2009年08月15日

【お墓が呼んでいる】



【お墓が呼んでいる】


ある時、度々思う

「あっ!今日、お墓に行こう」

いつも、驚く

行けば、必ずある状態を見つける

「汚れている」

鳥の糞か何かで・・・

きれいに掃除し、

手を合わせ

今日も、生きている事、感謝する

「ずっと見守ってて下さい」

「そして、又いつでも呼んで下さい」

直ぐに、かけつけますよ

守ってくれて、

ありがとう



この記事へのコメント
先祖は大切にしたいものです。
私の田舎は兵庫県の岡山よりの山の中にあります。
年に数回はお墓参りをしています。

京都・西本願寺の東山・大谷無量寿堂に分骨しています
その大谷無量寿堂へは毎月必ずお参りをしています。
昨日も早朝にお参りしてきました。

この空間は自己反省の場としては最高でご先祖に感謝です。
Posted by 進藤幸男 at 2009年08月15日 07:55
おはようございます。

深いことは考えませんが、私もご先祖様のお墓に行きます。

よくわかりませんが、間隔があくと落ち着きません。

いつもと同じ掃除をいたします。近いところにお墓がございます。

ありがたいことです。

昨日はテレビで子供と一緒にアニメの「火垂るの墓」を見ました。

泣いてしまいましたね。

(ちなみに、恥ずかしながら監督は宮崎駿さまとずっと思い込んでいました)
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年08月15日 08:06
お世話になります。

今朝のめざましテレビで最近のお墓参り事情を特集していました。

共用の墓石にICカードをかざすと各家の名前とお骨が入れ替わり、そこにお参りするという形態や、遠方にあるお墓の画像をインターネット経由で見ながら自宅でお参りするという形態など、様変わりしたな~という印象です。

出演者のなかでも賛否両論でしたが、何らかの行動を起こして先祖に手を合わせるということはいいことだと思います。

僕の先祖のお墓は遠方にあってなかなかお参りできませんが、また必ず行こうと思います。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年08月15日 08:34
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。本当に先祖は大切にしたいですね。

遠くにお墓があるのに、年に何回もお墓参りをなさるのですね。

私は、近くの神社に毎月一日に、お参りをしています。お墓は、本日のブログ内容の通り、不定期ではありますが、「アッ!行こう!」と思った時、行きます。そうしたら、必ず墓石が汚れているのです。「掃除しに来なさい」と、呼ばれていると、思っております。

ご先祖様に感謝する事、大切ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月15日 08:53
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

お墓参り、間隔があくと落ち着かないのですね。それは、私同様‘呼ばれている’のだと思います。

近い所にお墓があるが故、行ける事に感謝ですね。

涙を流す事は、たまには感性磨きには必要な事かも、しれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月15日 09:21
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

めざましテレビって、情報源になりますよね。

遠方にお墓があると、そのような形態のお参りも、あっても良いかな、と思います。

私も、先祖に手を合わせる事に、悪い方法は無いような気がします。

お墓参りの方法としての新事業で、お墓参り代行や、墓石にスイッチがあり、入れると、ご先祖様が、かつての笑顔で語りかける動画が見れるのもあります。小さなお子様やお孫様が「おじいちゃん、おばあちゃんに会える!」と言って、お墓参りを楽しむようにもなるそうです。

形態は時代と共に変化していきますが、良い心を変えないのなら、構わないですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月15日 09:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。