2009年05月28日

『壊れたオモチャ』



今日は、あるメールマガジンより「小さな幸せに気づく24の物語」と言う本から、『壊れたオモチャ』をお届けします。




あるお父さんは、毎年クリスマスイブの夜、幼い男の子の枕元にサンタさんの代わりにオモチャを置いてあげていました。毎年クリスマスの朝に目を覚ました男の子は、枕元のオモチャを見つけていつも大騒ぎをしていました。


今年のクリスマスも、男の子は枕元のオモチャを見つけて喜んだのですが、オモチャの電源を入れてもスイッチが入りませんでした。オモチャが壊れていたのです。


お父さんは、男の子に気づかれないようにオモチャ屋さんに電話しました。しかし、クリスマスで忙しいオモチャ屋さんは「故障ですか?修理メーカーに電話して下さい。」という冷たい対応でした。


お父さんは思わず「修理は、もういいです。でも子供はサンタを信じています。サンタからもらったと思いこんでいるプレゼントを、とても喜んでいました。そのプレゼントが壊れていたんです。クリスマスに子供がこのオモチャで遊ぶ事がどれだけ大切か理解して下さい。」と話しました。


しばらくの沈黙の後、オモチャ屋さんが「わかりました。今日中になんとか探して、新しいオモチャをお届けします。」と答えました。


喜んでお父さんは楽しみに待っていたのですが、なかなかオモチャ屋さんは来ません。


「やっぱり、無理だったか‥‥」と、夜8時を過ぎてあきらめかけた時、玄関のチャイムが鳴りました。


お父さんがドアをあけると、そこにはサンタさんの格好をしたオモチャ屋さんが立っていました。


玄関で話し声が聞こえたので、誰が来たのかと思って部屋から出てきた男の子は、サンタさんを見つけると「サンタさんが来てくれた」と言って大喜びで駆け寄りました。サンタさんは「ごめんね。忙しくて、うっかり壊れたオモチャを渡してしまったね。これは、ちゃんと動くからね。」と言ってプレゼントを渡しました。


その後、子供がいなくなったのを確かめると、お父さんはサンタさんに涙を浮かべながら「本当にありがとう。もう一生、あなた以外からオモチャは買わないよ。」と話しました。


サンタさんの目にも涙が光っていました。


この男の子は、オモチャと一緒に思い出もプレゼントしてもらいました。


失敗は、誰にでもあると思いますが、それを取り戻す努力が失敗を最高の結果に変える事が出来ます。




良い話ですよね。もしも、皆様がこのオモチャ屋さんだったら、同じように出来ていましたか?



この記事へのコメント
お世話になります。

おはようございます。

僕の8歳の娘もサンタさんを信じていますので思わず目頭が熱くなりました。

同じ状況でこのオモチャ屋さんのように出来るかどうか分かりませんが、損得や効率ばかりを考えて血の通った商売を忘れないようにしたいです。

ありがとうございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年05月28日 05:58
 おはようございます。

 不良品のクレームを一生の楽しい思い出に変えてしまう。

それも、超忙繁期に、

予想を上回るサプライズです。私なら・・・微妙です。

 サンタの衣装で出かけられるのも素敵です。

ありがとうございます。
Posted by 中村まさ子 at 2009年05月28日 06:47
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

最近コメント、お見掛け出来ませんでしたので、お元気にされているか、と思っておりました。ありがとうございます。嬉しいです。

私の9歳になったばかりの息子も、徳永様の娘さん同様、サンタさんを信じています。

子供の夢は壊してはいけません。勿論、大人の夢も壊してはいけません。‘損得や効率ばかりを考えてしまう人’は世の中におられますが、私とは気が合わない感じです。〔血の通った商売〕とは一体何なのか・・・お互い考えてまいりましょう。

ちょっと辛口で、申し訳ありませんが〔血の通った商売〕にコンテストは関係ありません。お客様は、コンテストは関係ありません。私達も、別の会社のコンテストは、関係ありません。

本当に、辛口返事で申し訳ありませんが、徳永光之様なら、御理解頂けると信じて、敢えて書かせて頂きました。生意気な私を御許し下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 06:53
おもちゃを売っているのか・・・子供に夢をお届けしているのかで
自分の対応が違ってくると思います

私は薬の仕事をしていますが、薬を売っていると考えると販売ですが、健康をお届けしていると考えると、それにまつわることは全て関係もしてきます

子供じみていますが、サンタは一人ひとりの心の中に持っているものとも思います
Posted by 尾上 正 at 2009年05月28日 06:55
中村まさ子様

訪問、ありがとうございます。毎日ブログをコメントして頂き、感謝しております。毎日、何かを続ける事の素晴らしさを体感出来る人は、それを地道に実行なさる人です。そのような人に、神様は微笑み、ご褒美をプレゼントしてくれます。

『不良品のクレームを一生の楽しい思い出に変えてしまう』まさに、災い転じて福となりました。

超忙繁期に、と言うのは、ポイントですね。

私は、今月から来月の初めにかけて、5つの集客活動をしています。そのうちの1つの会の責任者の方から、お褒めの言葉を頂いた時の言葉に『急ぎの用事は、忙しい人に頼め』と言う諺を教えて頂きました。

このサンタの衣装の方(オモチャ屋さん)も、忙しいからこそ、出来たのかもしれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 07:33
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

尾上正様のコメントを拝見し〔教会を建てている工事現場の2人の職人さんの話〕を、思い出しました。

目先の仕事内容に目が行きがちになる事がありますが、常に効果・効用(ベネフィット)を考え、行動する事が肝要ですね。

夢も、大いに持っていきましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 07:45
心温まる話題、書いていただきありがとうございます!

