2009年07月24日

「値下げせずとも客は増やせる」



本日は、日経新聞からです。


『人こと』と言う記事に、《値下げせずとも客は増やせる》のテーマで、モスフードサービスの桜田社長の事が載っていましたので、書かせて頂きます。



▽・・・「消費者の節約意識の高まりが外食に影響しているとは見ていない」。モスフードサービスの桜田厚社長は23日(6月)の記者会見で力説した。既存メニューを値下げする外食産業が相次いでいるが、「当社が値下げする事は無い」と強気だ。モスバーガーは同業他社に比べると高価格だが、既存店売上高が5月まで7ヶ月連続で前年実績を上回る。


▽・・・とはいえ、7月に同社としては24年ぶりに100円台の低価格ハンバーガーを投入する一方、子供向けのセットメニューも発売する。多様な顧客層の需要をつかみ取るのが狙いで、「今後は客数を増やし成長につなげたい」と意欲を見せていた。




※モスバーガーは、『注文を受けてから、調理する』等、昔から一貫して、同業他社とは違う‘独自路線’を貫いて来ました。ハンバーガー(ファーストフード)業界で、今後どのような位置付けを創っていくのか、観察していきたいと思います。



この記事へのコメント
お世話になります。

マクドナルド派?モスバーガー派?
学生時代、僕の周りでは、ハンバーガーといえば「モス」という意見が多かったです。
僕も「モス」派です。
新鮮でおいしい。高級感もあり、食べ応えがありますね。

モスバーガーにはますます独自路線を貫いてほしいですし、他社が安さだけではなくなってきている中、どんな戦略をとっていかれるのか、注目していきたいですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年07月24日 10:04
「値下げせずとも客は増やせる」という考え方は大切ですね。

品質をよくする、付加価値を高めることによっていかに顧客創造していくかが

重要ですね。私も「モス」派です。

有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年07月24日 10:30
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

マクドナルドVSモスバーガー・・・どちら派か、と言うのが、あるのですね。

あまり、考えた事ありませんでした。

モスバーガーは、家の近所に無かったから、あまりマクドとかモスとか考えなかったのかも、しれません。

ただ、モスバーガーショップは、マクドナルドより全国の店舗数は多いと、聞いた事は、あります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月24日 14:08
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。「値下げせずとも客は増やせる」という考え方、最高ですね。これが、新聞の表題になっていて、心を突き動かされました。

品質をよくする、付加価値を高める為には、不特定多数の消費者が相手なら、市場調査や、モニタリングが重要実施事項になりますが、それを、さらりと見事にやっておられる、と言う事になります。

今後も、モスバーガーが、楽しみですね。しかし、北島俊彦様が、バーガーを食べているイメージが沸かないのは、私だけでしょうか!

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月24日 14:38
毎度お世話になります。一ノ坪英二です。

マックとモスならマック派でした。

最近はハンバーガーを食べなくなったので…。
ピンときませんが、ファウストフードとしての
スピード重視でしたので。吉野家も大好きですね。

お客様の価値観は同じハンバーガーにもいろんな見方がある…?
速い遅い、サービス、安心、ブランド、こだわり…特化して、
だけどこの景気状況では価格のウエイトが大きい?あれ?

セールスやマーケティングの言葉を思いつかないので
まとまりません。牧野さん、
次にお会いした時におしえてください。
教えてください。お願いいたします。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年07月25日 20:24
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

沢山、コメントを下さり、感謝しております。これからも、遡ってコメント下されば、必ず御返事致します。

“ファ―ストフードとしてのスピード重視”は、選ぶ最重要ポイントの一つですよね。

“お客様の価値観は同じハンバーガーにもいろんな見方がある”その通りですね。

価格値下げに暴走しがちですが、この景気状況だからこそ、価格のウエイトが大きいだけでは駄目だと言う事を、モスバーガーは、教えてくれています。

27日に御会い出来ますね。営業談義に花を咲かせましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月26日 05:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。