2009年11月29日

【金閣寺】の本当の名前とは?




先日、家族で紅葉を鑑賞に行きました。行き先は、京都・金閣寺。紅葉が美しい事で有名ですね。

少し前に掲載した、奈良・法隆寺同様、世界文化遺産です。金閣寺を含めた庭園自体が、美しい紅葉のアートでした。

建物の本堂を観れる所に入る時、チケットを買って入りましたが、その時、頂いた案内のパンフレットに書かれていた内容を、御紹介致します(一部抽出の形)。



◆金閣・鹿苑寺

お釈迦様のお骨をまつった舎利殿「金閣」が特に有名なため、金閣寺とよばれていますが、正しくは「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。(1994年、世界文化遺産に登録されました。)

この地は、鎌倉時代に西園寺公経の別荘北山第が在りましたが、足利3代将軍義満が大変気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造りました。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、又、中国(明国)との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した所で、この時代の文化を特に北山文化と言います。

義満の死後、遺言通り夢窓国師を開山(初代の住職)とし義満の法号鹿苑院殿から二字をとり、鹿苑寺と名づけられました。



◆舎利殿(金閣)

2層と3層は、漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねた、こけら葺(こけらぶき)で、上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いています。1層は寝殿造で法水院、2層は武家造で潮音洞とよばれています。3層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物と言えます。

昭和62年(1987年)秋、漆の塗替や金箔の張替、更に天井画と義満像の復元を行いました。又、平成15年(2003年)春、屋根の葺替を行いました。




※昔、学生の頃行った金閣寺とは、少し趣きが違いました。その時に、「本当は鹿苑寺」と聞いていた筈ですが、すっかり忘れていました。



この記事へのコメント
お世話になります。

金閣寺の正式名称が「鹿苑寺」だということは、高校生時代に読んだ水上勉さんの小説『五番町夕霧楼』・『金閣炎上』で知りました。

小説から、非常に鬱屈した禅宗の世界のイメージが脳裏に定着しており、現在のきらびやかな外観との対比から余計に良いイメージがなかったのですが、紅葉に彩られた金色の佇まいはさぞかし美しかったことでしょう。

成人してから行ったことがないので、来年はぜひ行ってみたいと思います。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年11月29日 11:22
金閣寺は、小学校の修学旅行で見学して以来、足を運んだことがありません。牧野家からは魅力的な名所にすぐアクセスできるから恵まれています。大人になり、父のいとこが金閣寺建立に参画した建具職人であるらしく、歴史に名を残す職人であるかを、この目で確かめて見たいと思いつつ実行に至れません。笑 正式名称を知り、ひとつ賢くなりました。ありがとうございます。
Posted by 榊原智 at 2009年11月29日 14:46
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

「鹿苑寺」は、ご存知だったのですね。

紅葉と金色のコントラストは、素晴らしかったです。

成人してから行ったことがないですか。来年は行って下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月29日 22:56
榊原智様

訪問、ありがとうございます。血縁関係が、金閣寺建立に参画した建具職人さんだったんですね。

それは、素晴らしい事です。是非、なんとか逢える事を、実現して下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年11月29日 23:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。