2020年03月13日

【「G」が変われば世の中の仕組みが変わる!】


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているビジネス通信メルマガから【「G」が変われば世の中の仕組みが変わる!】を紹介致します。





いよいよ日本でも5Gのサービスが始まりますね。 楽しみです。 この次世代通信技術が私たちの生活にどう影響するのか? これについて考えていきましょう。

先に結論を言うと、 「社会や経済の仕組みがガラッと変わる」 というほどの影響があります。 そもそも「G」はGeneration(世代)のGです。 「G=世代」がひとつ進化すると、世の中の常識は変わるのです。 この事は、これまでの「G」の変化を見てきた私としてはもう痛いほど経験してきましたよ。

皆さんも、思い出してみてください、これまでの変化を。 まず1980年代に、世の中に1Gなるものが登場しました。 それまで持ち歩くことができなかった電話が、コードレスで持ち歩けるようになったんですね。 私の勤めていた会社の社用車にも、このアナログ式「無線」電話が積まれました。 どこでも電話をかけることができる環境が、いっきにビジネスを加速させたことを実感しましたよ。 場所を選ばずコミュニケーションできる! なんて画期的なんでしょう。

1990年代に、通信がデジタル方式となった2Gが登場。 私も95年の阪神大震災で罹災したのを機に、初めて携帯電話を持ちました。 ちなみにキャリアは関西デジタルホン(今のソフトバンクの前々身)でした。 2Gで革命的だったのは、電子メールが普通に使えたこと。 「うわー、言葉と文字と両方扱えるんだ!」と感動したものです。 携帯電話が通話よりもメールで活躍してくれ、たいへん重宝しました。 この2Gにより、仕事のやり方がまるで変わってきて、いつでもどこでも誰とでもどんなメディアでも、繋がれる社会が生まれました。

2000年代になり、デジタル方式が世界共通の方式となったのが3Gです。 これにより携帯電話がインターネットに繋がる「情報機器」に大変身したんです。 通信速度もびっくりするほど早くなり、携帯電話で画像や軽い動画をバンバン扱えるようになりました。 携帯電話が「画像や動画を記録・保管・送信する」という能力を持ったんですね。 この進化が「スマホ」という新しい携帯電話のスタイルを産み出しました。 それまでの「ガラケー」スタイルが、その機能も形もまったく異次元のものになっていったのがこの時代です。 私も2008年に初めてスマホ(iPhone3)をゲットしましたよ。 「未来社会が現実になったなぁ」と感慨もひとしおでした。 ご存じの通りこのスマホの登場は、これまでの社会の常識を大きく変えていく強力な原動力になりました。

2012年に入って3GのLTE機能などが大きく進化した4Gのサービスが開始。 それまで扱いにくかった動画も、サクサクとスマホでやり取りができるようになりました。 記録する手段が静止画から動画へと、大きく軸足が変わってきたんですね。 YouTubeが爆発的にユーザーを増やし、ユーチューバーなる(憧れの)職業なども生まれてきました。 スマホが、テレビや新聞や雑誌やゲームや映画や・・・その他あらゆるメディアを、矢継ぎ早に取り込んで来ている。 皆さんも実感されていると思います。 今、スマホのない世界を想像できますか? ちなみに平成という時代が始まった時は、スマホのスの字も世の中には無かったんですけどね。 わずか30年そこそこですが、Gが変わるたびに世の中の常識は大きく変わってきたのです。 日々の生活も仕事も経済も、それにあわせて大きな変化をしてきていますよね。

そしていよいよ5Gです。 これまでの1Gから4Gまでの変化を見てきて、気づかれませんでした? Gの進化は後になるほど(数字が増えるほど)、世の中に対する影響力は加速度を付けて大きくなってきていることを。 だから4Gから5Gへの変化は、3Gから4Gへの変化より、もっと大きいと予想しています。というか、確信しています。 凄い未来がもう目の前です。いやすでに一部は現実に。 楽しみですね~。





※如何でしたでしょうか!?

昔を、思い出しました。確かに、スピードアップしています。

5Gは、いったいどんな世界が広がるのでしょうか!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 09:59Comments(0)