2009年06月09日

あの“高速水着”メーカー



北京五輪で、日本代表の水着素材として関心を集めた会社、ご存知ですか?




特殊ゴム等の素材メーカー、山本化学工業(大阪市)です。2008年夏の北京五輪向けに開発した水着素材『バイオラバー』で一躍脚光を浴びました。「市場にあるものの後追いはしない」を信条に、独自の素材開発に力を注いでいます。この不況下でも業績は好調で、生産設備の増強に乗り出します(ある日の新聞より)。




■新基準対応

『バイオラバースイム』を更に改良し、国際水泳連盟の新基準に世界で最初に対応した素材を開発した。

開発のヒントは、ぬるぬるした魚の体だ。従来品が水をはじく撥水性を重視していたのに対し、逆に親水性を高めた。「水をまとう」事で抵抗を少なくする。

『バイオラバー』は石油などから化学的に作る合成ゴムとは異なり、高純度の石灰石を主成分に、特殊な貴金属の鉱物を練り込んだ独自素材だ。医療分野での応用に期待がかかる。



■占有率トップ

山本化学工業は、1964年の設立で、当時は海女さん用の潜水服メーカーだった。70年代の石油ショックによる不況は、石灰岩からゴムを生み出す製造技術の開発で乗り越えた。84年以降、急激に進んだ円高も、レジャー向けや産業向けなどの高付加価値商品で、しのいだ。ウェットスーツ素材では現在、世界市場の占有率60%と、トップの地位を築いている。



■拡大

不況はどこ吹く風で工場はフル稼働の状態だ。国内外のスポーツ用品メーカー約20社から水着約8万着分の発注も来ている。6月をめどに大阪・岡山の2工場に2億円を投じ製造ラインを新設する。11年2月期の売上高は09年2月期より25%増の100億円が目標だ。

新ラインでは、障害者や泳ぎが苦手な人の為の水着素材も製造する予定。世界経済の悪化で、開発費の捻出や優秀な人材をどう確保するかが、今後の成長のカギを握りそうだ。






※順調に受注を頂く中で“障害者や水泳が苦手な人向け商品”の開発に着手なさる所は、しっかり地に足を付けた社会貢献をしておられます。だから、この不況下を関係なく駆け抜ける事が出来るのですね。



この記事へのコメント
お世話になります。

嘗てメーカーで商品開発をしていたころ、常に他社にない技術・製品を開発したいと考えていました。

かなわなかったのは、「このことを解決したい」という目的がなかったからだと、今になって思います。

他の成功している企業と同じく、山本科学さん躍進のカギも、目的を持って柔軟な発想でトライし、継続しておられることにあると言えそうですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年06月09日 07:41
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

他社にない技術・製品を開発したいとの気持ちは、当然の事ですね。

目標を持ち、目的に落とし込んで開発すると、成果は出やすいと、思います。

その上で、柔軟な発想でトライし、継続する事なんだと、思います。

私達も、山本化学さんだから出来ると思わずに、努力していく事が肝要ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月09日 08:02
 商品開発にしても、労働力確保の事に関してもそうですが、健常者、男性の仕事・・・に固持していては、もう生き残れない時代に入っていますね。
障害者・高齢者が使い易い商品は、全ての人に優しい商品です。女性が出来る仕事や(一部女性のみの職種:助産師はありますが)、就き易い仕事は、男性にも働き易い環境になる筈ですね。これからの商品開発や職場環境整備を進める鍵は、「誰にでも優しい」・・・かな。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年06月09日 10:01
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。おっしゃる通りです。過去の風習や、一つの凝り固まった事案に固執していては、生き残れない時代です。
商品開発や職場環境整備において「誰にでも優しい」は、キーワードですね。

言い換えると「いつでも、どこでも、誰でも、簡単に」ですね。

正に、来るべき数年後の“ユビキタス社会”です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月09日 17:52
山本化学工業さんの話、大変興味深く拝見しました。

他社の追随を許さない商品開発には、苦労があったでしょうね。

他がやったことがないものをつくるということは、

できるかわからないなかで、

お金と時間を投資し続けることになると思います。

あきらめずやりぬく力、そんなことを感じました。

もしかすると的外れなことをコメントしたかもしれませんが、お許しください。
Posted by 晴山 力 at 2009年06月09日 22:08
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

“他がやったことがないものをつくるということ”は非常にリスクがありますよね。

「あきらめずやりぬく力」は、それがどれだけ時間がかかっても、神様からのご褒美は必ずあります。

それは、ご褒美を貰った人にしか、わからないんですよね。的外れなコメントでは無いですよ。

私は、毎日夜遅く、疲れてお家に戻って来てから、晴山力様に投稿して頂ける事を、幸せに思っております。

例え、的外れだったとしても、その行為に感謝致します。

的外れでは、全くありませんからね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月10日 06:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。