2020年02月21日

なくならないもの


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【なくならないもの】を紹介致します。





【なくならないもの】


いつもの致知出版のメルマガから。

『子どもと声に出して読みたい「実語教」』(齋藤孝氏・著)の抜粋が紹介されていました。

自らに蓄積されたものは、自分だけのもので、取られることも失くすこともない。
いろんな経験~いい経験、嫌な経験も自
分の財産と考える。

学んだことも同じ。人から盗まれることはない。学んだ自分だけのもの。
どう活用するかも自分次第。
それなら、いろんなことに挑戦すればいいし、学んだ方がいい。

たやすい道、困難な道、この2つの道があれば難しい方を敢えて選ぶ。
豊かな人生を積み重ねるにはそう言う判断もあると思います。


━━━━━━━━━━━

倉の内の財は朽つること有り。
身の内の才は朽つること無し。

千両の金(こがね)を積むといえども、
一日の学にはしかず。


【現代語訳】
倉の中に大切にしまっておいた財産でも、なくなることがあります。
しかし、一度身についた智恵や能力はなくなることがありません。

いくら大金を積んでも、一日一日の学びには及ばないのです。





※私も日々『一度、身に付いたモノは、離れない』と、伝えています。

自転車・バイク・車の運転などが、いい例ですね。

かけがえのないモノを、鍛練で創っていきましょう。  


Posted by makishing at 08:11Comments(0)

2020年02月20日

いい会社の共通点


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【いい会社の共通点】を紹介致します。





企業訪問に行ってきました。

今回伺ったのは、ITベンチャー企業の「Talk Note」さん。

社内コミュニケーションを円滑にするツールを提供している企業です。

企業訪問するようになって「いい会社」には共通点があると感じます。

Talk Noteさんもそうだったんですが、それは何かと言うと・・・


・社員の人達同士が仲が良い

・社外イベントがたくさんある

・社長との距離が近い

・雰囲気が明るい

・積極的な発言がある

・個々のやりたいこと、ビジョンの共有ができている


これはいい会社によく見られる共通点です。


ちなみに、良くない会社も驚くほど共通点があります・・・。


Talk Noteさんの企業訪問では会社の取り組み紹介に加え、新卒の社員の方を交えたランチタイムもあり、それもとっても有意義でした。


入社2年目の子が私の横に座ってくれたのですが、びっくりするくらい、会社の理念が浸透していて、しかも発言もしっかりしている。

これってスゴイことだと思うんですよね。


去年、伊那食品工業さんに訪問しましたが、既視感を覚えました。

そして経営陣のお話を伺うのも、とても勉強になるのですが、社員の方のお話はまた違ったリアルを感じることができてそれがとても学びが深いです。


もし、あなたが「いい会社を作りたい!」と思っていらっしゃったら、いい会社を訪問してみるのが一番近道ですよ。





※やはり、いい会社には、共通点があるのですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 12:02Comments(0)

2020年02月19日

NHK朝ドラ『スカーレット』は、色名?


今日は、四季折々の言葉と一緒に、素敵なメルマガを送ってくださる方の内容の中から【NHK朝ドラ『スカーレット』は、色名?】を紹介致します。





NHK朝ドラ『スカーレット』の“スカーレット”が色名なのをご存知でしたか。

ルビーレッドより少し明るい「緋色」で
「炎の色」ともいわれます。

ドラマでは穴窯で「土と炎」によって焼き締めの力強い作品を誕生させていましたが、何度も窯の温度や置く場所を変えては記録して、試行錯誤を繰り返していた姿が印象的でした。

全てが「偶然の産物」でないことがよくわかります。


 ①備前焼作家 森陶岳氏「思いつき一切なし、うまくいくための必然をつくる」
 ②上皇陛下の執刀医 天野篤氏「うまくいく偶然を作るのではなく、うまくいく必然をつくる。ふだん通りにすれば、ふだん通りの結果がでる」


ドラマを観ながら同じことを仰っている方の言葉を思い出した次第です。





※「偶然は必然」と、言われています。

その時、そのタイミングで起こる出来事は、必然だと思います。

今日一日、思いがけない事が起こったら、そのように受け止めましょう。  


Posted by makishing at 07:54Comments(0)

2020年02月18日

すんごい金持ちの面白くない趣味


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【すんごい金持ちの面白くない趣味 】を紹介致します。





私がまだまだ駆け出しの頃、ビジネスで大成功した、すごい金持ちにお会いしました。

家に招待されたのですが、趣味の話になりました。

その流れで、見せたいものがあると言われついていくと…

ワンルームマンションほどの広さの部屋に、時計がビッシリ!!

