2009年07月30日

脳内の『楽観回路』を働かせる



日経新聞の6/25の書籍の宣伝記事で「脳にいいことだけをやりなさい」(マーシー・シャイモフ著、茂木健一郎訳)の説明文(茂木健一郎氏の言葉)が載っていましたので、紹介致します。




●今の脳科学の立場から見ると、「幸せを感じるには、特別な豊かさなど必要ない」のです。客観的に見て恵まれているから幸せに近付くのではなく、「自分の脳がそれをどう評価するか」によって『幸せ度』は決まります。


「今あること、今起こっていることをどう評価するか」は、人生をも左右する、脳の構造の大きなポイントなのです。



●『幸せそう』『楽観的』という状態になって、やっと働く脳の回路があります。これは脳のエンジンのようなもの。それがうまく回っていないと、脳にある他の回路も動いてくれません。



●この本の『7つのこと』を脳に慣らしていけば、あなたの脳は喜び、やがて驚くような結果を生んでくれます。



●脳科学から見ると「人は変わることができる」ということこそ事実です。この事実を活かすことで、脳は感情や記憶の中心となる回路をつくり変え、身体全体にダイナミックな変化が起こるのです。





※“人は変わることができる”んですよね。そして、“幸せを感じるには、特別な豊かさなど必要ない”のですよね。自分が〔幸せ〕と思ったら、そうなるのですよね。私は今、幸せです。



この記事へのコメント
 脳科学の書籍で、「奇跡の脳」という実話本があります。作者の脳卒中からの正に奇跡の生還です。書籍の結論は「日々、生きてることへの感謝の気持ちと、ありがとうの表現です」・・・これを毎日念頭に生きる(脳に刺激を与える)ことで、脳は活性するのです。作者は脳卒中で左脳の機能を失いますが、右脳が左脳の働きも司るようになる・・・・「奇跡の脳」なのです。

 人間の「脳コンピューター」は素晴らしいですね。
 もっと感謝して生き、活かさないと、だめですね。ありがとうございます。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年07月30日 08:23
お世話になります。

私たちは人から見てどう思われているか、世間一般に照らし合わせたときにどうか、という尺度で自分が幸せなのかどうかを判断してしまいがちです。
その結果導き出される結論は、自分よりも悪い例を引き合いに出して「自分はまだ良いほうだ。我慢しなくちゃ」であることが多いように思います。

でもなんだか満たされない・・・
それは「幸せ」と感じていないからなのですね。

いま目の前に起こっていることを受け入れ、感謝し、穏やかな気持ちで一日を送ること。

気持ちに余裕が生まれ、体調も良くなります。

脳の働きと密接な関係があったのですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年07月30日 09:28
昨日はお世話になりました。

私はいつも「幸せ」と思い続けながら生活をしています。
五体満足なんて最高に幸せなことです。
そして好きな仕事、お役に立つ仕事をしていられることに感謝です。

そんな「幸せを感じる」ことがよいめぐり合わせとなります
やっぱり「ありがとう」の気持ちが大切ですね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2009年07月30日 09:36
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。

『奇跡の脳』の御話、以前もなさっておられましたよね。

数日前、『徹子の部屋』で、脳トレの川島教授が出演なさっておられまして、たいていの事が治癒出来るとの話をされていました。

人間は、可能性が無限大ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月30日 09:43
何があってもそれをどう受け止めるかが大切ですね。

「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」という名言があります。

環境がどうあれ、それをどう受け止め、適応していくかが人間としての生き方

ですし、その可能性を持っているのが人間です。

人間として生まれたことに感謝できるようになれば本物ですね。

有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年07月30日 11:12
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

‘人から見てどう思われているか、世間一般に照らし合わせたときにどうか、という尺度’では、駄目なんでしょうね。

皆様、一人一人がオンリーワンですからね。

気持ちに余裕を創る事は、大切ですよね。何があっても、ジタバタしない事ですかね。

脳の働きは、優秀なのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月30日 11:16
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。こちらこそ、昨日はお世話になり、ありがとうございました。

いつも「幸せ」と思い続けながら生活出来る事、最高です。

『好きな仕事=お役に立つ仕事』これまた最高です。

「ありがとう」の気持ち、絶対に失ってはいけませんね。「ありがとう」の詩を、数日前に、このブログで紹介致しましたが、“全てに感謝”の精神を持つと言う内容でした。

そのような方向に自分を持っていく事が、悩にも良い刺激を与えるのだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月30日 11:32
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。『どう受け止めるか』これによって全然変わって来ますね。

「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」いつ聞いても名言ですね。

人間が人間らしく生きていくには、人間だけに与えられた悩(能力)をフル稼働させ、全てに感謝の念を持つ事ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年07月30日 11:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。