2009年08月26日

注目される“国道沿いビジネス”

ある日の情報番組からです。

★大きい土地がある国道には【大店法施行】より大きい店が沢山ある

ちょっと郊外は、ロード沿いを使う

1:《青山》は国道沿いビジネスの先駆者で国道沿い世界一

昭和49年から国道沿いに始めた

大きい看板は一番のポイント

幹線道路と生活道路の交差点に置く

そして渋滞しない所

大きい売り場を確保する為、沢山買い付けをし、単価が安くなる(仕入れ値)

土地代も安い

2:《幸楽苑》は、ラーメン店で初めて一部上場した

昭和29年創業し、ほとんどが国道沿い

駅前は、日曜に来ない事多い

国道沿いで近くに住宅地がある事が条件

半チャンラーメンは幸楽苑が初めて付けた名前で登録商標持ってる

地方でビジネスモデルを作っていく

3:《ニトリ》は1967年北海道で創業

布団や家具は直ぐ使いたい需要を考え、駐車場を広くした

売り場を大きくし、郊外を選ぶ

フロアの見通しをよくし、従業員を減らし、評判の安さを付けている

他社と一緒に出して、集客も狙う

4:《(株)アメージング》は一時間600円で21世紀の公園を創り、安心して子供達に遊んでもらう(新型遊園地)

撤退物件の建物をそのまま利用する

多少立地が悪くても遊びに行く事が目的なので、儲かる

☆これから国道沿いで儲かりそうなビジネスは、銀行

銀行は今、投資信託などをやっていて、しっかり説明受ける為に車で来る人が多いから

複合店の中に入るのもいい



※ここ数年、気がつけば何となく“幹線道路沿い”が、ビジネスの主役場所になってしまいましたね。『生活の足』として、自動車使用層が増えた事に目を付けた事が起因しています。本当に驚きです。しかし、予想しなかった景気悪化が、自動車を手放す人達を増やしているのも、ひとつの傾向です。大店法にも期限があります。次の主役となる場所は、いったいどこになるのでしょうか?注目していきましょう。



この記事へのコメント
お世話になります。

昨年秋ごろ、日曜朝の「がっちりマンデー」でも国道沿いにいろんなお店がある理由とはというタイトルでやってたのを見た記憶があります。

さすがアンテナを張っておられますね。

やはり、出店のポイントは生活道路と国道の交差点を狙うことで、国道同士の交差点では良くないというようなことだったと思います。

自動車離れはちょうどその報道以降でしょうか。

これからに注目ですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年08月26日 08:51
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

よく、ご存知でしたね。正式には、2007年10月14日放送分です。

確かに、景気減速により、自動車離れは、その後出て来ました。

国道同士の交差点では良くないと言う事でしたね。

過去の番組から取り上げる場合は、事前によく読んでその頃と現在の状況とのギャップが無いか、変化していないか、確認して出稿しております。

大店法が施行されて、商店街の活気がなくなったとも言われています。もうすぐ期限が来るので、今後の動向に注目です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月26日 09:06
毎度お世話になります。

うれしいですね。日曜7時30分からの「がっちりマンデー」からの話題ですね

その番組は私は積極的に拝見しております。

工場と違って客商売は立地条件の影響がおおきいそうですね。

国道沿いでも何度もお店が変わる土地ってありますね

昔は「何をやっても儲からん土地」なんて呼んでましたが、

最近はユニクロや家電量販店がその土地のジンクスを覆していくようです。

商品の力かブランドの力か…。勉強になることがいっぱいありそうです。

ありがとうございます。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年08月26日 20:00
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

そうなんです。日曜7時30分からの「がっちりマンデー」からの話題です。

一ノ坪英二様には、その番組の後のNHKのを教えて頂きましたよね。あれから、ほぼ毎回観ております。ありがとうございます。

客商売は立地条件の影響が大きいですが、キーポイントは“人の流れを掴む事”だと、思います。

国道沿いで何度もお店が変わる土地って言うのは、質(武器)×量(兵隊)の戦略を間違っているからですね(昨日のセミナーで習いましたね!)

しかしながら、家電量販店・衣料店・娯楽施設にしても、まずいと思ったら、さっさと撤退しますよね。あの潔さも、見習うべきですよね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年08月26日 21:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。