2009年12月17日

ある社会活動家の『感謝の心』



今年、楽天イーグルスの監督を勇退された、野村克也さんの著書の冒頭に書かれていた“ある社会活動家”の文章です。




「おかげさまで」

夏が来ると冬がいいという、冬になると夏がいいという

太ると痩せたいという、痩せると太りたいという

忙しいと閑になりたいという、閑になると忙しいほうがいいという

自分に都合のいい人は善い人だと誉め、自分に都合が悪くなると悪い人だとけなす

借りた傘も雨があがれば邪魔になる

金をもてば古びた女房が邪魔になる、世帯をもてば親さえも邪魔になる

衣食住は昔に比べりゃ天国だが、

上を見て不平不満に明け暮れ、隣を見ては愚痴ばかり

どうして自分を見つめないか、静かに考えてみるがいい

いったい自分とは何なのか

親のおかげ、先生のおかげ、世間様のおかげの塊が自分ではないのか

つまらぬ自我妄執を捨てて、得手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう

おれがおれがを捨てて、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい





※自分の周りで支えてくれている人に、『おかげさまで』の“感謝の心”伝えていますか?



この記事へのコメント
お世話になります。

不平不満と愚痴ばかりの人や集まりが苦手で、出来れば関わりたくないのですが、それとてつまらぬ自我我執かもしれませんね。

綾小路きみまろさんもネタで、 「俺が俺がの我を捨てて おかげおかげの下で暮らす」といっておられました。
きみまろさんの人生と重ね合わせて聞いたときに深い感銘を覚えました

「おかげ」の気持ちが行動に移ればお互いハッピー、周りもハッピー、世の中もっとよくなりますよね?!

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年12月17日 01:08
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

『不平不満と愚痴ばかりの人や集まりが苦手で、出来れば関わりたくない』と言う感覚や感情そのものが出てくる事が、つまらないと思いましょう。

綾小路きみまろさんのネタで、そのような素晴らしいのが、あったのですね。

お互いハッピー、周りもハッピー、世の中もハッピーの三方良しで、いきたいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月17日 07:20
まったくその通りです。

わかっていても心に多くの塵がつくことにより人間の弱さ、愚かさが出てしまうものですね。

自分を客観視することはなかなか出来ないことですが、自分を深く見つめる時間をとりたいものです。

自分を深く見つめることにより、俺が俺がの吾我ではなく真我に気づくのではないでしょうか。

大切なテーマを頂き感謝です。有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年12月17日 11:11
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。いつも、ありがとうございます。

“わかっていても”なんですよね。人間の弱さ、愚かさを、露呈してしまいます。

この年末年始で、自分を深く見つめる時間をとりましょう。

明日、御会い出来るのを、楽しみにしております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月17日 11:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。