2009年12月23日

『幸運を呼ぶ名前』


今日は、久しぶりに、何度か紹介しました、科学では説明出来ない、ある本からの実話です。




『幸運を呼ぶ名前』



自分の子供が生まれた時に、いったいどんな名前をつけたらいいのか悩む、というのは多くの親たちに共通することだろう。

もしも幸運を呼ぶ名前や、危険から身を守る名前という、まことに都合のいい名前があれば、どんなにいいだろうか。そうなれば親たちは、誰しもそうした名前を子供につけて、我が子の無事を祈ることだろう。

1660年12月5日、ドーバー海峡で汽船の沈没事故が起きた。真冬のドーバー海峡は、大変厳しい寒さで、しかも波は大荒れだった。汽船はこのような状況で海の中に沈んだので、誰もがその船の乗客の生存を絶望視していた。

しかし、こうした真冬の荒れ狂う海の中から、たったひとりだけ奇跡的に生き延びた人物がいた。その幸運な人物の名前は「ヒュー・ウィリアムズ」。悲惨な沈没事故から、たったひとりだけ生き残ったということで、彼の名前は有名になった。

それから月日は流れ、1781年12月5日、くしくも先の沈没事故とまったく同じ日に、またしてもドーバー海峡で船の沈没事故が起きた。

やはり今度も、真冬の寒く荒れた海へ沈没したので、生存者はいないだろうと思われていた。しかし、今度の沈没事故でも、たったひとりだけ生き残った幸運な人物がいた。そしてその人物は驚くべきことに、またしても「ヒュー・ウィリアムズ」だったのだ。

つまり、このふたつの沈没事件は、両方とも同じ12月5日に起こり、その生存者は共にたったひとりだけで、しかもどちらも同じ「ヒュー・ウィリアムズ」という名前の人物だったのだ。これはじつに不思議な偶然ではないか。

しかし、「ヒュー・ウィリアムズ」という名前による不思議な偶然は、その後もまだ起きていた。



1940年7月10日、イギリスのトロール船が、ドイツの機雷の攻撃によって沈没するという事故が起きた。しかし、こうした悲惨な沈没事故にもかかわらず、幸運にもふたりの生存者がいた。

救助隊に救出されたそのふたりは、名前をたずねられた。

「あなたの名前はなんといいますか?」すると、1人目が答えた。

「ヒュー・ウィリアムズといいます」救助隊は、続いて2人目にも名前をたずねた。

「では、そちらの方のお名前は?」「じつは、私の名前もヒュー・ウィリアムズなのです」

救助隊は、この2人目の名前を聞いて驚いた。

「まさか、そんなバカな?偶然に助かったふたりが同じ名前だなんて!」

救助隊はこの事実に驚いて、思わず声をあげてしまった。それもそうだろう。たった2名だけ助かった人物の名は、両者とも「ヒュー・ウィリアムズ」だったのだから。

これは、単なる偶然の出来事なのだろうか。それとも、名前の持つ不思議な効果によるものだろうか?

これだけ偶然が重なって、「ヒュー・ウィリアムズ」という特定の名前の人物だけが助かっている事実を見れば、どうも人の名前には、生命にかかわる不思議な力がありそうな気がするのだが・・・。




※如何でしょうか?単なる偶然でしょうか?それだけではない感じが、するのですよね。



この記事へのコメント
お世話になります。

すごいですね!

日本人の名前にもこんなのがあるのでしょうか?

あったら知りたいですよね。

画数による姓名判断なんかも意外と当たっていたりするので、名前に不思議な力があるのは頷けます。
でも、これほど奇跡的な事例ははじめて聞きました。

有難うございます。
Posted by 徳永 光之 at 2009年12月23日 22:12
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

日本人でも、あればいいですよね。

名前には、不思議な力があると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月23日 22:37
おはようございます。

先日はセミナーも道場も参加できず、失礼致しました。

ヒュー・ウィリアムズ氏の話、興味深く拝読しました。

といいますのも、ドーバー海峡の事故が起こった日付でもある、先日の12月5日に次男が誕生しまして、名付けのことをいろいろ考えていたのです。

僕はあまり画数や姓名判断は気にせずに決めましたが、こういう縁起のいい名前というのも良いですね。
Posted by 別所慎一 at 2009年12月24日 08:30
別所慎一様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。お子様のお誕生、おめでとうございます。

コメント頂き、嬉しいです。ヒュー・ウィリアムズ氏の話、興味深く読んで頂き、ありがとうございます。

ドーバー海峡の事故の日と、12月5日が同じだったのですね。名付けのことを、ちょうど色々考えていたのですね。

別所慎一様は、あまり画数や姓名判断は気にせずに決めたのですね。

私も、あまり気にせず名付けしました。気にしない位が、ちょうど良いかもしれないですよ。

本日も、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月24日 08:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。