2009年10月30日

楽天、ノムラ野球とは一体なに?



今日は、10/4の朝日新聞から、楽天イーグルス、野村克也監督についてです(要約と一部文章削除)。



【ノムラ野球「石の上にも3年、風雪5年」】


‘適材適所と備え 奏功’

野村監督が交代を告げる時、橋上ヘッドコーチが付き添う事が多い。74歳の老将が、選手の名前を言い間違えるのを防ぐためだ。

だが、攻撃面の勝負勘は鈍っていない。橋上ヘッドは「これでもか、矢継ぎ早に手を打つ。監督は戦力を余らせる事を嫌う」。勝負どころで代打、代走を次々に繰り出し、点をもぎ取る。

8月末の西武戦では打率リーグ首位の鉄平にさえ代打を送った。ノムラ野球のキーワードは「適材適所」と「備え」だ。就任4年目、選手もベンチの意図と自分の役割を理解するようになった。高須が言う。「このチームは全員が試合に出る。いつ出番が来てもいいように、早めに準備している」

編成も着実に手を打った。伸び悩んだ一場と交換した宮出が打率3割台。巨人で戦力外状態だった小坂は守備とバントで往年の輝きを取り戻した。大リーグから出戻りの福盛は7勝9セーブと活躍。

シーズン97敗の初年度を知る選手は20人を切り、5年間で4分の3が入れ替わった。「石の上にも3年、風雪5年」と野村監督。選手の総年俸はリーグ最低でも、強者を倒す術を身につけ、楽天は戦う集団に生まれ変わった。




※楽天イーグルス、今年は旋風を巻き起こして、シーズンを終えました。野村克也監督、もうユニフォーム姿は見れないのでしょうか。来年も名物采配を観たいと思っているのは、私だけでしょうか?!



この記事へのコメント
おはようございます。
私プロ野球はほとんど観ませんが
監督には関心がございます。
良いチーム、強いチームには素晴らしい監督やリーダーが存在します。
「戦う集団に生まれ変わ…」なんてとっても
とてもわくわくいたします。
このブログをみたら、「名物采配」みたいですよね。

今日は東京出張です。本日の日本営業道連盟「公開セミナー」に
参加できなくてとても、とても、残念です。
私はセミナーに参加するのは多い方だと思います。
前回の「ランチェスター戦略」も2回とも出席しましたが、
私のランキングに入る「お得感」がございました。
また次回はなんとしても参加したいです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年10月30日 04:41
おはようございます。

個人的にヤクルト時代の野村監督はあまり良いイメージがありませんでした。
どこかはすに構えておられるような印象があって・・・

楽天の監督になられてからは好きでした。
スポーツニュースはあまり見ませんが、「野村監督のぼやき」は楽しみにしていました。

緻密な計算に基づく名采配とおちゃめな人間くささ、このギャップが良かったです。

もう監督姿を見られないのは本当に残念ですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年10月30日 07:26
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。早起きですね。素晴らしいです。

プロ野球を観戦する醍醐味の一つが‘監督の采配’ですね。

勝てばかん軍ではないですが、勝利して初めて監督の名采配がクローズアップされますね。昨日、ドラフトで交渉権を獲得した、西武の渡辺久信監督は、優勝した時、脚光を浴びたのを、思い出します。

今日の東京出張、お気をつけて行って来て下さいね。確かに、日本営業道連盟「公開セミナー」は、“お得感”と言うか、勉強になる量的・質的なものが、てんこ盛りですね。

公開セミナーの11月は、進藤様、12月は21日(月)で、私なんです。宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月30日 07:47
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

阪神時代や、ヤクルト時代の野村監督と、楽天の監督のイメージは、私にも違って見えました。

「野村監督のぼやき」は、スポーツニュースの一つのコーナーになっていましたね。

監督姿を見られないのは、私も本当に残念です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月30日 08:04
いつもありがとうございます。

監督の引退はさみしいですが、いろんな試合の解説が聞けるも楽しみです。

南海時代のブレイザーの「シンキングベースボール」から始まって沢山の本

で勉強させて頂きました。

「ぼやき」は聞けないけれど野球を通した勉強はさせてもらいます。



昨日、お連絡いただきました引越センターの件、確認しておきます。

ありがとうございました。
Posted by 森本一央 at 2009年10月30日 12:29
森本一央様

訪問、ありがとうございます。こちらこそ、いつもありがとうございます。

今後、野村克也氏の、いろんな試合の解説が聞けるのが、楽しみとしてありますね。

南海時代のブレイザー監督、幼い頃の、うっすらと覚えている記憶です。

森本一央様の野球に賭ける気持ち、頂きました。

私も、野球を通した勉強を、甲子園球場に行く事で、させてもらいます〜。来年は行きたい〜。

引越センターの件、確認宜しくお願い申し上げます。お役立ち出来るよう、頑張ります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月30日 13:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。