2009年12月24日

「命の授業」



ある方のメルマガからです。良い御話でしたので、許可を頂いて、掲載致します。




「命の授業」
宝地図で有名な望月俊孝さんのメルマガから素晴らしい言葉を教えていただきました。

先に読んでみて下さい。


『口は 人を励ます言葉や 感謝の言葉を伝えるために 使おう』

『耳は 人の言葉を 最後まで聴いてあげるために 使おう』

『目は 人の良いところを 見るために 使おう』

『手足は 人を助けるために 使おう』

『心は 人の痛みが わかるために 使おう』

『私を 助けてくれた人たちが してくれたことを 今度は 私がしよう』


(『命の授業』腰塚勇人さんの言葉)

いかがですか。

腰塚さんは、今から、8年近く前、スキーで首から下がすべて麻痺してしまいそうな事故に遭いました。

普通だともう絶望してしまうところだと思いますが、ご自身の気力、努力により奇跡的に短期間で回復され、
学校(当時、中学校の先生でした。現在は養護学校の先生です)に戻ることが決まった時に決意した言葉です。

とても、当たり前のことかもしれませんが、日々多忙な中、見失いがちなものではないでしょうか。

心に響く言葉なので、是非紹介させていただきたいと思いました。





※如何でしたか?私は、心に響きました。



この記事へのコメント
ハードスケジュールの出張でした。

姫路から新快速で三日ぶりの帰宅途中です。

感動しました!

笑われないよう頑張らなければ!

ありがとうございました。
Posted by 森本 at 2009年12月25日 19:34
森本様

訪問、ありがとうございます。ハードスケジュールな御出張、お疲れ様でした。

感動して頂き、ありがとうございました。

このメルマガは、森本様が御存知の方から頂いたのを、掲載させて頂きました。

謙虚な気持ちを持ち続けて、生きていきます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月25日 20:47
お世話になります。

五体満足であることに甘えている自分がいることを気付かされます。

先日の事故で奇跡的に無事だったことを忘れちゃいけない、生かされているんだと改めて思いました。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年12月26日 11:22
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。お待ちしておりました。

そうですね。五体満足であることに、甘えています、私も。

生まれてきた事自体、ものすごい奇跡的な事です。あの事故が無事だったことを、生かされていると思いましょうね。私も生きている事に感謝致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年12月26日 11:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。