2009年08月14日

《ゴリラのふり見て我が身知る》



今日は、夏休み前に、息子が持って帰ってきた『校長室だより その14』からです。



《ゴリラのふり見て我が身知る》


集団でケンカせず

弱者を見くびらず

目を見て対話でき

欲望を抑制できる



力の弱いものがけんかの仲裁をしたり、抗議する姿、人間も見習うべきではないかという、京都大学の山際寿一教授の言葉を新聞で読みました(2009年7月9日毎日新聞)。



今年は〔国際ゴリラ年〕だそうです。絶滅の危機にひんしているゴリラは、大きな体をしていても、めったに争わないと言います。人間は、毎年のように戦争や紛争を起こしている。どうしてこうも愚かなのか、ゴリラを知る事で解る事があるかもしれませんね。




※動物から見習える事、沢山ありますが、ゴリラを、こうした視点で観察した事は、ありませんでした。まだまだ、勉強不足です。



この記事へのコメント
お世話になります。

「集まれば争いを起こし

弱者をしりぞけ

対話ではなく駆け引き

影では欲望のままに」

だからこそ、いかにして生き残るか、知恵を絞り「万物の霊長」たる存在になりました。
人間が、進化の過程で「ゴリラ」にとどまらなかった理由がここにあると思います。

そして、罪深い生き物であるがゆえに、より良く高潔に生きることに価値があるのではないでしょうか。

今日、ゴリラの生態を教えていただき、改めて感じたことです。
有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年08月14日 07:33
おはようございます

「校長室だより」すごいですね。

ゴリラを題材にした、

集団生活の勉強を家庭で促していますね

立派な先生に思います。

いがいにも、私の子供の小学校でも同じようなものが

配布されていて、親が気付いないだけかも…

すぐ妻、子供に聞いてみたいとおもいます

本日もありがとうございます。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年08月14日 08:17
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

「」の中の言葉は、身に詰まされます。

生き残る為の、知恵を絞る事は、覚えましたが、その代償も小さくないような、気もしますね。

『より良く高潔に生きることに価値があり続ける事』しっかり考えないといけませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月14日 09:16
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

『ゴリラを題材にした、集団生活の勉強』を家庭で促しているのは、素晴らしいと思います。

たいていの小学校で同じようなプリントが保護者宛てに配られているようです。

ただ、内容に関しては、様々な気が致します。

一ノ坪様のお子様に見せてもらって下さいね。

素晴らしい内容が書いてあるかもしれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月14日 11:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。