2009年06月05日

‘ロングセラー商品’パート2

今年の3月18日掲載に続き、ある情報番組からの第2弾です。
☆売れる形がわかるデザイン
キッコーマン卓上醤油のデザインは、49年間ずっと一緒で世界百ヵ国で利用されている
醤油メーカーが醤油さしを作ろう、となったのは、醤油さしが垂れたから
出口の切口の角度を替えた

☆金鳥かとり線香は、最初棒状だった
棒状は、効き目が20分にしか、ならなかった
渦巻き状にするのを考えたのは、創業者の上山さんの奥さんだった
2つ一組にしたのは、折れにくく、返品を少なくした為だった
蚊取り線香は、原料は茶色だったが、涼しさを出す為に緑色にした


☆積み重ね灰皿は、佐藤商事
灰が飛ばない灰皿がないかと考えて作った
デザイナー剣持功さんがデザインし、〔灰が落ちない、飛ばない緻密な計算〕がされている
今は、デザインの意匠が切れて(20年間)、あまり儲かってない
☆ポッカコーヒーのターゲットは男性
男性の顔を載せたら大流行した
時代の流れで、顔も数回変更した
しかし、サントリーのボスにシェアと取られた
『厳しい苦さの中に優しさをイメージした』ボスの顔




※ロングセラーには、“そうなる理由”が、キッチリとあるんですね。『欲しくなる』マーケットを、捉えていますね。勉強になりました。



この記事へのコメント
お世話になります。

蚊取り線香は最初から渦巻きではなかったのですか。
知りませんでした。

既成概念にとらわれず、大胆に発想転換したことが流れを引き寄せたのですね。
そこに理由と信念があったからロングセラーになった。

勉強になります。
有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年06月05日 08:23
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

商品開発については、各社それぞれ苦労があるのですね。

‘既成概念にとらわれず、大胆に発想転換すること’は、今後より必要になって来ますね。

先日拝聴したセミナーの先生は“事業再生のプロ”の異名を取る、凄腕経営者でしたが、お話の中で「悪い流れなら、止めてしまい、市場が欲しがっているものに変えてしまう」「お客様が100で自分が0を純粋に考えて行動する」を学びました。

成功している方々の哲学は、皆同じなんですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月05日 09:06
 お世話になります

 蚊取り線香も、醤油さしもよく考えてあります

うまいこと考えてあるなと、改めて思います。

有難うございました。
Posted by 中村 まさ子 at 2009年06月05日 10:02
 もうかなり前のことになりますが、味の素が売り上げが伸びない時にパート社員の女性のアイデアで、味の素の容器の穴の大きさを少し大きくされたのは有名です。そのため、一振りで使用される量が微量であっても増え、需要が大きく伸びた・・・・ということがありますね。今は、味の素は、単に「旨み調味料」だけでなく、料理に合わせた調味料(中華味、コンソメ味、和風だしなど)の開発で、企業の名前がそのまま商品になっている(味の素)ことが勝因のひとつでもありますね。毎日お世話になっている調味料だからこそ、見えないところで、売り上げ増加戦略が進められているのは納得。主婦の智恵からの商品は強いですよ!
Posted by 杉山 久美子 at 2009年06月05日 10:11
中村まさ子様

訪問、ありがとうございます。

創意工夫やアイデアは、会社や従業員さんの感性から来るものが多いと、私は思っております。

人は財産ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月05日 11:53
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。味の素は、パート社員の女性のアイデアで、容器の穴の大きさを大きくされたのですね!有名な話とは思っていましたが、まさかパートさんが考案したとは、存じあげませんでした。‘見えないところで、売り上げ増加戦略が進められている’訳ですね。

主婦目線で、モノを考えていく感覚は必然ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月05日 12:08
こんばんは
こういう話は直ぐにのれます
会社の中でも、ちょっとした改善はおばさんパワーが発揮します。
ムダ取りの名人です。
味の素さんにも工場見学をしたことがあります。
アイデアを考えると夢が膨らみます。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年06月05日 21:28
佐伯久美子様

訪問、ありがとうございます。

‘おばさんパワー’ですか。凄いパワーですね。

『アイデアを考えると夢が膨らむ』名言ですね。

良い学びを頂きました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月05日 23:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。