2009年05月25日

人を喜ばせる〔その2〕



ある本からの抜粋(要約)です。



☆「もてはやされたい」願望を満たせる人とは?





仲の悪い2人が居て、会うと相手に罵詈雑言を浴びせあう。第3者から見れば、あまりにも露骨だと思われる。


そんな時、一方が争うのを止めたらどうなるか。相手を悪く言うネガティブコミュニケーションさえも、相手が受け取らなければ成立しない。「仲が悪い」と言う限りは、少なくとも「仲」すなわち人間関係がある。しかし、無視されてしまえば、「仲」自体なくなる。相手の世界の中で、自分の存在は認められないと、言う事になる。


人間関係は、悪く言われたり敵対視されたりしているうちが花と言う事だ。人に無視され、自分の存在自体を否定される事が一番怖い。逆に言えば人間は、出来るだけ多くの人に出来るだけ多くの機会に認めてもらいたいのである。極端に言えば「もてはやされたい」のだ。人間はスポットライトを浴びたいと言う欲求があるのである。


この点を心得て、人との付き合いに活用してみる。すなわち、相手にスポットライトを当てる言動をするのである。例えば、集合場所で皆が集まるのを待っているような場合。先生格の人が現れたら、いち早く先生を認めて「先生、おはようございます」と言うのも、一つのスポットライトの当て方である。


しかし、「先生がいらした」と言う言い方をしたほうが、更に舞台効果は上がる。「主役登場」の場を演出した形になり、皆の目を集中させる事が出来るからである。


そのように言われた先生は、鷹揚に構え、皆に対して挨拶の言葉を発する筈だ。まさに、主役がスポットライトを浴びて皆に対すると言う構図が出来上がるのである。そして、先生の頭の中には、スポットライトを当ててくれた人の事も強く印象づけられる。こういう所から、可愛がられる要素が整ってくるのである。




※こういった事を、さりげなく演出出来る人が、おられますね。わざとらしさを出さずに、いかにスマートに出来るかが、コツなような気がします。



この記事へのコメント
 おはようございます。お世話になっております。

 お客様にスポットライトを当てて差し上げることが営業につながるのかなと、ぼんやり思います。

 マナーとか、尊敬語とか、笑顔とかを、イメージしました。ありがとうございます
Posted by 中村まさ子 at 2009年05月25日 06:08
中村まさ子様

訪問、ありがとうございます。

‘お客様にスポットライトを当てて差し上げること’→営業につながると考えること→全ての善循環行動につながる・・・と思考すると、普段の一からの行動が人に優しい動きに変化します。

『マナー・尊敬語・笑顔』の3点セットは、完全に会得するのは難しいですね。

私も発展途上人間ですので、精進しております。

どこまで行っても勉強ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月25日 06:23
怒られるうちが花ってよく言ったものですね。

たしかにその人を存在として認めているから、怒る。

無視することもできるのに。

怒るってパワー入りますよね。

自分は怒られると、「被害者」意識をもってしまうことがあるので、

相手のその怒りの真意を受け止められるようになりたいです。
Posted by 晴山 力 at 2009年05月25日 08:57
晴山力様

訪問、ありがとうございます。‘怒られるうちが花’です。それを度々感じます。

【叱咤激励】とは、その通りの言葉ですね。

褒めるより、叱るほうが、パワーもエネルギーも要りますからね。

怒り→叱り→感謝→成長・・・こういった理解が出来ると、良いですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月25日 12:25
お世話になります。

久しぶりの投稿にございます。

相手にスポットライトをあてる行動を、わざとらしくなく出来るひと、確かにおられますね。羨ましく思っていました。

はたで見て嫌味なく自然にされている方の脳裡には、「持て囃されたい」という欲求はないのではと思います。

もともと無いのか、でなければ習慣化することで薄れていくのか。

何れにしても僕のような俗物は後者を目指すしかありませんね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年05月25日 22:16
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

お忙しい所、ありがとうございます。

自然にしている感覚は、あったほうが良いと思います。

今日は『営業コンビニ』と言う“相談室”を開いていました。

相談を受けて、アドバイスする人に、我欲は全くありませんでした。

これが、基本姿勢なのかな、と思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月25日 23:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。