時計に詳しくない私でも、めっちゃ高いのがわかる時計が
並んでいます。

で、彼がやり始めたのは、手巻きの時計のリューズを巻く作業。

手巻きの時計は横のリューズを定期的に巻かないと止まります。

それを手作業で黙々と巻いていくわけです。

何十分くらいやっていたでしょうか…
(もしかすると5分くらいだったのかもしれません。)

「これをやってる時が至福のとき」とお金持ち。

それを見て私は、時計を巻くのに1日何十分も使う人生って…というのが正直な感想でした。

で、お金を持つこと自体が幸せにはつながらないんだな…とはじめて認識した瞬間でした。

今考えれば、彼は本当に幸せそうだったんです。

だから、彼は彼の生き方として、受容すればよかった。

けれど、若い私はそれができなかった。

今になって、お金に対する考え方を変えてくれたこの方には感謝しないといけないなって思っています。

それはともかく、あなたはお金を稼いで本当に得たい幸せってなんですか?

普段から考えていると思います。けど、何度でも考えてもいいことです。

これをきっかけにぜひ、考えてみてください。





※『お金を稼いで、本当に得たい幸せ』は、深いです。

私たちが使うお金で、一番高い単位の一万円は、20円~22円で作られる紙です。

それを集めて、何が得たいのかを、しっかり考えていきましょう。
  


Posted by makishing at 07:32Comments(0)

2020年02月17日

インド新車販売8%減


今日は、日本経済新聞2月11日(火)、国際アジアBizより【インド新車販売8%減】を紹介致します。





インド自動車工業会(SIAM)が(2月)10日発表した1月の新車販売台数は33万8003台と前年同月比8%減った。経済成長の減速などで15ヵ月連続で前年実績を下回った。自動車大手の幹部は2020年に販売が上向くと予想するが、反転にはなお時間がかかりそうだ。

全体の約8割を占める乗用車が6%減、トラックなど商用車が14%減だった。乗用車の販売は19年10~12月に横ばいや1%減に改善したものの、1月は再び落ち込み幅が大きくなった。SIAMのラジャン・ワデラ会長は「自動車の保有経費の上昇や経済成長率の鈍化が引き続き影響している」との声明を発表した。

インドの実質経済成長率は19年7~9月まで6四半期連続で減速しており、19年度は5%台と11年ぶりの低水準になる見通しだ。個人消費の落ち込みが続いている。

さらに最大手マルチ・スズキや2位の韓国・現代自動車、タタ自動車など地場大手は段階的に車両価格を引き上げた。安全性の基準が厳しくなり、運転席と助手席へのエアバッグやシートベルト警報の装備などが義務付けられたのが背景にある。





※国の政策や経済成長に、大きく関与する、自動車販売台数です。

インドも、例外ではありませんでした。

これ以上、下降しないよう、願っています。  


Posted by makishing at 07:24Comments(0)

2020年02月16日

「槇原敬之さんが捕まりました」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「槇原敬之さんが捕まりました」】を紹介致します。





ピエール瀧さん、沢尻エリカさんに続いて、槇原敬之さんが、薬物使用で捕まりましたね。

そのニュースを見て、私が最初にしたこと。

Amazon Primeの槇原敬之さんの楽曲を再生して、聞き始めました。

以前、槇原敬之さんが捕まった時は、槇原さんのCDのセールスが好調だったそうです。

その理由は、「薬物で捕まって、CDがしばらく買えなくなる」という心配があったから、と言われています。

でも、もう1つ、理由があったのでは、と思っています。

それは、「多くの人が槇原敬之を思い出したから」です。

思い出したことで、久しぶりに、あの曲、聞きたいな、と思ってCDを購入したという側面もあったはずです。

少なくても、今回、私が聞き始めたのは、それが理由でした。

あなたは自分の顧客に

・思い出してもらう
・忘れられない

仕組み、仕掛けを作っていますか?

