2009年11月11日

中国開拓にかけるタイヤメーカー



本日は、9/18の日経新聞【人こと】で、住友ゴム工業の三野社長の記事がありましたので、紹介致します。




▽…「ピンチをチャンスに中国市場を開拓したい」と住友ゴム工業の三野哲治社長は(9月)17日、意気込みを語った。米政府が中国製タイヤへの特別セーフガード(緊急輸入制限)発動を決定。同社は中国・江蘇省の工場で北米向けタイヤを一部生産しており、「短期的には中国工場の稼働は落ちる」と影響は避けられない見通しだ。


▽…しかし、新車販売が好調な中国ではタイヤ需要が急拡大しており、「中国で営業を強化すれば来年には稼働を元に戻せる」。今後は日系自動車メーカーだけでなく、欧州勢からも受注を目指す。市場の成長を見ながら「低燃費タイヤなどの高付加価値品にも力を入れていく」としていた。





※やはり、自動車産業及び関連産業は、向ける先には、中国大陸が広がっているのですね。



この記事へのコメント
お世話になります。

バラクオバマ米国大統領のアジア歴訪の日程を見ても、本日の記事を拝見しても、思うのは「名実ともにアジアの盟主は中国である」ということです。

政権交代により「東アジア共同体」という構想を耳にする機会が増えましたが、日本の立ち位置を読み違えると、本当に取り残されてしまう気がしてなりません。

今後ますます注視していく必要がありますね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年11月11日 10:14
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

「名実ともにアジアの盟主は中国である」なんですね。確かに、数の原理からしても、これからの発展の伸びしろにしても、中国が世界を牽引していく感は、ありますね。

私は難しい事は解りませんが、日本の立ち位置を読み違う事は、死活問題に直結しますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月11日 13:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。