあるのであれば、今の自分を超えたところに何かヒントがあるかもしれません。

誰かに相談することや何かを頼ることに抵抗を感じるとしても、今回は思い切って頼ってみてはいかがでしょうか。


自力を超えた、他力の力を感じることができるかもしれません。



何か気づきや学びにつながれば幸いです。





※如何でしたでしょうか?!

私も『他力本願』の本来の意味を、今知りました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:16Comments(0)

2019年05月13日

「東京と並ぶ二極へ先陣」吉村洋文知事


今日は、読売新聞5月5日地域面より【「東京と並ぶ二極へ先陣」吉村洋文知事】の一部を紹介致します。





東京一極集中は、平成の時代に加速しました。東京で大災害が起き、首都機能がまひする恐れもあります。国がすべてをやり切るというのは難しいという視点があるべきです。令和時代は、各都市の力を強める必要があります。世界は都市を強めようとしています。パリもロンドンもそうです。

国内では、まずは大阪が先陣を切って東京と並ぶ二極を担いたい。大阪は関西という歴史あるエリアの中心で力のある街。大阪・関西万博は、神戸や京都など関西の英知が結集されて点と点が面になるような、そんなきっかけになればいいと思います。十分、世界と渡り合えるんじゃないか。衰退する一地方じゃなくて、日本を引っ張る存在、潜在力のある街だという誇りを、みなさんと共有したいですね。





※関東は関西の7〜8倍のマーケットと、言われています。

吉村洋文知事がおっしゃるように、他の地域も独自性・独創性を出して、力を強めると、これから違った日本力を発揮できると思います。

また今日から、新しい一週間の始まりです。

関西の皆様、しっかり力をつけてまいりましょう。
  


Posted by makishing at 06:32Comments(0)

2019年05月12日

「透けて見える」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「透けて見える」】を紹介致します。





【「透けて見える」】



「だいたいの機械は透けて見える」

今週、お客様との話の中で出てきた言葉です。


すごく共感しました。

僕も、透けて見えるプログラムがあります。


「わかる!」

みたいに盛り上がったのですが、皆さんも透けて見えるものがあるんじゃないでしょうか?


料理だったり、経営だったり、人の心理だったり。

専門にされていることや、ずっとやってこられたこと。


機械にしてもプログラムにしても、
「こう動くはず」
「こうじゃないと意味がない」
みたいな機能があるんですね。


だから、こういう動きをする機械にはこういう機能が必ずある、ということが見えてきます。


実際に分解してみたら、
「ほら、やっぱりあっただろ」
みたいになることが多いんです。


こうやって透けて見えるぐらいになると、
「こうだよ!」
って言い切れるようになるのかもしれませんね。


応用すると、小学校のテストとか、読書感想文とか。

こうやったらいい評価をもらえる、というのも透けて見えてきたりします。





※私は、新規のお客様づくりを、ずっとやってきて、今は専門的にしています。

なので、この「透けて見える」は、すごくよく解ります。

この一週間も、様々な仕事に携わっている方々のお話をじっくりお聴きして、透けて見える事を見つけてきました。

もっともっと、沢山の方々のお役に立てるよう、精進してまいります。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:23Comments(0)

2019年05月11日

励ます技術〔「がんばって!」より「がんばっているね」のひと言が響く〕


今日は、おもしろ心理学会が編集、小澤源太郎氏発行、(株)青春出版社発行の『1秒で盗む心理術』より【励ます技術〔「がんばって!」より「がんばっているね」のひと言が響く〕】を紹介致します。





コミュニケーションのとり方で意外とむずかしいのが“励まし”方です。もっともよく使われる励まし方に「がんばって!」というフレーズがありますが、すでにがんばっている人に対して使うと、もうこれ以上はがんばれない、勝手なことを言わないでほしい・・と、かえって気持ちを逆なでしてしまうことがあります。

というのも、こういう人はもともとがんばり屋さんが多いからです。本人が〇〇をやりたいという動機を持ってすでに努力を重ねてきているので、周囲から「がんばって!」と言われたところでやる気が改めて出るわけでもありません。よけいなことを言うなと、敬遠されるのがオチなのです。

また、積極的にがんばっている人でなくても、うかつに「がんばれ」とは言わないほうがいいでしょう。

たとえば、荷が重い仕事に取り組んでいる部下に「がんばれ」と言ってしまうと、「オレにこんな面倒な仕事を押しつけた当人が“がんばれ”って言うなんて、無責任な上司だ」と呆れられることにもなりかねません。