もちろん、「薬物逮捕」と言ったネガティブなニュースではなく、です(笑)。

ぜひ、考えてみてください。





※槇原敬之さんが捕まってしまったのを題材に、重要な事を学んだ文章でした。

誰からでも、いつでも、どんな方法でも購入出来る、商品・サービスを扱う仕事の場合、“思い出してもらう” “忘れられない” という、創意工夫が、とても要ります。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:48Comments(0)

2020年02月15日

トランプと暦の不思議な関係


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その43の【トランプと暦の不思議な関係】を紹介致します。





トランプの数字はぜんぶで52枚。これは1年が52週からなることを示し、四季を表すのはダイヤ、ハート、クラブ、スペード。

札の数字をすべて足すと364となり、そこにジョーカーを加えると365=1年の日数となります。

ちなみにジョーカーは2枚含まれており、2枚とも加えると366日となり、うるう年の日数となります。





※これを読んで「あー!ホンマや!」と、初めて気づきました。

不思議な関係ですね。勉強になりました。

この亀田製菓さんの柿の種の裏のシリーズ、大好きです。




  


Posted by makishing at 07:32Comments(0)

2020年02月14日

アマゾンCEO、携帯ハッキング


今日は、読売新聞1月23日(木)国際面より【アマゾンCEO、携帯ハッキング】を紹介致します。





英紙ガーディアン(電子版)は(1月)21日、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の携帯電話が2018年、サウジアラビアのムハンマド皇太子のアカウントから送信されたメッセージを受け取った後、ハッキングされた可能性が高いと報じた。

同紙によると、対話アプリ『ワッツアップ』のムハンマド皇太子のアカウントから、ウィルスに感染したビデオファイルが送信され、それがハッキングの引き金になった可能性が高いことがデータ解析で分かったという。数時間で大量のデータがベゾス氏の携帯電話から盗まれたとしている。

ベゾス氏が所有する米紙ワシントン・ポストでは、18年10月に殺害されたサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、ムハンマド皇太子に批判的な記事を寄稿していた。ハッキングがあったのは18年5月とみられる。





※小さい記事でしたが、私が驚いたのは“携帯電話のハッキング”というところでした。

スマートフォンの台頭で、携帯電話とパソコンの垣根が無くなってきた中、世界的に影響力のある人から、このような事件が増えてくるものと、思われます。

自己防衛して、まいりましょう。  


Posted by makishing at 11:08Comments(0)

2020年02月13日

実績がないから売れない!?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【実績がないから売れない!?】を紹介致します。





初めて個人事業主として、活動をスタートしようとした時に、多くの方が抱えるジレンマの1つ。

それは、自分には実績がない、ということ。

自分のメニューを紹介していて、どこかのタイミングで、「ところで、いままで、どんな実績があるんですか?」と聞かれたら、、、。

起業当初、私は、この質問をされるのでは?と想像すると、身震いするレベルで恐れていました。

ただ、同時に、こんな疑問も頭に浮かんでしました。

「誰だって、最初は実績がないはずなのに、どうやって最初の顧客をとっているの?」

今なら断言できますが、当然ですが、乗り越え方はあります。

1つ目。
実績がないことを、気にしない人もいる、という事実を知ること。

もちろん、気にする人、重視する人もいます。でも、100人中100人ではありません。

例えば、実績より、あなたの熱意や、想い、なんてことを重視する方もいます。

2つ目。
自分の中に実績があることを知る。

いままで200人以上のゼロイチの方のサポートをしていますが、ただの1人も、実績がない、という方はいませんでした。

みんな、最初は、「自分には、実績がないんです、、、」と言われるのに、です。

ない、と言われる方の共通点は、自信のなさから、遠慮をしてしまうこと。

まずは、自分の中の、小さな実績に気が付いて、それを「堂々と」言い切ってみてください。





※事業を新たにスタートした方には、必ず当たる、最初の壁だと思います。

誰でも最初は、実績0です。気にする事は、無いと思います。

自分の中の得意技は何か。そこを見つけ、磨いていくことだと考えています。

本日も、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 08:20Comments(0)

2020年02月12日

赤福餅とは?


今日は、三重県伊勢名物の和菓子【赤福餅とは?】を紹介致します。





赤福餅の誕生は、いまからおよそ300年前の宝永4年(1707年)。

赤福餅は、お餅の上にこし餡をのせた餅菓子です。

形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。

名は「赤心慶福」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。





※この度、株式会社の事業発展の為、伊勢神宮に参拝し、祈祷をして頂きました。

そしてその道中で、幼少期に何度も食べた、赤福餅の本店を訪れて、株式会社赤福の三つ折りパンフレットから、採り上げました。

40余年前から知っていた、この有名和菓子の事、しっかり知る機会になりました。  


Posted by makishing at 08:01Comments(0)

2020年02月11日

綾小路きみまろ笑撃ライブCD集その1


今日は、読売新聞2月9日(日)広告ページより【綾小路きみまろ笑撃ライブCD集その1】を紹介致します。





*第1巻:中高年のアイドル登場

人生はいいことが半分、悪いことが半分。上りもあれば下りもある。ならせば同じ。

『昔ピンピン、今ペンペン』



*第2巻:奥様、あなたのことです!

