2009年11月23日

“キムタクの母”が子育て支援



今日は、10/6の朝日新聞『ひと』より、《「ことのは語り」は母親の子育てを応援する》と言う記事を紹介致します。




「いただきます、言ってますか。命生きながらえさせていただきますという気持ちで」

自治体やPTAから声がかかり、月の半分は食や子育てがテーマの講演をして歩く。鈴の音のようにりんりん歯切れのいい声音だ。名刺の肩書は「ことのは語り」。

東京生まれ。保証人になって土地と家をなくした父は、会社員をやめ、牛乳店を営んだ。20歳で結婚し、ふたりの息子に恵まれた。長男は人気タレントの拓哉さん、次男の俊作さんはクラブチームのアメフット選手として活躍した。

一方、自らは「いいお母さんと言われたくて理想の枠を作り、自分をとじこめた。私はダメねと自己否定ばかり」。睡眠薬や安定剤が手放せなくなった。「良妻賢母やーめた。息子たちは息子たち」。52歳でトンネルを抜けるまで、16年かかった。

家庭では台所が親子の会話の場だった。息子たちは3歳で包丁を持たせ、リンゴの切り方遊びをした。「赤ちゃんのときのにおい、ほっぺの柔らかさ。母親には宝物がある」。子育ては、楽しいよ、といまは言えるようになった。

12年前、脱サラした夫とイタリア料理店を開いた。医食同源の考えをもとに食材を選び抜く。川崎市内にある店は20日で閉じる。今後、講演や詩の朗読でもっとお母さんたちを勇気づけたい。「寝る前、鏡に向かって、きょうもがんばったねって自分をほめてあげて」




※もう言うまでもないですよね。この方、SMAPの木村拓哉さんのお母さんで、木村方子(まさこ)さんで、現在59歳です。トップアイドルの母親も、苦悩と言う名のトンネルは、長かったのですね。どなたにも、良い時期と、そうでない時期が平等にあるのですね。



この記事へのコメント
おはようございます?昨夜は冷たい雨でした。

本当に毎朝毎朝すこしづつ冷えこんで、「秋から冬」を感じております。

一番に書き込みできるのも、嬉しくうれしく思います。

テレビ情報に苦手の私も「キムタク」はよう知っております。

しかしながら、木村拓哉さんのお母さんの話は私にとってはとても新鮮です。

なぜなら、あの木村拓哉さんには、いい家庭とか、

すべて揃っていると思っていたからです。

思い込んでいた自分を反省しています。

もっと関心をもって、物事のみかた、感じ方を磨きたく思いました。

本日もいい情報をいただきまして、ありがとうございます。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年11月23日 01:26
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

昨日は、確かに冷たい雨でしたね。季節を感じる事が出来る日本って、素晴らしいです。

早々の書き込み、ありがとうございます。

「木村拓哉さんには、いい家庭とか、すべて揃っている」・・・これは、うがった見方ですよね。

しかし、思い込んでしまったり、するのですよね。隣の芝生的感覚です。

私も、このブログをはじめ、皆様のブログ書き込みで、もっともっと、物事の見方、感じ方を磨きます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月23日 01:37
お世話になります。

「いただきます、言ってますか。命生きながらえさせていただきますという気持ちで」という言葉、心に響きました。

「いいお母さんと言われたくて理想の枠を作り、自分をとじこめた。私はダメねと自己否定ばかり」という時期を乗り越えてこられた方の言葉だからだと思います。

16年ですか・・・
つらい思いもなさったのでしょうね。
その重みが言葉に乗り移っているのでしょうね。

私もいつか・・・
長い道のりです。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年11月23日 09:46
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

心に響きますよね。実は、これ、私の母からもらった新聞記事なんです。たまに、良いのを置いていてくれるんです。

自己否定してしまった時期を乗り越えるのに、16年ですからね・・・苦労なさったと思います。

いつかなんて、おっしゃらないで下さいね。道は、すぐそこにありますよ。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月23日 11:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。