では、いったいどういう言葉をかけたらいいかというと、こういうときはがんばれではなく「がんばってるね」と言い換えるだけで相手の気持ちをグッとつかめます。

すでに十分がんばっているので、自分のがんばりを認めてくれた、この人はちゃんと仕事ぶりを見てくれていると感じ入り、信頼を寄せてくれるようになります。

そのうえで、「がんばるのもいいけれど、あまり無理するなよ」と慰労すれば、理解のある上司として再認識されるようになるはずです。この人のためにもっとがんばりたいと、さらにやる気を出してくれるでしょう。





※また、新しい本と、コンビニで出逢いました。

“励ます技術”頂きました!本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:04Comments(0)

2019年05月10日

「海賊王に、俺はなる!」ルフィから学ぶ!


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「海賊王に、俺はなる!」ルフィから学ぶ!】を紹介致します。





私がいまでも、新刊が出ると購入する漫画の1つは、ワンピース、です。

かれこれ、20年ぐらいは読んでいることになります。


あなたが読んだことがないとしても、名前を聞いたことがあったり、キャラクターは知っていたりするのではないでしょうか?

何しろ、累計発行部数が、4億4000万部を突破しているらしいですね。



なぜ、ワンピースは、面白いのか?



キャラクターが豊富。
絵が上手い。
ストーリーがしっかりできている。
友情・努力・勝利のジャンプの黄金の法的式を守っている。

などなど、理由はいくつも考えられますが、、、



私が一番大きい、と考えることは、ちょっと違います。


私が考える人気の秘密は、主人公ルフィの行動原理。


彼の行動原理は、「好き」「やりたい」「面白いそう」だけ。まるで子供のようなんです。


うまくいくか?
勝てるか?
稼げるか?
お宝は手に入るか?

そんなことは関係ない。



私たちは、普段の生活や、ビジネスの中で「うまくいくか?」「これはできるのか?」という行動原理・基準をはずせません。


だから、それを考えずに行動し続けるルフィに対して、無意識の憧れがあるんだと思います。


その憧れを、漫画の中の主人公に託しつづけるのか?

人生の主役である、あなた自身が実行するのか?


後者の方が、断然、オススメですよ。





※「好き」「やりたい」「面白そう」と、直感で感じたら、まずそうしてみる事が、一番ですね!

今日も、勉強になりました。
  


Posted by makishing at 07:10Comments(0)

2019年05月09日

「神戸ビーフ館」訪日客が注目


今日は、日本農業新聞4月30日(火)総合社会面より【「神戸ビーフ館」訪日客が注目】を紹介致します。





神戸市を訪れる訪日外国人(インバウンド)らから人気の高い「神戸ビーフ」の魅力を発信しようと3月、市内にオープンした「神戸ビーフ館」が好評だ。1日100人以上が訪れ、来場者全体の約半数をインバウンドが占める。歴史やおいしさの秘密を伝える展示に加え、本格的な鉄板焼きを味わえるレストランスペースも併設。さまざまな角度から「神戸ビーフ」の魅力を伝える。

館内は、「神戸ビーフ」の定義や、ルーツとなる「但馬牛」の歴史などをパネルや映像で紹介する情報展示コーナーとレストランで構成。インバウンドを意識し、展示物の説明には英語を併記する。スイスから訪れたダムラ・エグニフトさんは「『神戸ビーフ』は知っているが、来るのは初めて」と話し、枝肉の断面を表した展示を熱心に撮影していた。

開館時間は午前11時半〜午後9時で、入場は無料。不定休。食肉事業者らでつくる兵庫県食肉事業協同組合連合会が運営する。大型連休向けの特別企画として、5月中は肉の部位をパズルで学べる牛の模型を設置する。





※神戸牛は、知っていましたが、このような施設があるのは、初めて知りました。

機会をつくって、行ってみたいと思います。
  


Posted by makishing at 07:54Comments(0)

2019年05月08日

人事部ではなく「人自部」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【人事部ではなく「人自部」】を紹介致します。





皆さんは、ZOZOタウンを利用したことはありますか?

