2009年06月26日

〔一流と二流の違い〕


『一流の男、二流の男』と言う本が、2006年11月20日に第1刷で発行され、発売になりました。


里中李生さんの著書で、一度読みました(中身の内容は忘れてしまいました・・情けない〜)が、改めて出してきて面白そうなので読む事にしました。


表紙をめくると、短刀直入に言葉が書いてありました。これがスーッと頭に入りました。御紹介致します。



《そこには、必ず「分岐点」がある!》

【一流の男】
▽仕事に対する「大義名分」を持っている
▽自分の「才能」を探し、磨く努力を怠らない
▽ストレスをエネルギーに変える
▽“まとまった金”を上手く使いこなせる
▽具体的かつ実現可能な夢を持っている
▽どこかに“謎”を持っている

【二流の男】
▼その時々の「損得勘定」で動く
▼「能力主義」に不平を漏らす
▼「身銭」を切れない
▼プレッシャーに埋もれる
▼すぐに言い訳する
▼忙しいと、人の話を聞けなくなる




※これらの言葉を、どこかに貼っておいても良い位ですね。
特に【一流の男】の6つの言葉は、頭に叩き込みます。
ちなみに、これは男女関係なく、〔一流の人・二流の人〕で考えたほうが、より解りやすいです。



この記事へのコメント
面白い判断基準ですね~
私的には、纏まったお金の部分以外は近いかな~
若い30歳に問い掛けると面白いでしょう!
Posted by 飯尾です! at 2009年06月26日 11:04
飯尾洋様

訪問、ありがとうございます。初めてのコメント、感謝・感激です。

さすが、飯尾洋様、一流ですね〜。“若い30歳に問い掛け”・・・これも、飯尾様らしい、懲り固まったフレームを持たない部分ですよね。

明日も、宜しくお願い致します。暇つぶしに、訪問下さい〜。暇には、させませんよ(笑)。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月26日 11:19
こんばんは。
勉強になりますね。
私はまだまだ1.5流くらいかな。
忙しくなると、まだまだ余裕が持てないので。
苦労は買ってでもせよ。
学校の先生していたおばあちゃんによく言われました。
ストレスをエネルギーに変えて、明日からも頑張って行きましょう!
Posted by だいのぱぱ at 2009年06月26日 18:17
だいのぱぱ様

訪問、ありがとうございます。今回も、覗いて頂き、感謝しております。

普通は忙しくなると、余裕が持てなくなりますよね。
『若い時の苦労は買ってでもせよ。』・・・よく言われますね。

学校の先生が肉親におられたら、しっかりとした躾学を受けられたのですね。

“ストレス”で思い出しましたが、3月27日(今年です)に“ストレスを克服する方法”と言うテーマで載せておりますので、もしまだご覧になられていませんでしたら、どうぞご覧下さいね。

コメント書いて頂いても、転送で携帯電話が知らせてくれますので、必ず返事は書かせて頂きます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月26日 18:37
お世話になります。

自分を客観的に見て、一流より二流に当てはまることのほうが多いです。

ただ、これからだと思っています。
これから、一つ一つ一流に当てはまるようにしていけばいいと。

これからです!

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年06月26日 21:21
「一流とは何か」といった本は若い頃よく読みました。

それだけ一流志向だったのですね。

今はそういう考え方は忘れていました。それだけ自分を磨くことを忘れていた

のですね。改めて一流志向の重要さを思い出しました。有難うございます。

「一流の男」を目指して参ります。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年06月27日 06:25
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

自分を客観視する事、大事ですよね。二流に当てはまるとのことですが、焦る必要は無いと思います。

『これから』と言う考え方、好きですよ。

このようなテーマを出した牧野は、じゃあ一流かと言うと・・・全く、思っていません。

なぜなら、四六時中、常に出来ていないからです。

「出身学校も、思考回路(頭脳)も三流」を自称しています。

発展途上人間は、素晴らしいですよ。これから、ゴールの余韻に浸れる楽しみがあるのですから。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月27日 06:39
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。一流についての本、よく読まれていたのですね。

一流についてのこだわり、さすがです。形の無い商品を販売する方々の商品は“目の前のその営業さん自身”が多分にありますから、自然と、そのような事考えていくのは、当然ですね。

自分を磨くことを思い出して頂いて、嬉しいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年06月27日 06:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。