妻はエステに通って旦那はごみ捨てに通い、(笑)風呂から上がれば妻は脱毛、旦那は育毛。(笑)

『昔燃えてた夫婦も今じゃ不燃物です』



*第3巻:孫は来て良し帰って良し

毎晩毎晩疲れて帰れば、毎晩毎晩女房の方が一番風呂。ごめんね、奥さん。こういう芸風なの。

『私の漫談は必ず誰かが犠牲になります』



*第4巻:若い時があったんですよ

みんなきれいだった。10代、鏡の前で大はしゃぎ。20代、鏡とにらめっこ。30代、鏡の前であなたは美しくほほ笑んだ。40代、遠目の姿に納得した。

『50代、鏡を拭いた(笑)。60代、鏡の前を通り過ぎた(笑)。70代、鏡を捨てた(笑)』



*第5巻:50過ぎたら内臓勝負

俺にはできすぎた女房だと自分で自分に言い聞かせ(笑)、冷めた味噌汁をすする今日この頃。

『会社よりも女房に出したい退職届(笑)』





※綾小路きみまろさんのCD集、全10巻の中の、前半5巻です。

今までも、何度か目にしましたが、今回初めて、採り上げました。

ブラックジョークですが、嫌みが無いのが、いいですね。  


Posted by makishing at 08:53Comments(0)

2020年02月10日

本日、誕生!個人から法人へ


【本日、誕生!個人から法人へ】


社会に出た時
憧れて


いつかは
自分の
この力で


やりたかった
会社設立。



一生に
一度の
チャンスを
もらい


やりたかった事
実現した。




5年前
沢山の方々に
背中を
押してもらい


屋号を
つくり

走り出した!




沢山の
声援・支援の
シャワーを
頂き



個人から

法人を



今日
生み出せた。



さあ、これから

新たなゲームの

はじまりだ!!





※おかげさまを持ちまして、営業戦略研究所“makishing”は、本日より、株式会社makishingとして、スタート致します。

これまで、支えて頂いた皆様!誠に、ありがとうございました。

微力ながら、これからも愛を持って、沢山の方々のお役に立てますよう、全身全霊、命がけで、突っ走ってまいります。

今後共、宜しくお願い致します。  


Posted by makishing at 07:13Comments(2)

2020年02月09日

水道管


今日は、母からもらったメールから【水道管】を紹介致します。





全国的に水道管は1945頃に布設。寿命は40~50年。

1/19、和歌山の断水騒ぎ。大阪北部地震の時の水没。

事故は全国で毎年1000件。太管だけで 、細い管は数え切れない。

水道局にはお金がない。理由は節水型の電化製品が増えたので料金収入が減ったから。

全国の水道管を付け替えるには130年かかる。

7万人いた職人が4万人に減っている。

水道料金を値上げせねば…。値上げ率は36%になりそう。

施設(浄水場)にお金がかかっているので減らそうという考えもある。

今年は雪が少なかったので、夏場は水不足になりそう。

オリンピックの頃が心配。

水道ジャーナリストの〔はしもと じゅんじ〕という人がラジオで言うとった。


橋本淳司氏:1967年、群馬県生まれ、学習院大学卒業。





※1月の和歌山の断水騒ぎは、ニュースにもなり、記憶に新しいですね。

水道管や水道局には、このような諸事情があったのですね。

全く知りませんでした。勉強になりました。








  


Posted by makishing at 10:29Comments(0)

2020年02月08日

「相手にはその経験がないかもしれない」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「相手にはその経験がないかもしれない」】を紹介致します。





【「相手にはその経験がないかもしれない」】



なぜか思い出した、10年以上前にアメリカを旅行したときの話。


グランドキャニオンのホテルで、「donation?」って聞かれたんです。


「pardon me?」

「donation?」

「pardon me?」

「do-na-tion?」


みたいなやり取りを繰り返した後、「グランドキャニオンの保全のために宿泊者に1ドルずつ寄付をお願いしている」って。説明してくれました。


donationって、あまり耳にしたことのない単語。

それまで、ホテルのフロントでは聞いたことがなかった単語。


経験したことがなかったから、想像もできませんでした。

単語の聞き取りすらできませんでした。

僕はそんな状態。


フロントの方にとっては、どんな状態だったでしょうね?


