2009年09月11日

“躍進中”あの靴小売企業とは!


本日は、ある日の情報番組からです。“(株)ABCマートの儲かりの秘密”と言うテーマでした。



現在の社長は、元々は1号店(上野店)の店員

経常利益は177億円

23歳平均で全員正社員

店員が多い(バイトが少ない)

天敵は欠品

種類が多くサイズもバラバラだが、バーコード管理

それでも無い場合、近くの他店に走る複数展開

元々海外からの衣料品の買い付け会社だった

ホーキンスが売れると考えて、直接買い付けに行った

ホーキンスの専門販売を独占

当時の会長は、「俺は負ける喧嘩はしない」主義

流通は直接仕入れて価格差を無くした

上司との交換日記がある

売れるものを回していけば、従業員は何とかなる

ライバルは、新宿本店と池袋店

新宿本店の店長は、在庫が常に頭に入っている

全店売り上げランキングと、何が売れてるかがリアルタイムにわかる

社員番号をレジに打ち込んでから精算

連絡無しで、社長はいきなり応援販売に入る

売れ筋の把握もあるが、現場には重要な情報が詰まっている



※もう、今や“飛ぶ鳥を落とす勢い”のABCマートですよね。私の記憶が正しければ、知らないうちに、彗星の如く現れて、靴業界を席巻してしまった感があります。この会社も、これからの動きに、目が離せませんね。



この記事へのコメント
お世話になります。

昨日は有難うございました。

「現場には重要な情報が詰まっている」と連絡なしで応援販売に入る社長の姿勢がすばらしいですね。

上層部と現場の温度差が組織崩壊の主要因になることはよくある話ですが、トップが現場を大切に考えてくれていると肌で感じることで、現場の士気があがりますね。

私も注目していきたいと思います。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年09月11日 09:48
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

こちらこそ、昨日は勉強になりました。ありがとうございました。

会社の代表者の姿勢ひとつが、その会社自体を良くも悪くもさせてしまうのを、感じてしまいますね。

ちょっとした心遣いが、会社のトップである方が、出来るか否かに尽きますよね。

ABCマートの戦略を拝見していると、昔の戦国武将の勝ちパターンを行っている気が致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年09月11日 10:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。