2009年06月16日

【事実と現実】の違いとは?


今日は、あるメールマガジンからの引用です。


【事実と現実】


貴方は、この違い分かりますか?


事実とは、起こった事象や事柄のことで、変わりようのないことです。


一方、現実とは今、目の前に事実として現れている事柄や状態のことです。


現実は視点が変わってくれば、感じ方も変わって来ます。


つまり、事実と現実、似ているようで全く違うのです。


例えば、仕事の場面で、部下に「今日のお客様の反応は、どうだった?」と言う問いかけをした時に、「前向きに検討してもらっているようです」「そろそろ購入してもらえると思います」「良い印象を持って頂いているようですよ」と、それぞれの報告があったとします。これが現実です。


一方、ここでの事実は「メンバーがお客様の所へ足を運んだ」と言うことと「まだ売り上げに結びついていない」と言う2点です。


もし貴方がマネジメントする立場であれば、着目しなければならないのは、この事実のみです。好印象だったと言う現実に惑わされては、いけません。


何故なら、日々報告される「現実」と「事実」を混同して受け取っていては正確な判断を下すことは出来ないからです。


よく間違いやすいことですが、日々肝に銘じたいことです。



この記事へのコメント
牧野様。
昨日はお疲れさまでした。
楽しい仲間との会話は盛り上がりますね・・・

私も営業マンと一緒にお得意先を訪問した時には
どう感じた、何を感じたか・・・必ず営業マンに聞いていました。
そこから最適な判断をすることが成果につながってきます。
Posted by 進藤幸男 at 2009年06月16日 07:49
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

営業マンに、どう感じた、何を感じたかを聞いていくのは、‘現実’の聞き方ですね。

現実と事実を区分して聞き取り、整理して指示を出す事は、大切ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月16日 08:58
お世話になります。

事実と現実、違いを意識したことがありませんでした。

自分で自分をマネジメントする必要があるなら、両者のギャップを埋める意識を常に持っておく必要があるということですね。

現実・・・言われてみれば甘めに採点しているように思います。
「理想」という幻が絡むからなのでしょうね。

「事実」からとるべき行動を選択するべきなのですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年06月16日 10:27
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

『自分で自分をマネジメントする』・・・難しいですが、必要ですよね。

現実を甘めに採点してしまっているのは、皆同じかもしれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月16日 12:01
 講師で、「人事考課者訓練」のロールプレイをしていただく場面があります。
本日のテーマにもあるように、上司と部下の面談で、しっかり現実と事実の把握ができていないと、部下に対して、納得のいくアドバイスができません・・・・と、コメントを言っております。一所懸命頑張っているのに、成果に繋がらない、売り上げが今ひとつ・・・・のときにはよく観られる光景でもあります。
 「事実と現実」・・・しっかり見極めて、次のステップへ進めましょう!ありがとうございます。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年06月16日 14:09
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。「人事考課者訓練」のロールプレイをなさるのですね。

「事実と現実」・・・昨日の《営業コンビニ》も、しっかり反省し、次の7/2に向けていきます。

やはり、何でもそうですが、段取り八分ですね。事実を直視致しました。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月16日 14:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。