売ったら終わりではないんですよね。

その後が大事なんですよね。

おもちゃ屋さんにとってもっとも忙しい日に、

私が同じ立場でこれができたのかな…
Posted by 晴山 力 at 2009年05月28日 10:09
 今回のテーマと同じ経験をしました。長男が3歳の時に、やはり我が家も同じような事が起こり、お父さんからのクリスマスプレゼントのおもちゃが動かなくて・・・・、近所のおもちゃ屋さんだったので、直ぐに電話をしたら、そのおもちゃ屋の息子さん(当時高校生)がサンタに扮して新しい物を持って来て下さったのです。長男は、その出来事があったこともあり、かなり大きくなったも「サンタは居る」・・・と、思っていましたし、夢を抱いていましたね。
 嬉しい思い出を思い出す機会を与えてくださり、ありがとうございます。
 今の子供たちには、バーチャルな世界と現実が入り混じっている遊び(ゲーム)のため、小さな「夢」を持ち続ける・・・のはまさに「夢」なのか・・・と、ちょっぴり寂しい気持ちになりますね。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年05月28日 10:27
失敗を失敗と思うことこそが失敗だと思います
失敗なんてないです。
すべては経験になる。

失敗と思う人は
経験を無駄にしている人です

無駄な経験はない
経験をむだにしているだけだ

と思います
Posted by 松江隆明 at 2009年05月28日 11:50
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

‘売ったら終わり’は、最悪ですね。

その後も、その前も、両方大事ですね。

同じ立場でこれができるか否かは、気持ち一つで大丈夫ですよ。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 11:53
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。このテーマと全く同じ経験をなさったのですね。御長男さん、さぞ御喜びになったと思います。

そういった貴重な体験が、情操教育になっていくのだと、とても感じます。現実にあった出来事の説明や、失敗があった場合の反省と対策は、大切ですね。

杉山家の教育の基礎・基本は、このような所でも、しっかり根付いているのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 12:07
松江隆明様

訪問、ありがとうございます。先程は、お電話を頂き、ありがとうございました。

早速、コメントを頂き、感激です。

失敗=経験→無駄なものでは無い×失敗→より大きな経験=人間力が増す・・・こんな感じに捉えています。

『背番号11』を早速、検索してみたいと思います。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月28日 12:19
毎度お世話になります。一ノ坪英二です。
本当にいい話しです。涙がでそうです。
当社はおもちゃは作っておりませんが、
製造に携わるものとして
そして、量産品を作る工場として、こだわってみたいことがあります。

10000個作ってそのうちの1個の不良品は作る方からすれば、
10000分の一です。0.01パーセントです。不良率は0.01パーセント。
でも、そのうちの1個をご購入、ご使用されるお客様からすれば、
1分の1、つまり100パーセントの不良なのです。
工場では品質を不良率であらわすのですが、これを信じてはいけない。
不良はゼロでないといけない。こだわりを持ち続けたいです。

私がおもちゃ屋さんだったら…。迷わずそのような行動が出来るか?
気の利いたサンタの格好まではできないかもしれませんが
あきらめたくないです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年05月28日 22:36
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

私も涙が出そうになりましたので、この内容を執り上げました。

さすが、製造会社社長様です。量産品の不良率と不良個数に目が行く所は、さすがです。この話で、こういった視点で、モノを語れるのは、一ノ坪英二様以外、見当たりません。

『不良はゼロでないといけない。そのこだわりを持ち続ける』全くもって同感です。

一ノ坪様なら、このオモチャ屋さんの行動に出れるかと、考えておられますね。ここの所も又、一ノ坪様ならではの性格が、よく出ていますね。

この話を‘クレーム対応のモデルケース’として、是非社内研修で、お使い下さい。【ネオ牧野】としては、その研修、私にやらせて下さい・・・っと、申し上げたい所です。仕事の新たな柱構築に奔走中の、牧野でした〜。

返事が翌日になり、申し訳ありませんでした。本日アップ分のお題も、営業先での雑談に使える内容です。

是非、御笑覧下さい。いつも本当に感謝しております。この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月29日 06:50
「子供の夢をこわさないで」と訴えるお父さんが、おもちゃ屋さんを動かしたの

ですね。

またおもちゃ屋さんも見事にそれに応えてくれた素晴らしいお話ですね。

「仕事とは、相手を感動させること」と言われますが、まさにおもちゃ屋さんは

よい仕事をされましたね。

子供は未来の象徴です。子供の夢を守ることは未来を信じることにつながる

のではと思います。

竹内てるよさんの詩を思い出します。

「生まれて何も知らぬ 吾子の頬に 母よ 絶望の涙をおとすな」

素敵なお話を有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年05月29日 10:57
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。

子を思う親の気持ちが、強く伝わる内容ですよね。

おもちゃ屋さんの、応えてくれた方法にも、心にくい演出がありますね。一度失望させといて、その後驚かすのは、高等テクニックですが、この場合は、偶然も入っているかもしれませんね。

竹内てるよさんの詩、ありがとうございます。

勉強になりました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月29日 11:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。