「言葉の通じにくい外国人」
「でも、グランドキャニオンの状況を理解してもらいたい」

だから、丁寧に説明をしよう。

かな?


結果として、僕は話を理解できて、気持ちよく寄付することができました。


この経験が基になったってわけではありませんが、話が通じないとき、理解してもらえないときは、自分と相手との経験の違いなんだろうと思います。

その差を埋める努力は、理解してもらいたい側がすべきなんでしょうね。


僕も、話をするときに気を付けています。





※言葉が通じない人じゃない場合でも、このような事は、起こると思います。

『相手は知ってて、当たり前』というのは、外して丁寧に、話したいと思います。  


Posted by makishing at 08:45Comments(0)

2020年02月07日

セラミックメーカーだからこそ作れた商品


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【セラミックメーカーだからこそ作れた商品】を紹介致します。





【セラミックメーカーだからこそ作れた商品】


京都には、優良な企業が数多くありますが、代表的な企業の1つとして、京セラ株式会社があります。

今では、電子機器、情報機器、通信機器、太陽電池などでも有名ですが、スタートはファインセラミックスのメーカーで、今でもセラミック関連事業は大きな柱の1つです。

京セラのセラミック関連商品で、キッチン用品も作っています。

その中でも有名なものとして、三徳包丁からペティナイフまで取りそろえた「セラミックナイフ」シリーズが、累計1000万本以上のヒット商品です。

今日は、このセラミックナイフではなく、取引先の販売店や卸売会社からの要望で作り上げたヒット商品を紹介したい、と思います。

その商品とは、2011年3月に発売された『セラブリッド フライパン』という商品です。

この商品が発売される前から、セラミックコーティングされたフライパンが海外製を中心に出回っていました。

ところが、従来品は、簡単に焦げついたり、コーティングが剥がれるといった風評がありました。

そんな中、同社は、取引先の小売店から「フライパンという未知の分野であっても、セラミックと名のつくものは、ぜひ京セラに手がけてもらいたい」という声を聞き、未経験のフライパンの開発をするきっかけになりました。

上記のように、ナイフなどセラミックを使ったキッチン商品は作っていましたが、他の金属とセラミックを組み合わせて作るフライパンとは勝手が違います。

しかし、従来の他社製品の影響で「セラミック=粗悪」というイメージが広がってはならないと考えたセラミックメーカーの使命感が開発へと繋がりました。

従来の他社製品は、フライパン本体のアルミ合金にセラミック塗膜を形成していましたが、使い方によっては簡単に剥げてしまうという課題がありました。

この課題は、
(1)セラミックそのものの質
(2)金属とセラミックとの密着度が足りない
ということに原因がありました。

(1)のセラミックの質を高めることは同社の技術で比較的簡単に実現できました。

しかし、(2)フライパン本体のアルミ合金とセラミックとの密着度を高めることは同社でも容易ではなく2年の歳月を費やしたそうです。

アルミ合金にセラミックの薄い膜を塗布するのではなく、セラミック塗膜部分も十分な厚みを持たせ、しっかりと密着させるような構成にしました。

塗布よりも、アルミ合金にセラミックを密着させたというイメージの方がしっくりくるため、アルミとセラミックを組み合わせたという意味を込めて、『セラブリッド』という造語を作りました。

2011年3月の発売後、品質の高さが次第に評価を受け、従来のセラミックフライパンの悪いイメージが完全に払拭されました。

小売店などの要望受け、この期待に応えて作り上げた商品であったことから、小売店などの流通側も積極的に販売に協力し、発売から3年で100万本以上売れる商品となりました。

セラミックに悪い印象を与えてはならない、という強い使命感があったからこそ、作りあげることが出来た商品ではないかと思います。





※社名にセラミックがある事の誇りと信念が、素晴らしい商品開発を産んでいるという、実話ですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 08:22Comments(0)