大手アパレル通販サイトとしてとても有名なので、利用したことはなくても、名前は聞かれたことがあるかもしれませんね。

このサイトを運営している会社の人事制度が、とてもユニークなんです。

ZOZOを運営している会社はスタートトゥデイといいます。

サイトの運営だけではなく人事や人材育成でもいろいろと新しい試みをしている会社です。

たとえば、6時間労働制の「ろくじろう」という制度だったり、会社のある幕張を中心としたエリア内に住む人に月5万円が支給される「幕張手当」であったり、かなり変わった仕組みを持っている会社です。

スタートトゥデイには人事部の代わりに「人自部」という部署があります。

仕事の内容は、一般的な会社で言う「人事部」なのですが、「人のことも自分のことのように考えられる職場環境を作りたい」という思いから「人事」という言葉ではなく「人自」という言葉を使っているそうです。

一見、ただの言葉遊びに見えるかもしれませんが、部署や制度に独自の名前をつけるのも経営者の思いを社員やスタッフに伝えるいい方法の1つだなと思います。





※ネーミングって、とても重要です。

出来た名称を大切に使っていく事で、その中身の意味通りになっていきますね。

本日も、勉強になりました。
  


Posted by makishing at 07:23Comments(0)

2019年05月07日

日大再出発飾る


今日は、読売新聞5月5日スポーツ面より【日大再出発飾る】を紹介致します。





アメリカンフットボール関東大学リーグの日大は(5月)4日、昨年の危険タックル問題により関東学生アメフト連盟から受けた公式試合出場資格停止処分が3月末で解除になってから初のオープン戦に臨んだ。

都内で日体大と対戦し、42-0で快勝した。問題となった反則行為を行い、チームと同様に受けた処分が解除になったDL宮川は脚のけがで出場しなかった。橋詰監督は「ここまでたどり着けたことに感謝したい」と話した。

日大は、昨秋の関東1部上位リーグは不戦敗扱いで最下位となり、今秋は降格した同下位リーグでの再出発となる。





※130年の歴史を誇る、日本大学です。日大フェニックスには、これからフェアプレイで、活躍を期待しています。
  


Posted by makishing at 07:27Comments(0)

2019年05月06日

五月の空を思い出に


今日は、5月5日の読売新聞の全面広告ページから【五月の空を思い出に】を紹介致します。





【五月の空を思い出に】



こどもの記憶は 何才からあるだろう
はじめての家族旅行を 憶えているかな


たくさんの写真も いまなら 動画も
よちよち歩きの思い出は 親たちのものだ


屋根より高く掲げた 鯉のぼりも
色鮮やかなごちそうの その日の食卓も


何才の年までだろう わが家のこどもの日は
だから かけがえのない その一日は


それまでは 五月の空を 泳げ
願いを込めて 家族一緒に その空を泳げ


こんな場所は 世界にふたつとない
こんなに不思議な 幸福な場所は
ほかにない





※そして、最後の一文が『家に帰れば、積水ハウス』とありました。

ハウスメーカーさんのコマーシャルでしたが、「いつまで、こどもの日として、楽しんだかなー」と、考えてしまいました。

それと共に、幼少時代の楽しい日々を、少し回想した、この言葉でした。

皆さまは、どうお感じに、なりましたか?!
  


Posted by makishing at 05:55Comments(0)

2019年05月05日

「チューバッカ」役、メイヒュー氏死去


今日は、5月4日読売新聞社会面より【「チューバッカ」役、メイヒュー氏死去】を紹介致します。





AP通信によると、人気映画『スター・ウォーズ』シリーズで、毛に覆われた戦士チューバッカ役を演じたことで知られる俳優のピーター・メイヒューさんが4月30日、米テキサス州の自宅で死去した。74歳だった。

英国出身で、2メートルを超す身長が決め手となり、1977年のシリーズ1作目から起用された。気は短いが、愛嬌のあるキャラクターを演じた。2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで出演を続け、多くのファンを魅了した。米国人女性と結婚し、05年に米国に帰化していた。





※『スター・ウォーズ』は、幼少時代から大好きな映画です。

チューバッカも、なくてはならない存在でした。

ピーター・メイヒューさんの、ご冥福をお祈り致します。
  


Posted by makishing at 08:05Comments(0)

2019年05月04日

9割赤字の業界で圧倒的な高収益


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【9割赤字の業界で圧倒的な高収益】を紹介致します。





9割の企業が赤字の業界があるのをご存知ですか?

