2009年11月15日

「ぼけたらあかん」



【ぼけたらあかん長生きしなはれ】


年とったら、でしゃばらず、憎まれ口に、泣き言に、人の陰口、愚痴言わず、他人のことは、誉めなさい。

聞かれりゃ教えてあげてでも、知ってることでも知らんふり、いつもアホでいることです、やさしく見守り励ましなさい。

勝ったらだめです、負けなさい。いずれお世話になる身なら、若いものには、花もたせ、一歩下がって、譲るのが、円満にいく、コツですよ。いつも感謝を忘れずに、どんな時でも、はい、ありがとう。

お金の欲は捨てなさい、いくらお金を持ってても、死んだら持っていけません。あの人はいい人だった、と言われるように、生きてるうちにバラまいて、山ほど、徳を積むことです。

それでも、それは表向き、ほんとはお金を離さずに死ぬまでしっかり持ってなさい。人にケチだと言われても、お金があるから大事にし、みんなちやほやしてくれる。内緒ですけど、本当ですよ。

昔のことは、みな忘れ、自慢話は、しなさんな。わしらの時代は、もう過ぎた。いくら頑張り、力んでも、身体が言うことをききません。あんたは偉い、わしゃあかん、そんな気持ちで老いなさい。

我が子に孫に、世間様、どなたからでも慕われる、いい年寄りになりなさい。ボケたらだめです、そのために、頭の洗濯、生きがいに、何か一つの趣味持って、せいぜい、長生きしなさいよ。


天牛新一郎




※パソコンのインターネットで調べものをしていたら、出て来ました。本音も入った、染みる内容ですよね。



この記事へのコメント
お世話になります。

本音があるから建て前が活きる。

そんなことをしみじみ感じました。

こんなおじいちゃんになれるよう、誇れる今を生きたいですね。

有り難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年11月15日 00:38
おはようございます。

この話、当社の近くのうどん屋さんのトイレの壁に貼ってあります。

つい読みいっていしまう内容で、お客様と食事をするたびに

この話になります。

読みあげても面白い話ですね。

ご興味がございましたら、お昼時に当社までお越しくださいご案内いたします。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年11月15日 06:30
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

『本音があるから建て前が活きる』全くその通りですよね。

私も常に、素晴らしい歳の取り方に、こだわる気持ちが強くなりました。『誇れる今を生きているか』自問自答していきたいと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月15日 06:47
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。

そうですか!近所のうどん屋さんのトイレの壁に、貼ってありますか。トイレと言う空間を、ただ用をたすだけでない、素晴らしい場所に、変えているのですよね。

福沢諭吉さんの七訓を、以前御紹介しましたが、こちらも、とある上場企業のトイレの壁に貼ってありました。ついつい、読みいってしまいますよね。

暫く御社にお邪魔していませんね。今度、遊びに行きますので、うどん屋さん連れて行って下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月15日 06:58
牧野さん、いつもお世話になっております。

相手を誉める人、相手に勝たしてあげれる人って、相手の立場を作るから、後に人望となるって聞いた事があります。

患者様にニッコリと『はい、ありがとう』って言われたら、もっと何かしたくなるし、より良くしてあげようって自然に考えています。
だから、私もこの方のような可愛いおばあちゃんになるぞって、よく思います(笑)

ありがとうございます(^人^)
Posted by 淺田百合 at 2009年11月15日 17:59
淺田百合様

訪問、ありがとうございます。

相手に勝たせてあげられる自分を持っている人は、素敵ですね。

笑顔で言葉をかける、言葉に笑顔を添える、大切な事ですね。

素晴らしい歳の取り方、ずっと考えてまいりましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月16日 05:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。