2020年02月06日

松本人志さんのつぶやき


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【 松本人志さんのつぶやき】を紹介致します。





先日、M-1の舞台裏を描いた番組を見ました。

その番組の中で、審査員の松本人志さんが漫才を見ながら、何度も口にしている「つぶやき」がありました。

「くっそー、おもろいな」
「ちくしょー、笑ってまうな」

と言った言葉。

松本人志さんは、言うまでもなく審査員です。出場者と競う立場ではなく、審査員として点数をつけるのが役割。

言ってみれば、出場者を上からみる立場です。

なのに、目の前で繰り広げられる漫才を見ながら、笑いをこらえるように出てくる言葉は

「くっそー、おもろいな」
「ちくしょー、笑ってまうな」。

この言葉から見えてくるのは、松本人志さんが、まだまだプレイヤーだ、ということ。

ちなみに私は、クライアントが「スタートして3ヶ月で月100万円突破しました」とか、「アドバイスをもらって、2週間で50万円売り上げました」なんて、報告をくれると、「よかった!」と思うと同時に、「ちくしょー、俺も負けないからな」と思います。

もしかすると、同時ではなく「ちくしょー」の方が、早くて大きいかもしれません。

あなたが、気がつくと「くっそー」「ちくしょー」と思ってしまうことはなんでしょうか?

そこに、あなたの専門性や、やりたいことが、隠れていますよ!





※こうしたこと、私にもあります。

皆様は、如何でしょうか!?

こうした、絶対的なこだわりを持つ必要が、特に仕事上では必要ではないかと、思います。

  


Posted by makishing at 08:26Comments(0)

2020年02月05日

大人に関係する名言


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【大人に関係する名言】を紹介致します。





……………………
〔大人に関係する名言〕
……………………


「自分の行動について責任を持つようになったとき、人は大人になる」ロバート・G・アレン


「子供は誰でも芸術家だ。問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ」ピカソ


「大人になるということは、あいまいさを受け入れる能力を持つということである」フロイト


「誰かが他の誰かよりも偉大であるということはない。大人になれば、父も母もない。ただ、兄弟姉妹がいるだけなのだ」シェルドン・コップ





※如何でしたでしょうか!?

どの言葉も、とても深いです。  


Posted by makishing at 08:04Comments(0)

2020年02月04日

Kioskか、駅の売店か


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【Kioskか、駅の売店か】を紹介致します。





「Kiosk(キヨスク)」をご存知でしょうか?

ここ数年(?)だと、「New Days」というところもありますし、もしかすると、東日本だけでの名前かもしれないのですが、、、

駅のホームなど、駅構内にある売店のこと。

このKioskについて、こんな話を聞いたことがあります。

正式名称は別にあるものの誰も知らず、「駅の売店」というのがKioskという名称が作られる前までの一般的な認識。

Kioskと名称を変えたところ、大きく変わったことがあったそうです。

それは、、、

「求人への応募が増えた」こと。

「駅の売店」
「Kiosk」

2つは全く同じ意味なのですが、イメージが違います。

Kioskという名前がつく前もついた後も、

・お店の作り(見た目)
・店員がやること
・客層
・時給

などなどは、何も変わらないのに、です。

それくらい、「イメージ」、もっと言えば、ネーミングは大事ということです。

あなたがいま扱っているサービスや商品。

ネーミングはいかがでしょうか?

中身が同じでもネーミングが変わったら、反応が変わるかもしれませんよ。





※イメージは、とても重要だと、日々、私も感じています。

同じ商品・サービスを提供しているのに、人によって販売数や売上が全然違います。

これも、そうなる一つの理由に、イメージがあると、思います。

昨日、新しく事業を支援する方の屋号と、名刺に入れるキャッチコピーを、長い時間をかけて、一緒に考えていました。

同じ事業なのですが、新しい名刺が出来てから、受注数は飛躍的に上がると、思います。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:13Comments(0)

2020年02月03日

自分を「ごきげん」な状態に保つ方法 


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【自分を「ごきげん」な状態に保つ方法】を紹介致します。





唐突ですが、質問です。

あなたは今、「ごきげん」ですか?