タクシー業界です。

地方のタクシー会社の9割が赤字と言われています。

考えてみると、23区内の移動では、比較的使われることが多いタクシーですが、地方ではあまり使われることがないのかもしれません。

私は愛知出身ですが、名古屋を離れると、車が手放せない地域は多いです。

地元の人は自家用車で移動しているので、タクシーを使う機会は、あまりありません。

ですから、地方のタクシー会社は都会に比べてかなり小さい市場で経営をしているんです。

結果として、赤字に転落してしまう会社が多くなります。

ところが、そんな地方のタクシー業界の中で圧倒的な高収益を上げている会社があります。

それが長野県の中央タクシーさんです。

そんな厳しい、タクシー業界で高収益をあげているのなら、さぞかし厳しいノルマを設定したり細かくドライバーを管理しているのだろう・・・

そう思った方もいたかもしれません。

しかし、実際には、ドライバーに課されたルールは3つだけ。

「雨の日の傘」

「人手によるドアの開け閉め」

「乗車時の自己紹介」

それ以外は、どんなサービスを提供するか?をすべてドライバーに委ねているそうです。

足が不自由なお年寄りは車から玄関までドライバーの方につかまって行くこともあります。

それも、誰が指示したわけでもなくドライバーが自主的に、お手伝いしているのです。

他にも、重い荷物があれば、玄関先までドライバーが運んであげたりすることもあるそうです。

これもドライバーが自発的にしています。

こうしたサービスを提供し続けているので、お客様から感謝のお手紙が会社に沢山届くそうです。

素晴らしいですよね。

しかも、中央タクシーさんは、車両数120台あまりにもかかわらず、売上約13億5,000万円。

県内ナンバー1の売上実績(2016年度)を誇ります。

タクシー1台あたりの売上でみると、地元の相場は月に40万円。

中央タクシーさんは100万円で他社の約2.5倍です。

中央タクシーさんは、いいサービスを提供して、お客様から感謝され、高収益を上げているという理想的な経営をされています。

その結果、タクシー業界の平均離職率が20〜30%と言われる中、中央タクシーさんでは、1.5%という驚異的な定着率を実現しています。

それでは今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。





※何かと問題も少なくないタクシー業界の中で、このタクシー会社さんは、素晴らしいです。

『何をすると、喜んでくれるのか』の原点が、ここにもあるように感じました。
  


Posted by makishing at 08:14Comments(0)

2019年05月03日

弁護士さんに聞きました!愛犬トラブル110 番!?『散歩のルール』


今日は、人と犬・愛犬笑顔の日普及事務局発行編集の〔smiledog withcat anniversary magazine 2019春夏号 〕の中から【弁護士さんに聞きました!愛犬トラブル110番!?『散歩のルール』】を、一部を割愛して紹介致します。





〜 他人事とは限らない!覚えておこうペット法学! 〜



Q:私は大型犬を飼っています。私の言うことを聞く賢い犬なので、散歩で公園にきたときはリードを外しています。公園の中なので、ノーリードでも問題ないでしょうか。



A:環境省が定める飼育基準には、犬を屋外で運動させるときは原則として「引き運動」により行うこととされています。また、東京都、大阪府、兵庫県など自治体の条例によっては、犬は係留(綱などでつないでおくこと)しなければならないとされ、違反者に対する罰則も定められています。

確かに、あなたの犬はおとなしいかもしれず、また、リードを外して犬を自由にさせてやりたい気持ちがあるとしても世の中には犬が好きな人ばかりでなく、小さな犬であっても怖がる人はいます。急な犬の動きにびっくりして、年配の方などが転倒してケガをするかもしれません。ノーリードの場合、被害者に対する民事上の損害賠償責任を免れることはまず不可能です。

ノーリードは、国の基準や自治体の条例で原則禁止されていること、損害保険のリスクが高いことなどから、公園内であってもすべきではないと考えます。公園は公共施設として老若男女様々な人が訪れる場所であり、他者とのトラブルの原因となる可能性がありますので、少なくとも推奨されるものではありません。





※犬を飼っている人からすると、気持ちは解らないではないですが、やはり、言葉でコミュニケーションを取っていないので、散歩のルールとしては、こうなるのでしょう。

ゴールデンウィーク後半の今日も、一日いい天気になりそうです。ルールを守ってトラブルのないように、過ごしましょう。
  


Posted by makishing at 08:52Comments(0)

2019年05月02日

乗車率


今日は、母からもらったメールから【乗車率】を紹介致します。





新幹線乗車率の計測方法
知ってる?

駅員さんが列車の窓から人数を数えるんだって。

自由席の車輌のみ。

指定席はパソコン?に載ってるから…数えなくて良い。

取材の為、駅に行っていたアナウンサーが言うてた。





※長い連休も、後半がスタートしました。

帰省などで、新幹線の利用も多いと思います。

こんな‘原始的な’乗車率の計算だとは、全く知りませんでした。

ホームの駅員さん、今日も、頑張ってください!
  


Posted by makishing at 07:31Comments(0)