2009年08月16日

‘ノルマンディ’と姉妹橋



本州(広島)から四国(愛媛)を繋ぐ、いくつかの橋のうち、【多々羅大橋】について、書かせて頂きます。



多々羅大橋は、広島県の生口島と愛媛県の大三島を結ぶ、橋長1480m、中央支間長890mの世界最長の3径間連続複合箱桁斜張橋である。

平成4年11月から現地工事に着手し、平成11年5月1日から供用を開始した。

本橋はフランスセーヌ川河口に架る斜張橋である、ノルマンディ橋と姉妹橋として提携し、平成11年5月に提携した。

昭和50年12月の大三島橋起工以来約四半世紀後、本橋の完成により、【しまなみ海道】が全通した。今後、広島県、愛媛県を含む本州と四国の交流が更に活発になるとともに、周辺地域が発展し、繁栄する事を願う。(石碑一部要約)




※盆休みを利用して、旅行した所です。中国地方(広島県福山市)から四国地方(愛媛県今治市)を繋ぐ複数の橋(総称:西瀬戸自動車道)の中の、県境になる真ん中の橋を【多々羅大橋】と言います。そこに、たまたま建てた当時の石碑があり、その中の文章を一部お借りしました。フランス、セーヌ川のノルマンディ橋と姉妹橋とは、全く知りませんでした。天気は快晴で、橋からの瀬戸内をのぞむ景色は、絶景でした。



この記事へのコメント
おはようございます。
広島県、愛媛県まで行かれたのですか?

私は西瀬戸自動車道は行ってません。
(多々羅大橋もノルマンディ橋も渡った事がないです)
岡山から瀬戸中央道路を渡って香川県の丸亀に何度か
行った事がございます。瀬戸内海の景色がよかったです。
とにかく、うどんばかり、食べていた記憶がございます。

またお土産話をお聞かせください。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年08月16日 08:48
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

ちなみに、今は淡路島です。

多々羅大橋とノルマンディ橋が姉妹提携の橋で、日本にノルマンディと言う名の橋は、ありません。

瀬戸大橋を渡って、岡山から丸亀に渡った事があるのですね。

土産話シリーズは、明日も予定しております。お楽しみにしていて下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月16日 10:25
お世話になります。

お盆休みは中四国へ出かけられているのですね。
お天気に恵まれ何よりですね。

前職時代に愛媛の建築現場へ出向く機会があり、通ったような記憶があります。多々羅大橋だったと思います。

台風の真っ只中で、一寸先も見えないような状況でした。
車の中で仲間四人と絶叫しながら通りました。
それはそれでいい思い出ですが、やはり天気の良い日にいってみたいですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年08月16日 10:38
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

お天気に恵まれ、本当に何よりです。

愛媛の建築現場の多々羅大橋は、台風の真っ只中で、大変でしたね。

後々まで、仲間内で語り継がれる絶叫体験は、恐らく、いつまでも記憶に残る思い出ですね。

私も(悪い思い出は置いておいて)、記憶に強く残る思い出創りを、残りの人生で体験したり、演出したりしたいと思います。

毎月の勉強会の場が、最適と感じ、これからも頑張ります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月16日 12:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。