「もちろん!!!」という方も、「急にそんなこと言われても・・・」という方も、いると思います。

スポーツドクターの辻秀一さんは、ご自身の著作『自分を「ごきげん」にする方法」』の中で、心のあり方が、私たちの行動に大きく影響を与えている、と言います。

今回は、この本の中から、自分を「ごきげん」にする方法を、ご紹介していきます。

さて、辻さんは本書の中で、「ごきげん」でいる時は、人間(自分)の機能が高くなり、「不きげん」に傾いている時は機能が低下する、と述べています。

つまり、「ごきげん」でいる方が、スポーツでも何でも、良いパフォーマンスが発揮できる、ということ。

それでは、なぜ人は「不きげん」になるのか。

それは、脳の機能が関連しているのです。

脳の働きの一つに「認知」があります。

自分の周辺状況や出来事に意味づけをし、判断して行動の内容を決定する機能です。

例えば、向こうから車が猛スピードで突っ込んできたら「危ない」と思って避ける。

のんびりして、避けないでいたら、はねられてしまうかもしれません。

人間は、この認知の機能が、とても発達しています。この機能が高いおかげで、高い危機察知能力を発揮し、人間はここまで繁栄してきた、とも言えます。

逆に、この機能のせいで、物事をよりネガティブにとらえたり、悲観的になったりもしやすいのです。

つまり「不きげん」は、私たちが進化するために必要な機能だったわけです。

でも、この先も認知の機能ばかり使って、不きげんな状態を続けるのは、つまらない・・・。

そこで、自分を「ごきげん」な状態に保つための方法があるのです。

その第一歩は「気付く」こと。

本来、状況や出来事に意味はありません。意味付けしているのは、私たちの脳。

だから、その意味付けに気付き、ごきげんに切り替えることなのです。

なんだ、そんなことか・・・と、思ったかもしれませんね。

でも、例えば「明朝6時に東京駅集合」という予定を聞いたとしたら、「朝早くて嫌だな・・・」と思いませんか?

きっと、反射的に思うのではないでしょうか。

だから、気付いたら切り替える。

認知の機能は長年続けてきたので、気付いて切り替えるには反復練習が必要です。

逆に「ポジティブに考える」ことは、必要ないと辻さんは言います。

ポジティブシンキングは、あくまで認知したがる脳に別の意味を与えているだけ。

そうではなくて、外側の環境に左右されず、自分の気分が良くなることを考える。

例えば、好きなことを考えたり、自分が楽しくなることを思う。

自分が置かれている状況や、起きている出来事とは関係なく、です。

自分が好きなことや、好きなものを考えていると不きげんになる、という人はあまりいません。多くの人がごきげんになるでしょう。

自分の外側の事象に無理やりポジティブな意味づけをするのではなく、起きたことは起きたこととして受け止め、自分をごきげんに保つ。

ポイントは「続ける」こと。

自分をごきげんな状態にしてから、認知の脳で状況に対応する。

こういう意識の使い方をするには、反復練習が必要。

気に入ったら、ぜひトライしてみてください。





※如何でしたでしょうか!

『無理やりポジティブにしなくていい』は、ちょっと目から鱗でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 09:12Comments(0)

2020年02月02日

中小企業の販路開拓応援商取引サイト


今日は、大阪商工会議所編集発行の新聞、大商ニュース1月25日(土)より【中小企業の販路開拓応援商取引サイト】を紹介致します。





中小企業の販路開拓を応援するインターネット上の商取引サイト『ザ・ビジネスモール』は、全国の商工会議所などの会員企業であれば無料で掲載、利用できる。自社の会社情報を登録するだけで、簡易ホームページができあがるため、中小企業のPR支援にも貢献している。全国約27万社の企業情報による取引先検索データベースとして利用でき、ユーザー登録を行えば、商談マッチング支援サービス『ザ・商談モール』の利用が可能。現在、年間約800件の商談案件に対して約4千件の提案があるなど活発な取引が展開されている。

最近では、オープンイノベーションを推進したい大手企業の技術ニーズに対して中小のものづくり企業が提案できる『オープンイノベーション・リンク』を開設。今年度から新たに『MoTTo大阪』事業と連携したマッチング支援も開始した。

昨年度にはスマートフォン専用サイトを開設、この1月、サーバー移転を機にホームページも一新。商談モールの登録など、今までより一層利用しやすくなった。次年度からは2025年大阪・関西万博に向けた調達サイト構築の検討が始まる。ますます充実する『ザ・ビジネスモール』。ユーザー登録がまだの会員はぜひこの機会に登録をお勧めしたい。【問合わせ】経営情報センター、06・6944・6353





※商工会議所などの会員企業であれば、このようなサービスが受けられるのですね。

このビジネスモールは、開設20周年だそうです。

大手企業と中小企業との技術的なマッチングも魅力です。  


Posted by makishing at 10:18Comments(0)